海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランクフルト特派員ブログ > ドイツにもある「象印」

ドイツ/フランクフルト特派員ブログ 旧特派員 柴山 香

ドイツ・フランクフルト特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年8月 2日

ドイツにもある「象印」


メール プリント もっと見る

ドイツにもある「象印」

7cf1_1.jpg

日本でおなじみの「象印」、実はドイツにもあるのです。ただし、魔法ビン(←もう使いませんか、この表現?)ではなくて「子供靴」のブランドの名称。ドイツ各地のどの子供靴売り場をのぞいても、目にしないことはないというくらい、浸透度が高い「象印」の子供靴。その、真っ赤な象のトレードマークの「エレファンテン(象)・ブランド」が誕生してから、今年でちょうど80年目を迎えました。

エレファンテン・ブランドの生みの親であるG. Hoffmannが、若干24才にして、家族経営の小さな子供靴の製作所を創業したのは、1896年のこと。そのわずか数年後、「左右の形が異なる子供靴」を研究開発し、量産品として世に送り出したことは、当時センセーショナルさえ巻き起こしました。今日では、左右の靴の形が違うのはごく当たり前のことですが、当時は靴の形状が左右とも同一だったため、「個々の足の形にあった靴」というのは存在せず、「自分の足を、靴の形状に適応」させざるを得なかったという、足泣かせの時代でした。

1928年、正式に「エレファンテン・ブランド」が立ち上げられてからも、ブランドは着実に成長。経営者がバトンタッチした1900年代後半に入いって発表されたのが、有名な「WMSシステム」です。それまでは均一だった靴の"幅"に、「W(幅広)、M(普通)S(細身)」というバリエーションを取り入れることで、既成の靴でありながら、個々人の足幅にできるだけ適応させようという、これまたたいへんユニークな試みでした。このWMSシステムは、今では広く一般に普及し、消費者にとって、靴選びに欠かせない目安となっているのはご周知の通りです。

小さな子供たちの足元の健康を念頭に、パイオニア精神あふれる新商品を発表し続けるエレファンテン・ブランド。エレファンテンの靴は、ヨーロッパ最大のブランド靴小売りチェーン「Deichmann」 のほか、全国各地の百貨店、専門店などでも広く取り扱っています。

画像:
赤い象がトレードマーク、エレファンテンの靴。子連れドイツ旅行のおみやげにいかが?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2008年8月 2日
« 前の記事「1日1組限定!新婚さん、いらっしゃ〜い♪のホテル」へ
»次の記事「アウクスブルクの人形箱」 へ
おすすめ記事
    フランクフルト特派員 新着記事
    フランクフルト、ノルドエンドのおすすめカフェ。
    フランクフルト 第二次世界大戦時の爆弾発見
    フランクフルト、深夜まで営業のスーパー
    アウトレットで賢くお買い物「ヴェルトハイムヴィレッジ」
    フランクフルト10月の気温、服装
    乗り換え時間でサクっと観光「マインツ」の魅力
    ドイツお土産ランキング②(ドラッグストア編)
    ドイツお土産ランキング(ドラッグストア編)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    絶景カフェ
    今週末は、ラブパレード!
    バーガーキングでドイツ語習っちゃおっ!
    「金髪ドイツ人になってみたかった」願いがかなう!?
    ライン川観光船レストランのメニューはコレ!

    ドイツ ツアー最安値


    2017/12/16更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • フランクフルト特派員

      フランクフルト特派員
      柴山 香
      1986年に初めて訪れたドイツに、1995年より定住中。独日通訳・日本語教師・物書き・妻母業を兼任しながら、ドイツ(人)に感激したり激怒したり、感情の揺れ幅無限大の日々。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集