海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランクフルト特派員ブログ > 豚インフルエンザ 〜 ドイツでは?

ドイツ/フランクフルト特派員ブログ 旧特派員 柴山 香

ドイツ・フランクフルト特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年5月 8日

豚インフルエンザ 〜 ドイツでは?


メール プリント もっと見る

豚インフルエンザ 〜 ドイツでは?

DSCN6606.jpg

ドイツ国内では、5月7日までに10件の感染例が報告された上、陸続きの近隣国である
スイス、オランダ、オーストリア、デンマークなどでも感染患者が確認されたことを受け、
「豚インフルエンザ」関連ニュースは連日大々的に報道されています。


インフルエンザ感染を防ぐには、
「ひんぱんに手を洗い、その後は、完全に手を乾かしましょう」
「咳やくしゃみをする際は、手のひらではなく、腕で口をふさぎましょう」
(手のひらは感染源となりやすいので)
など、日本でもよく耳にするような注意事項が並びますが、
その中でもドイツらしいのが、

「鼻をかんだ ちり紙は、捨てましょう」という項目。


「え?捨てないの?」
とお思いの読者も多いかと思いますが、さすがは環境保護先進国のドイツ(?)。
ズズズーッと鼻をかんだちり紙さえ、そう簡単にはポイ捨てしません。
そもそもドイツのちり紙は、日本のティッシュペーパーの何倍も厚く、紙ナプキンの
ように丈夫で大判なので、同じちり紙で何度か鼻をかむことが可能なのです。
つまり、ちり紙で鼻をかみ、それを畳んでポケットにしまい、次に鼻をかむ時にまた使う。
こうして何度か使った後、いよいよこれ以上は無理だ!となったら、そのちり紙は
ついにゴミ箱行き、という使い方です。
(話が横道にそれますが、ちり紙ではなくて、ハンカチを使って鼻をかむドイツ人も
います。ドイツ人に高価なハンカチをプレゼントしたところ、後日、そのドイツ人が
そのハンカチでピーッと鼻をかむのを目撃してショックを受けたという話もある
くらいですから.....)


そんなわけで、ドイツでは、「普段は何度も使うちり紙を、思い切って使い捨てに
すること」も、インフルエンザ感染防止策のひとつとして挙げられているのです。


なお、ドイツ在住の日本人向けには、在ドイツ日本国大使館 も、豚インフルエンザ関連情報を
発信していますので、ドイツ国内の感染現況をおおまかに把握することができます。


本日の画像
豚インフルエンザの豚も、ドイツでは幸せのシンボル!
マジパン製の「幸せを運ぶ豚」は、贈答品としても人気です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 美容・健康・病院
2009年5月 8日
« 前の記事「桜舞うドイツで入学式 〜 カールスルーエ日本語学校」へ
»次の記事「LALI PUNA」 へ
おすすめ記事
    フランクフルト特派員 新着記事
    フランクフルト、ノルドエンドのおすすめカフェ。
    フランクフルト 第二次世界大戦時の爆弾発見
    フランクフルト、深夜まで営業のスーパー
    アウトレットで賢くお買い物「ヴェルトハイムヴィレッジ」
    フランクフルト10月の気温、服装
    乗り換え時間でサクっと観光「マインツ」の魅力
    ドイツお土産ランキング②(ドラッグストア編)
    ドイツお土産ランキング(ドラッグストア編)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    宝石を使ったぜいたく石けん
    ベルリン・フィルハーモニー火災発生のニュース
    バーデン・バーデンに花咲く、アジアンビューティー
    世界最古とドイツ最古を味わう 〜 レーゲンスブルクにて
    立ち読み厳禁!すわって読んでネ、ここはドイツだから

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • フランクフルト特派員

      フランクフルト特派員
      柴山 香
      1986年に初めて訪れたドイツに、1995年より定住中。独日通訳・日本語教師・物書き・妻母業を兼任しながら、ドイツ(人)に感激したり激怒したり、感情の揺れ幅無限大の日々。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集