海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランクフルト特派員ブログ > オープンカー天国へようこそ!〜シュタルンベルク

ドイツ/フランクフルト特派員ブログ 旧特派員 柴山 香

ドイツ・フランクフルト特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年5月30日

オープンカー天国へようこそ!〜シュタルンベルク


メール プリント もっと見る

オープンカー天国へようこそ!〜シュタルンベルク

DSCN7367.jpg


「女心」と「4月の天気」。これは、気紛れでコロコロ変わりやすいことの代名詞。ところが、4月どころか、5月も終わろうというのに、ここ数日のドイツは、たった1日のうちで、日傘も雨傘もどちらも大活躍するほどの、気紛れ大荒れ天気模様です。(もっとも、ここでの「日傘も.....」というのはあくまで「喩え」。なぜなら、日焼け大歓迎のドイツ人は、日傘など使うことはありませんので...)


つい先日のこと。突然の夕立ちがおさまるまでの雨宿りのつもりで飛び込んだ市立図書館で、偶然読んだ週刊誌の記事のタイトルが、「オープンカー天国・シュタルンベルク」。
ご存知ですか、この地名....?シュタルンベルクにピンときた方は、かなりのドイツ通のはず!
ディズニーランドにあるシンデレラ城のモデルになったことでも知られる、ノイシュヴァンシュタイン城(=白鳥城) を建造させた、バイエルン王のルードヴィヒ2世が、謎の水死を遂げた場所、それがシュタルンベルク湖でした。そして、この湖の北端に広がるのが、人口2万3000人のシュタルンベルク という町です。


さて、そのシュタルンベルクの「オープンカー天国ぶり」を裏付けるのが、「シュタルンベルクで登録されている自家用車1000台につき、オープンカーが80台」という数字で、この登録台数は、ドイツ全国平均の2倍にものぼるのだそうです。
上述の週刊誌記事を読み進めると、「オープンカーは、2台目、3台目のマイカーとして購入されることが多い。すなわち、シュタルンベルク界隈には、複数の車を所有できる、金銭的にゆとりのあるオーナーが多いという証。」と結んでありました。なるほど、なるほど。


全国的には、オープンカー人気が年々上昇中というドイツですが、そんなドイツよりも、さらにオープンカー大好き民族はイギリスだとか。逆に、いかにもオープンカーがぞろぞろ走っていそうなスペイン、イタリアなどでは、「屋根無し」は余り好まれず、統計的にはせいぜい1000台に1台程度の割合というのが意外でした。考えてみれば、ドイツのように、日照時間が比較的少ない地域でこそ、太陽の光を最大限に浴びられる「屋根無し車」が好まれるのかもしれませんね!


本日の画像:
純白のオープンカーに映える赤と黒の民族衣装は、黒い森地方独特のもの。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 天気・気候・気温
2010年5月30日
« 前の記事「ドイツ男はひげ剃りチャンピオン」へ
»次の記事「エアバスA380見物記」 へ
おすすめ記事
    フランクフルト特派員 新着記事
    フランクフルト、ノルドエンドのおすすめカフェ。
    フランクフルト 第二次世界大戦時の爆弾発見
    フランクフルト、深夜まで営業のスーパー
    アウトレットで賢くお買い物「ヴェルトハイムヴィレッジ」
    フランクフルト10月の気温、服装
    乗り換え時間でサクっと観光「マインツ」の魅力
    ドイツお土産ランキング②(ドラッグストア編)
    ドイツお土産ランキング(ドラッグストア編)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    レインボー・スピリット・フェスティバル
    「耳の虫」ってどんな虫?
    LALI PUNA
    豚インフルエンザ 〜 ドイツでは?

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • フランクフルト特派員

      フランクフルト特派員
      柴山 香
      1986年に初めて訪れたドイツに、1995年より定住中。独日通訳・日本語教師・物書き・妻母業を兼任しながら、ドイツ(人)に感激したり激怒したり、感情の揺れ幅無限大の日々。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集