海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランクフルト特派員ブログ > 私がカエルだったら、ドイツに生まれたい

ドイツ/フランクフルト特派員ブログ 旧特派員 柴山 香

ドイツ・フランクフルト特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年4月26日

私がカエルだったら、ドイツに生まれたい


メール プリント もっと見る

私がカエルだったら、ドイツに生まれたい

IMG_7122.jpg

日中は、半袖でも汗ばむくらいの好天続き。春を通り越して、いきなり初夏到来〜?と錯覚するほどポッカポカ陽気のドイツです。


日本よりはだいぶ遅れた啓蟄ですが、長い冬眠から覚めた両生類が、寝床からぞろぞろ這い出てくるのも、ドイツではちょうど今時分。同じ啓蟄でも、ドイツの啓蟄には、人間もしっかり貢献しているというほんの一例を、本日ご紹介したいと思います。


野生動植物保護の観点から、啓蟄期になると、両生類を保護するためのさまざまな方策が取られるのですが、たとえば、「ヒキガエル保護柵」もそのひとつ(本日の画像)。

画像に見える場所では、冬眠場所と繁殖池のすぐそばに、舗装道路(画像奥の方)が通っているのですが、冬眠明けのヒキガエルが夢うつつで道路に出てしまい、車の犠牲になってはサア大変っ!ということで、ビニール製の保護柵が道路沿いに延々と張り巡らされているのを、画像でもご覧頂けると思います。
この保護柵は、カエルが飛び越えられない高さであるだけでなく、カエルがよじ登らぬよう、ご丁寧に内側にカーブしているという手の込みようです。こうして、カエルが路上に出てしまうのを、物理的に不可能にしているわけです。


また、保護柵ごときでは事足りない!とばかりに、冬眠明けの両生類の生息領域に近い一般道路を、啓蟄期になると完全閉鎖してしまう自治体さえあると聞きます。
たががカエル、されどカエル。
動物保護策を優先させるためには、自分たち人間は、多少の不便さを我慢しましょうヨという姿勢には、見習うところが多いような気がします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 生活・習慣・マナー
2011年4月26日
« 前の記事「結婚式の招待状」へ
»次の記事「国民みな疑似招待客化、はドイツも同じ」 へ
おすすめ記事
    フランクフルト特派員 新着記事
    フランクフルト、ノルドエンドのおすすめカフェ。
    フランクフルト 第二次世界大戦時の爆弾発見
    フランクフルト、深夜まで営業のスーパー
    アウトレットで賢くお買い物「ヴェルトハイムヴィレッジ」
    フランクフルト10月の気温、服装
    乗り換え時間でサクっと観光「マインツ」の魅力
    ドイツお土産ランキング②(ドラッグストア編)
    ドイツお土産ランキング(ドラッグストア編)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    続報・火山灰〜ルフトハンザ航空のドイツ国内便
    ドイツ首相も降参、アイスランド火山灰
    みんな元気で新学期 〜 バート・ユーイハウゼン
    なんたって、ブロンズ肌

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • フランクフルト特派員

      フランクフルト特派員
      柴山 香
      1986年に初めて訪れたドイツに、1995年より定住中。独日通訳・日本語教師・物書き・妻母業を兼任しながら、ドイツ(人)に感激したり激怒したり、感情の揺れ幅無限大の日々。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集