海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランクフルト特派員ブログ > にわとりの目で、目が点になった話

ドイツ/フランクフルト特派員ブログ 旧特派員 柴山 香

ドイツ・フランクフルト特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年10月19日

にわとりの目で、目が点になった話


メール プリント もっと見る

にわとりの目で、目が点になった話

IMG_9435.jpg

ドイツへ来て間もない頃ですので、かれこれ10数年前の話です。


日本から来た某視察団の歓迎パーティーが開催されることになり、日独双方の参加者が、わいわいがやがやホテルのバンケットルームに集っていました。そして、代表者のスピーチの通訳を仰せつかったのが、まだまだ駆け出し通訳だった私。

さて、スピーチ3番手くらいに壇上にのぼったドイツ人の市長さんが、ドイツ人のすぐれた発明品をあれやこれやと自慢気に紹介していったのですが、その中で、「にわとりの目につける薬」という表現が出てきました。

「は?」

まずい。一瞬思考が停止してしまいました。「何、それ?」「にわとりの目の専用目薬?」「まさか、そんなもん無いでしょ」「いや、医学の国ドイツだし、あり得るかも」....。


実は当日、聴衆の中に日本語堪能なドイツ人がいて、マイクを持ったまま顔面蒼白の私に助け舟を出さんと、「Scholl(ショル)のことだよ!Scholl!」と声をかけてくれたのですが、Scholl(ショル)というのはドイツ語の姓で、とりわけ、反ナチス運動の「白バラ」を率いたことで有名な人物。「え?え?にわとりの目薬と反ナチス運動を、どう結びつけて訳せばいいの?」
混乱の渦の渦巻き回転速度が、さらに早まっただけでした。

わずか数秒の間にありとあらゆる想像力と創造力をひっかき集めたものの、結局は時間切れ。「にわとりの目につける薬」というベタ直訳しか思い浮かばず、マイクを通してこの世にも奇妙な邦訳を聴かされた日本視察団のみなさまを、「は?」状態に陥れる失態を演じてしまいました。


あの日の失敗以来、Scholl社製造の「魚の目除去薬」を見かけるたび、顔から火が出そうになる私です。


註:「にわとりの目」(ドイツ語)=「魚の目」のこと。
Scholl(ショル)社は、魚の目取り薬を開発するなど、高品質のフットケア製品で有名な老舗メーカー。ドイツ系移民の息子であるW. Schollが、アメリカのシカゴで起業した。


本日の画像:
Scholl社製の魚の目除去リキッド。
刷毛で患部に治療薬を塗り重ね、3〜4日したところで「薬の層」をはがすと、魚の目も一緒にぺろんとはがれてしまうというもの。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2011年10月19日
« 前の記事「10月23日、ドイツ旅行の予習と復習をしよう」へ
»次の記事「旬なドイツ土産に、クリスマスの香辛料はいかが?」 へ
おすすめ記事
    フランクフルト特派員 新着記事
    フランクフルト、ノルドエンドのおすすめカフェ。
    フランクフルト 第二次世界大戦時の爆弾発見
    フランクフルト、深夜まで営業のスーパー
    アウトレットで賢くお買い物「ヴェルトハイムヴィレッジ」
    フランクフルト10月の気温、服装
    乗り換え時間でサクっと観光「マインツ」の魅力
    ドイツお土産ランキング②(ドラッグストア編)
    ドイツお土産ランキング(ドラッグストア編)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    *(o):-)* の意味?〜ドイツ式顔文字&サマータイム終了
    ありがたい「WC O.K.」
    スパイダーマンするTOYOTA

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • フランクフルト特派員

      フランクフルト特派員
      柴山 香
      1986年に初めて訪れたドイツに、1995年より定住中。独日通訳・日本語教師・物書き・妻母業を兼任しながら、ドイツ(人)に感激したり激怒したり、感情の揺れ幅無限大の日々。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集