海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランクフルト特派員ブログ > ドイツからロシアへ行ってみることにしました/個人で...

ドイツ/フランクフルト特派員ブログ 旧特派員 ぐりこ am Main

ドイツ・フランクフルト特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年5月 1日

ドイツからロシアへ行ってみることにしました/個人でVISA取ってみました編


メール プリント もっと見る

ドイツからロシアへ行ってみることにしました/個人でVISA取ってみました編

ロシアといえば、最近何かとニュースで話題の大国。
私の中のロシアといえば、池田理代子の「女王エカテリーナ」のイメージなのですが、
政治的な話はさておき、お友達に会いに行ってみることにしました。

ロシアといえば、日本人がVISAの必要な数少ない国のひとつ。
日本のロシア領事館のHPを確認したところ、急ぎ出なければ無料で手配できるようです。
(ただ、書類準備にいくらかかかるのですが。。)

ただ私は日本人といえども、ドイツ在住の日本人。
在独ロシア領事館から情報を調べてみました。

まずVISAには下記種類があります。

- ビジネス
- 労働
- 個人旅行
- トランジット
- 留学
- ツーリスト
- 人道支援

最初、この個人旅行用ビザかしらと思ったのですが、よくよく読むと、こちらどうやら、
ロシアに親類が居る等、近親者向けのよう。(違うかもしれませんが)
なので、ツーリストビザを申請してみました。
下記必要書類です。

1 ツーリストバウチャー (ロシア内にある指定を受けた旅行会社発行のもの)
2 ロシア内の旅行会社からの旅行証明
3 パスポート
4 写真
5 申込書
6 ロシア内での保険証明
7 ドイツ国籍の場合は場合により所得証明

お気づきかもしれませんが、そもそも私は個人旅行なので、
上記1.2の書類なんてあるわけもありません。宿泊先はお友達ですし。

で、色々調べていたところ、こちら のサイトより10EUR程でこの書類が手に入ること発見!
ストーレートに言えば、虚偽の書類を作るわけです。サイト上から適当なホテルを選んで。


うその書類、しかもあまりにも安すぎる、そして「.su」ってどこよ。。
という数々の不安はつきませんでしたが、
先人 の方の教えに従い試してみることに。

入力の仕方は先人の方のHPに非常に細かく記載されていますので、
そちらをご参照ください。

さてさて、どうだったかといえば、入力後直ぐメールが来、無事バウチャーゲット!!
色々見てみましたが、このサイトでトラブルを被った人の話はとりあえずありませんでした。

さあ!こちらに記載されているバウチャー番号、及びリファレンス番号が5の申込書に必要になってきます。

5申込書はこちらのサイトからオンライン で申請、その後そちらをプリントアウトして、
各申請所にもって行きます。

申請書の中に、滞在先ホテル、手配したロシアのエージェンシー、バウチャー番号、
リファレンス番号を記載するところが出てきますが、ホテルはもちろん、
書類作成時に選んだところを記載します。
その他の情報はバウチャー内黄色で囲んだところになります。

さあ、これで1.3.4.5は完了。

2の旅行証明ですが、とりあえずEチケットのコピーを持っていったところOK出ました。
6の保険に関しては、ドイツで健康保険に入っている場合、
年間8-10EUR程払うことで、カバー地域がワールドワイドになります。
かーなりお安いので、ロシアはさておき、日本へ一時帰国する際、
これで何かあっても安心!

そして7番は求められませんでした。

書類がそろったら、予約を取りましょう!
ドイツ各地、こちらのサイト から予約が取れます。
フランクフルトに関して述べれば、いつでもガラガラ、予約取り放題。
一度書類ミスで出直さなければけ無かったのですが、次の予約もすんなりですわ。


さてさて気になるお値段ですが、日本の様にただではなかった。。。
お国同士の関係が顕著に反映されているようです。

私の場合、既にドイツの永住権を持っているため、ドイツ及びEU市民と同じ55EUR。
(HPには60Eと書いてあったのですが、微妙に安くなっていた)

もしこれが、ドイツ在住で永住権を持たない日本人の場合、
同じビザが100EURに跳ね上がります!!!

ちなみに心配していた例のバウチャーは難なく通過。全く問題なしでした。

実のところ、ビザ取得代行サービスは沢山あります。
日系の旅行会社に問い合わせたときは150Eほどでしたが、ドイツないですと、
75EUR程からあるようです。
なのでトータルで見ると、あまり変わらない。。
はじめからこの75Eのところに頼めばよかったとも思いましたが、まあ経験です。
人間楽するのは簡単ですが、努力してそこで何を学ぶかです!


日本からドイツ経由でロシアに行かれる場合は、日本でビザの申請が出来るのでご安心を。
今回はドイツ在住日本人向けの情報でした。


ロシア楽しみ!!!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2014年5月 1日
« 前の記事「あの高級(?)チョコレートも半額/ねらい目はイベント後よ」へ
»次の記事「小腹減ってますか?ならGlauburg cafeでしょ!」 へ
おすすめ記事
    フランクフルト特派員 新着記事
    フランクフルト、ノルドエンドのおすすめカフェ。
    フランクフルト 第二次世界大戦時の爆弾発見
    フランクフルト、深夜まで営業のスーパー
    アウトレットで賢くお買い物「ヴェルトハイムヴィレッジ」
    フランクフルト10月の気温、服装
    乗り換え時間でサクっと観光「マインツ」の魅力
    ドイツお土産ランキング②(ドラッグストア編)
    ドイツお土産ランキング(ドラッグストア編)

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • フランクフルト特派員

      フランクフルト特派員
      ぐりこ am Main
      ベルバラの影響でヨーロッパに興味を持つようになったのは7つの頃、その後ハリウッドスターに英文のファンレターを書きながら独学で英語を学ぶ。チェコのプラハを初海外生活地と選び2年弱、そして現在ドイツはフランクフルトに2008年から滞在中。フランクフルトは旅行の「経由地」でしか過ぎないことが多いですが、本当はこんなに素敵な所もあるということをご紹介していきます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集