海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランクフルト特派員ブログ > マルクトで素敵ジャムを探してみよう!

ドイツ/フランクフルト特派員ブログ 旧特派員 ぐりこ am Main

ドイツ・フランクフルト特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年10月18日

マルクトで素敵ジャムを探してみよう!


メール プリント もっと見る

マルクトで素敵ジャムを探してみよう!

以前Bornheim Mitteに出るマルクト(マーケット)についてご紹介したことがありましたが、
今日は町の中心Konstablerwacheに出るマルクトについてご紹介です。

こちらの市は木曜と土曜日。土曜日に行こうものなら、観光客と地元民でごった返しております。

まずこちらのマルクト、大きい分野菜や果物、肉、魚といった生鮮食品だけでなく、
ハチミツ屋、食べ物の屋台等々沢山のお店が出ているので、
買い食いをしながら色々と物色する出来るところが魅力的。


今回ご紹介するのはその中でもひときわ輝くジャム屋さんです。
場所はSparkasseに面したところに出しているので、そのあたりを歩けば見つかります。


いかにもドイツ人といった感じのおばさまが出しているお店なのですが、もちろん手作り。
何がお勧めなのかと言うと、ご覧ください!

ジャン!!

ジャン!!

ジャン!!


とまあ、とにかく種類が多い!そして変り種多し!
実は写真に納まっていませんがもう一枚分くらい他のジャムもあります。

全てテイスティングできるようになっているので、言葉はわからずともとにかく試せ!です。


シンプルなものを試して、スーパーのものとどれだけ違うのか比べてみてもいいかなーと思っていたのですが、    私、強欲。やっぱり変り種を試したくなるのです。


数ある中から私のお眼鏡に適ったこはこちら☆
2014-10-17-20-20-14_deco.jpg

リュバーブとエルダーベリーの花そしてオレンジのジャム

オレンジ以外は日本ではなじみが浅いのでどんな味か判りづらいかと思いますが、
リュバーブは最近日本でもケーキ等で使われ始めましたが、こちらでは時期になるとリュバーブのジュース、リュバーブのケーキと、やたらめったら使われるなじみの食材です。
見た目がフキに似た野菜?でちょっと苦味があるけれども、ジュースは甘ニガな感じでなかなかいけます。

そしてこの「エルダーベリー」。こちらではホルンダーと呼ばれ、このシロップを入れたHugoと言うカクテルは夏場には大人気です。
ベリーと付くだけあって確かにベリーなのですが、花はこんもりしたかすみ草といった感じの白い花で、こちらをシロップにします。
ベリーはベリーでまた別のドリンクにもなり、色々と使い道があるようです。


さてさて肝心のお味はと言えば、かなり説明しづらいのですが、
ホルンダーのさわやかな甘みが一番強いかな。他に似た味の果物も見当たらないので、
何とも表現しづらいのですが、洋ナシをもう少し複雑にした感じというか。。
でも、嫌いな人はいないと思います!!酸味は一切なしなので。

こちら一つ3-4ユーロほど。もちろんお店のものと比べると割高ですが、
生産者が明らかで、愛がこもっていると思えば安いものです。
そして一人でも食べきれるサイズ。もう早く次のものを買いたくてソワソワです。

ただし、こちらのお店、うわさでは土曜日にしか出ていないようなので、
土曜日に探してみてくださいね。


場所:Konstablerwache駅地上にある広場


《番外編》
お買い物で疲れたら、マルクトの中にあるワインバーやビールスタンドで一杯やるのが、
マルクトでのお買い物の忘れてはならないおまけです。

今の時期はワインになる前のヤングワイン「フェダーヴァイツァー(白い羽)」の季節。
ワインを売っているところに行けば、白く白濁した、微発砲のワインを見つけられるはずです。
しかも激安。一杯2EURしません!
飲んだ感じは本当にジュースのような感じ。でもこれでも既にアルコール度数10%はあるので、皆さんお気をつけくださいねー。
ただしこちら、日々発酵が進んでいるので長期保存が出来ません。
「見つけたらそこで飲む」が鉄則です!


それでは皆様、良い週末を~

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 見所・観光・定番スポット
2014年10月18日
« 前の記事「Theドイツなブランドと言えば Part3/ プリマベーラのアロマオイル」へ
»次の記事「Theドイツなブランドと言えば Part 4/ アウトドアブランド」 へ
おすすめ記事
    フランクフルト特派員 新着記事
    フランクフルト、ノルドエンドのおすすめカフェ。
    フランクフルト 第二次世界大戦時の爆弾発見
    フランクフルト、深夜まで営業のスーパー
    アウトレットで賢くお買い物「ヴェルトハイムヴィレッジ」
    フランクフルト10月の気温、服装
    乗り換え時間でサクっと観光「マインツ」の魅力
    ドイツお土産ランキング②(ドラッグストア編)
    ドイツお土産ランキング(ドラッグストア編)

    ドイツ ツアー最安値


    2017/12/15更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • フランクフルト特派員

      フランクフルト特派員
      ぐりこ am Main
      ベルバラの影響でヨーロッパに興味を持つようになったのは7つの頃、その後ハリウッドスターに英文のファンレターを書きながら独学で英語を学ぶ。チェコのプラハを初海外生活地と選び2年弱、そして現在ドイツはフランクフルトに2008年から滞在中。フランクフルトは旅行の「経由地」でしか過ぎないことが多いですが、本当はこんなに素敵な所もあるということをご紹介していきます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集