海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランクフルト特派員ブログ > Theドイツなブランドと言えば Part 5/ ニ...

ドイツ/フランクフルト特派員ブログ 旧特派員 ぐりこ am Main

ドイツ・フランクフルト特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年11月 6日

Theドイツなブランドと言えば Part 5/ ニベア


メール プリント もっと見る

Theドイツなブランドと言えば Part 5/ ニベア

ニベア:
ラテン語で「雪のように白い」を意味する niveus/nivea/niveum に由来する。ドイツバイヤスドルフ社のクリーム。


数年前より日本でも騒がれている「ニベア」の青缶。あの何万もする高級クリーム「ドゥラメール」と成分がほぼ同じと同じだそうな。。

nivea 2.PNG

その事は知っていたものの、「所詮ニベアでしょ~」と無視し続け使ったこともありませんでした。

ところがそんな私に転機が!仲の良いフライトアテンダントのお友達より、
「ニベアを使い始めたら、機内の乾燥にも負けなくなった!」とのコメント。


スッチー(あ、古い?ごめんなさいね。)がそういうなら間違いないだろうと、ドイツ6年目にして初めて青缶を手にとって見ました。

2014-11-02 13.56.31.jpg


皆さんももちろん目にした事のあるこの青缶。改めて調べて見ると、何気にパッケージ変更もされているようです。

nivea.PNG

何気に戦時中のパッケージがものすごくかわいい!是非復刻版を出して欲しいものです。
そうしたらちょうどお土産にも良いなーなどと思ってみたり。

さてさて気になる使用感なのですが、皆さん既知の通り本当に良い!!
テクスチャー固めのホイップといった感じで、つけてもべったりせず、他クリームとの使用感の差があり。それでも使用後は肌がふっくら、試しに化粧水もつけずにこれ1本で寝てみましたが、突っ張りも無しです。(あ、でも通常は基礎化粧品のあとですよ)


特に驚いたのは、朝うっすら塗っておくと夕方のテカリ、油浮きが劇的に減少したこと!!
しっかり保湿されるので、肌から余計な油が出ないそうな。。確かに、納得。


日本でも散々レポートされていますが、UKのサイトでも「ドゥラメール」との比較実験がされていました。

nivea3.PNG

顔半分は「ドゥラメール」、もう半分は「ニベア」を1ヶ月つけ続けた結果写真です。
気持ち確かにニベアのほうがしわの刻まれ具合が薄いような。。。


これら効果が全ての人に生じるとはいえませんが、つけて思ったことは「負荷が無い」と言うこと。
通常使うものによってはピリピリしたり、皮が向けてしまう私の肌ですが、ニベアをつけたときは全く肌に何も刺激が走らなかったのです。
なので安心して「取りあえず一缶使ってみよう」と思えたわけです。


ニベアデビューまだの皆様、取りあえず小さな缶から始めてみたらどうでしょう?
ま、合わなかったらハンドクリームにすればいいだけですから!

ドイツの素敵ブランド「ニベア」。老若男女問わず使っていただける一品です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 美容・健康・病院
2014年11月 6日
« 前の記事「ドイツオーガニックコスメ「アンネマリーボーリンド」続編」へ
»次の記事「フランクフルトにおしゃれなお店急増 Part 1」 へ
おすすめ記事
    フランクフルト特派員 新着記事
    フランクフルト、ノルドエンドのおすすめカフェ。
    フランクフルト 第二次世界大戦時の爆弾発見
    フランクフルト、深夜まで営業のスーパー
    アウトレットで賢くお買い物「ヴェルトハイムヴィレッジ」
    フランクフルト10月の気温、服装
    乗り換え時間でサクっと観光「マインツ」の魅力
    ドイツお土産ランキング②(ドラッグストア編)
    ドイツお土産ランキング(ドラッグストア編)

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • フランクフルト特派員

      フランクフルト特派員
      ぐりこ am Main
      ベルバラの影響でヨーロッパに興味を持つようになったのは7つの頃、その後ハリウッドスターに英文のファンレターを書きながら独学で英語を学ぶ。チェコのプラハを初海外生活地と選び2年弱、そして現在ドイツはフランクフルトに2008年から滞在中。フランクフルトは旅行の「経由地」でしか過ぎないことが多いですが、本当はこんなに素敵な所もあるということをご紹介していきます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集