海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ゴールウェイ特派員ブログ > 150年間にらみ合うミイラたちのナゾ

アイルランド/ゴールウェイ特派員ブログ 小島 瑞生

アイルランド・ゴールウェイ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年7月25日

150年間にらみ合うミイラたちのナゾ


メール プリント もっと見る

150年間にらみ合うミイラたちのナゾ

 夏を涼しく過ごすため…というわけではないですが、ミイラのお話です。

 ダブリンにはクライスト・チャーチ大聖堂(Christ Church Cathedral)という有名な教会があります。ダブリンで一番古い教会で、1038年に北欧系のデーン人によって建立されたのが始まりだとか。
 音楽が好きな私にとって特にこの大聖堂で魅かれるのは、ここに所属する聖歌隊や少女合唱団、そして立派なパイプオルガンなどなのですが、150年前にこのパイプオルガンが原因となった“悲劇”があります。

 13世紀そのままの面影を残す、この大聖堂の納骨用地下室へ降りて行けばその“悲劇”の意味が分かります。暗くてヒンヤリとした巨大な地下室を歩いていくと……。

 ネコとネズミのミイラたちとご対面!
mummies.jpg

 この動物たちに何が起こってこうなってしまったのかというと、150年ほど前、ネズミを見つけて追いかけ回っていたネコが、パイプオルガンのパイプ内に逃げ込んだネズミに続いて思わず自分もパイプに飛び込んだものの、自分の体の方が大きすぎてパイプにそのまま詰まり、抜けなくなったようです。
ネズミはネズミで目の前に詰まったネコがおり、パイプから逃げ出すこともできず結局仲良くミイラ化――。後年の改修工事でパイプオルガンのパイプを解体した際に共に発見されたとか^^;。

 ミイラになっても発見されてもずっといがみ合っていたであろうこの2匹。その後まさか同じ箱に入れられて陳列されるとは夢にも思わなかったでしょうね・・・。

 そういうわけで、今でもこの2匹のミイラの前に立つと、妙に緊迫した空気を思わず感じ、少しぞくっとしてしまう私です。

Christ Church Cathedral
Christchurch Place, Dublin 8 |電話. 00 353 1 677 8099 | Fax 00 353 1 679 8991 |

営業時間 9時 〜 18時 (夏期6-8月) 9時45分〜 17時 or 18時 (冬期9月-翌年5月)
入場料 大人 6ユーロ 学生 4ユーロ
christchurc.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2008年7月25日
« 前の記事「花いっぱいの季節」へ
»次の記事「おみやげFROMアイルランド(5)−海藻せっけん」 へ
おすすめ記事
    ゴールウェイ特派員 新着記事
    【急募!】ゴールウェイ特派員を募集しております!
    カラフルなドアの“謎” <最終回>
    秋の日はつるべ落とし……とうとうサマータイムも終わりです
    レストランでは、いつも<フルコース>を頼まないといけない?
    おみやげFROMアイルランド(12)−−マグカップ
    アイルランドでドイツの“あの”お祭りが???
    海藻スパで美しく!?
    牡蠣&ギネス好きが集結!オイスターフェスティバル

    アイルランド ツアー最安値


    2017/8/16更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    アイルランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アイルランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ゴールウェイ特派員

      ゴールウェイ特派員
      小島 瑞生
      大学時代に出会ったアイルランド文学をきっかけに1998年単身渡愛。ウォーターフォード・アントリム(北アイルランド)・リムリックと国内を転々とした後、現在はアイルランドでも最も風光明媚な場所が多いといわれるクレアに在住。そこから雑誌やウェブサイト、ラジオなどを通してアイルランド情報を発信しています。海外旅行が大好きで、思い立ったが吉日的に旅立つことが多く、一年に一度「海外旅行オンナ一人旅」を決行したりもします。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集