海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ゴールウェイ特派員ブログ > アイルランドでの人気観光地ベスト3!「2位」は意外...

アイルランド/ゴールウェイ特派員ブログ 小島 瑞生

アイルランド・ゴールウェイ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年8月21日

アイルランドでの人気観光地ベスト3!「2位」は意外にも……


メール プリント もっと見る

アイルランドでの人気観光地ベスト3!「2位」は意外にも……

 さて、先週に引き続き「アイルランドの人気観光地ベスト3」の2位の発表です。それは意外に意外……?

 ダブリン動物園(Dublin Zoo) です!
tigers.jpg

 ダブリン動物園が人気観光地2位というのは、私にとってはちょっと驚きでした。
 いや、きっとそれはいつもその辺の牧場で草を食んでいるヒツジやらヤギやら馬、牛、ロバたちを普段から見慣れているので、わざわざ動物を見に行く必要もないかー、という気持ちがあったんでしょうね^^;。

 「アイルランドに動物園なんてあるの?」という方もいらっしゃると思うので、少しご紹介しますと、何と開園は1830年!最初はお隣イギリスにあるロンドン動物園から動物を借り受けての“一時展示”という形でオープンしたのだそうです。世界でも一番古い動物園の一つに入るのだとか。
 日本で一番古い動物園である上野動物園の開園が1882年ということなので、それより約50年ほど更に古いということなんですね〜。

 動物園も歴史があると、その分色々な試練も体験してきていると思うのですが、ダブリン動物園もその例外ではなかったようです。

 当時イギリスの植民地支配を受けていたアイルランドでの独立運動・武装蜂起が起こった時は、肉不足に悩みました。トラやライオンといった動物たちのエサとして、やむを得ず園内の小動物をエサとして与えていたのだそうです。
 また、第二次世界大戦中は石炭が不足しました。園内の植物園用温室のヒーターとして、これまた園内に植えられていた大事な木々を伐採して燃やし、温室の温度を保っていたという涙ぐましい話もあったとか。

 激動の歴史の中を生き延びてきた動物園だったんですね。

 アイルランドの国そのものが“癒しの国”と言われることも多いのですが、そんな“癒しの国”で癒される動物たちに会いに行くのも楽しいかもしれませんね!

Dublin Zoo →ダブリンにあるフェニックスパーク内にあります
おとな €14.50
こども 3〜16才 €10.00
3歳以下 無料
学生(IDカードの提示要) €12.00

開園時間 時期と曜日により色々なので、こちら でチェック!

(画像提供/ダブリン観光局 Images by courtesy of Dublin Tourism )


chimp.jpg

elephants.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2008年8月21日
« 前の記事「アイルランドでの人気観光地ベスト3!まずは3位から」へ
»次の記事「アイルランドでの人気観光地ベスト3!堂々の「1位」はやっぱり……」 へ
おすすめ記事
    ゴールウェイ特派員 新着記事
    【急募!】ゴールウェイ特派員を募集しております!
    カラフルなドアの“謎” <最終回>
    秋の日はつるべ落とし……とうとうサマータイムも終わりです
    レストランでは、いつも<フルコース>を頼まないといけない?
    おみやげFROMアイルランド(12)−−マグカップ
    アイルランドでドイツの“あの”お祭りが???
    海藻スパで美しく!?
    牡蠣&ギネス好きが集結!オイスターフェスティバル

    アイルランド ツアー最安値


    2017/8/18更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    アイルランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アイルランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ゴールウェイ特派員

      ゴールウェイ特派員
      小島 瑞生
      大学時代に出会ったアイルランド文学をきっかけに1998年単身渡愛。ウォーターフォード・アントリム(北アイルランド)・リムリックと国内を転々とした後、現在はアイルランドでも最も風光明媚な場所が多いといわれるクレアに在住。そこから雑誌やウェブサイト、ラジオなどを通してアイルランド情報を発信しています。海外旅行が大好きで、思い立ったが吉日的に旅立つことが多く、一年に一度「海外旅行オンナ一人旅」を決行したりもします。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集