海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ゴールウェイ特派員ブログ > お盆と大晦日が同時にやってくる日

アイルランド/ゴールウェイ特派員ブログ 小島 瑞生

アイルランド・ゴールウェイ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年10月18日

お盆と大晦日が同時にやってくる日


メール プリント もっと見る

お盆と大晦日が同時にやってくる日

 10月の声を聞くか聞かないか、という頃から街中でハロウィーン商戦が始まります。
 クリスマスと並んでかなり商業的になっているイベントの一つですが、アイルランド人にとってハロウィーンは元来とても神聖な日でした。

 アイリッシュなど、ケルトの人々が昔使用していたケルト暦では、11月1日から新しい一年が始まっていました。
 そして前日(大晦日)の10月31日には「死者に対する祀り」を行っていたのですが、これは10月の終わりで夏が終了し、そして11月から長くて暗い冬が始まるというこの日に、死んだ者たちの魂がこの世に戻ってくると信じていたからでした。

 ……そう、まるで日本の“お盆”のような行事だったんですね。そして11月1日には新年を迎えていたのです。ですからハロウィーンというのは、アイルランド人にとって“大晦日”と“お盆”が同時にやってくる日だったのです。
 実際に、私の友人の一人は毎年ハロウィーンの日になると、落馬事故で亡くなったダンナさんのお墓参りへ出かけていました。

 他にもハロウィーンの日には大きな焚き火を焚いたりする伝統もあります。
 しかし、近年ダブリンなどの都市部では、ティーンエージャーなどの若者が不必要に物を燃やして火事を起こしたり、また、不注意で焚き火で大やけどをしたり――と悲しいかな、消防車を多く出動させる日にもなりつつあります。

 逆に地方では、昔の伝統にのっとった焚き火をたいているのを見ることができます。
例えばゴールウェイのスピダル(Spiddal)では、海岸沿いの道路にぽつん、ぽつんと小さな焚き火が目印のように焚かれており、夜になると神秘的な雰囲気を醸し出します。

 本来の静かなハロウィーンを過ごしながら、昔のケルト人に想いを馳せてみてもいいかもしれませんね。
10.Hallowe%27en04.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2008年10月18日
« 前の記事「地図にない森林とヒミツの小道」へ
»次の記事「おみやげFROMアイルランド(6)−バーンブラック」 へ
おすすめ記事
    ゴールウェイ特派員 新着記事
    【急募!】ゴールウェイ特派員を募集しております!
    カラフルなドアの“謎” <最終回>
    秋の日はつるべ落とし……とうとうサマータイムも終わりです
    レストランでは、いつも<フルコース>を頼まないといけない?
    おみやげFROMアイルランド(12)−−マグカップ
    アイルランドでドイツの“あの”お祭りが???
    海藻スパで美しく!?
    牡蠣&ギネス好きが集結!オイスターフェスティバル

    アイルランド ツアー最安値


    2017/10/18更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    アイルランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アイルランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ゴールウェイ特派員

      ゴールウェイ特派員
      小島 瑞生
      大学時代に出会ったアイルランド文学をきっかけに1998年単身渡愛。ウォーターフォード・アントリム(北アイルランド)・リムリックと国内を転々とした後、現在はアイルランドでも最も風光明媚な場所が多いといわれるクレアに在住。そこから雑誌やウェブサイト、ラジオなどを通してアイルランド情報を発信しています。海外旅行が大好きで、思い立ったが吉日的に旅立つことが多く、一年に一度「海外旅行オンナ一人旅」を決行したりもします。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集