海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ゴールウェイ特派員ブログ > アイリッシュウィスキーの伝統と歴史を探しに

アイルランド/ゴールウェイ特派員ブログ 小島 瑞生

アイルランド・ゴールウェイ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年3月11日

アイリッシュウィスキーの伝統と歴史を探しに


メール プリント もっと見る

アイリッシュウィスキーの伝統と歴史を探しに

 アイルランドのお酒・・・といえば、『ギネスビール』なのはほぼ“お約束”(?)ですが、もう一つの“お約束”なお酒は『アイリッシュウィスキー』ではないでしょうか。“ウィスキー”という言葉が、アイルランド語の<uisce beatha(ウィシュケ・バハ)> すなわち「命の水」という意味を表す……という話はつとに有名ですよね!

 さて、以前ご紹介したことのある『ギネスストアハウス』博物館 では、ギネスビールが出来るまでの工程や歴史を見ることができましたが、同じようにアイリッシュウィスキーの蒸留所では、アイルランドのウィスキーの歴史や伝統を見ることができます。
 北アイルランドのブッシュミルズ(Bushmills)など、アイルランド国内にはいくつかウィスキーの蒸留所がありますが、今回は南部コークのミドルトン(Midleton)蒸留所について、お話しましょう。
Midleton%20dist.2.jpg

 ミドルトン蒸留所のあるコーク東部は、大麦が育つ肥沃な土壌と地下から湧き出る澄んだ水に恵まれた、まさにウィスキー作りに最適の場所なのだそうです。通常アイリッシュウィスキーは、アメリカのバーボンウィスキーやスコッチウィスキーに比べ作るのに手間がかかると言われるのですが、それはアメリカのウィスキーは蒸留が1度、スコッチでも蒸留が2 度なのに対し、アイリッシュウィスキーは蒸留過程が3度もあるからなのです。

 そういうわけで、どのようにアイリッシュウィスキーが世に出て行っているのかが分かるこの蒸留所、実は1975年に新しい蒸留施設が同敷地内に建設され、コンピューターで蒸留管理されるようになりました。そこで、それまで150年間稼働・引退した蒸留所を、記念館として一般公開しています。

 このミドルトンには「世界一」のものがあります。それは、3度の蒸留過程で使用される銅製蒸留器(ポットスチル)。このポットスチルは14万4千リットルの生産能力があり、世界一の大 きさを誇るのだとか。その横に鐘がついているのですが、これは2階にいる労働者が蒸留器に仕込みや温度調節をしている階下の同僚に、量や温度が適切かどうかを知らせるための合図するため。
Midleton%20Potstill.jpg

 その他にもこの鐘クン、とっても大事な役割がありました。

 なんでも見回りに来た上司の存在を周りの同僚に知らせる、秘密の合図もあったのだそうです。――それまではサボってた人もその“上司が来たゾ〜”の鐘の合図で、慌てて持ち場へ戻ったんでしょうかね(笑)。

 蒸留が終わって透明に なったウィスキーはオークの樽に入れられ、5年〜7年間熟成されます。その間にオークのタンニンという成分で、ウィスキーがだんだん琥珀色に染まってゆくのだそうです。
 蒸留所ツアーのラストには、ウィスキーの飲み比べもさせてもらえるので、「我こそは!」という方は是非挑戦してみてくださいね!
Midleton%20dist.%20tasting.jpg

ミドルトン蒸留所(Old Midleton Distillery)
開館時間:冬期(11月〜3月)−月曜日〜土曜日のツアーのみ(11時半、13時、14時半、16時)/夏期(4月〜10月)−月曜日〜日曜日の10時〜17時まで。ツアーは要望に応じ、いつでも。
入場料:おとな 12.50ユーロ、家族チケット(大人2名&18歳未満の子ども4名まで)25.00ユーロ、18歳以上学生(学生証提示)9.00ユーロ、60歳以上 9.00ユーロ、18歳未満こども 6.00ユーロ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2009年3月11日
« 前の記事「危険なドライバーたちに要注意?!」へ
»次の記事「復活祭前に出現する巨大なタマゴ」 へ
おすすめ記事
    ゴールウェイ特派員 新着記事
    【急募!】ゴールウェイ特派員を募集しております!
    カラフルなドアの“謎” <最終回>
    秋の日はつるべ落とし……とうとうサマータイムも終わりです
    レストランでは、いつも<フルコース>を頼まないといけない?
    おみやげFROMアイルランド(12)−−マグカップ
    アイルランドでドイツの“あの”お祭りが???
    海藻スパで美しく!?
    牡蠣&ギネス好きが集結!オイスターフェスティバル
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アイルランドの「バスカー」たち
    野生動物たちにご用心
    アイルランドといえば、やっぱり『聖パトリック・デー』!
    アイルランドでもエコバッグ

    アイルランド ツアー最安値


    2017/8/18更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    アイルランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アイルランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ゴールウェイ特派員

      ゴールウェイ特派員
      小島 瑞生
      大学時代に出会ったアイルランド文学をきっかけに1998年単身渡愛。ウォーターフォード・アントリム(北アイルランド)・リムリックと国内を転々とした後、現在はアイルランドでも最も風光明媚な場所が多いといわれるクレアに在住。そこから雑誌やウェブサイト、ラジオなどを通してアイルランド情報を発信しています。海外旅行が大好きで、思い立ったが吉日的に旅立つことが多く、一年に一度「海外旅行オンナ一人旅」を決行したりもします。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集