海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ゴールウェイ特派員ブログ > 髪がごわごわになるのはナゼ?

アイルランド/ゴールウェイ特派員ブログ 小島 瑞生

アイルランド・ゴールウェイ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年9月 6日

髪がごわごわになるのはナゼ?


メール プリント もっと見る

髪がごわごわになるのはナゼ?

 アイルランドでの旅行中、シャワーで頭を洗うと何だか髪の毛がごわごわきしきしするという経験がある方がけっこういるかもしれません。

「ここで買ったシャンプーがおかしかったのかも?」と不思議に思われた方、実はそれはシャンプーではなくアイルランドの水が原因で髪がごわごわになってしまっている可能性が大です。
  

 ヨーロッパでは水道水が硬水という国が多いのですが、アイルランドもそんな国たちの一つ。とはいえ、他の国に比べればそれほど度の強い硬水というわけでもないようです。そもそも硬水の定義は水1リットル中に含まれる炭酸カルシウムの多さによって決まっているようです。

 アイルランド西部にあるウォーターシステム会社の調査によると、ベルファストなど北アイルランド全域や南西部(ケリー州など)、北西部(スライゴーなど)、そして内陸部の一部では日本のように軟水だそうです(炭酸カルシウムが100mg/l以下)。そしてダブリン北部や北アイルランドとの国境区域は中硬水(炭酸カルシウムが100-200mg/l)といった感じです。


 ところがクレア州、ゴールウェイ州など石炭紀の石灰岩が一面に広がるバレン高原に近い地域では、雨水にこれらの石灰分が多く含まれるため、アイルランドの中でも特に強い硬水地域となります(炭酸カルシウム200mg/l以上)。そういうわけでこの地域に住む人たちは日々キッチン、シャワー、ティーケトルの内側などにへばりつく石灰の『かす』(Limescale)と闘うことになります。^^;

 少しぐらいの炭酸カルシウムぐらいだったらいいのですが、このLimescaleがなかなかの曲者で洗濯機やシャワーなどのパイプの目詰まりなどを起こし、破損の原因になったりもするのです。我が家ではそういう目にあったことがありませんが、それにしてもしょっちゅうお酢などでティーケトルの洗浄をするのはちょっと面倒臭いかも…_ _ ; 。


 そういうわけですので、アイルランドをご旅行中(特にクレア州・ゴールウェイ州)に頭を洗う時は以上のことをご留意ください……。ちなみに私の場合、日本にいた時からすでに髪はごわごわ傷んでいましたので、ここでも特に問題はありません(笑)。←違う意味で問題・・・
hard_water_map.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2009年9月 6日
« 前の記事「「避暑地」ならぬ「避寒地」へGo?アイルランドのバカンス事情」へ
»次の記事「牡蠣&ギネス好きが集結!オイスターフェスティバル」 へ
おすすめ記事
    ゴールウェイ特派員 新着記事
    【急募!】ゴールウェイ特派員を募集しております!
    カラフルなドアの“謎” <最終回>
    秋の日はつるべ落とし……とうとうサマータイムも終わりです
    レストランでは、いつも<フルコース>を頼まないといけない?
    おみやげFROMアイルランド(12)−−マグカップ
    アイルランドでドイツの“あの”お祭りが???
    海藻スパで美しく!?
    牡蠣&ギネス好きが集結!オイスターフェスティバル
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アイルランドで体験できる“意外”なアクティビティー
    “タダ”で楽しめる?リムリックでの『芸術の秋』
    ヨーロッパ最大?!の『お見合い』フェスティバル
    クラダリングのお話

    アイルランド ツアー最安値


    2017/8/20更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    アイルランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アイルランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ゴールウェイ特派員

      ゴールウェイ特派員
      小島 瑞生
      大学時代に出会ったアイルランド文学をきっかけに1998年単身渡愛。ウォーターフォード・アントリム(北アイルランド)・リムリックと国内を転々とした後、現在はアイルランドでも最も風光明媚な場所が多いといわれるクレアに在住。そこから雑誌やウェブサイト、ラジオなどを通してアイルランド情報を発信しています。海外旅行が大好きで、思い立ったが吉日的に旅立つことが多く、一年に一度「海外旅行オンナ一人旅」を決行したりもします。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集