海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ギズボーン特派員ブログ > 冬の海辺と朝焼けの表情

ニュージーランド/ギズボーン特派員ブログ 高橋 将智

ニュージーランド・ギズボーン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年8月10日

冬の海辺と朝焼けの表情


メール プリント もっと見る

冬の海辺と朝焼けの表情

冬の早朝の空気は凛として冷たく、景色を鮮明に映すような気がします。
玄関を出て、鼻から大きく息を吸い込むと、何か冷たい水を飲んだ感覚になるのは私だけでしょうか。1日の始まりからいい気持ちになる事が重要で、そんな時間の余裕を持てる事に幸せを感じます。いつまでも大切にしていきたい事の一つです。

海辺を散歩する時は、決まって日の出前が多いです。時間や、空気、温度によっていつもの散歩コースは、私に毎日違う色を見せてくれます。



image.jpg

海がやや光を反射した朝

辺りがまだ暗い時は、遠くに見える光が、何か子供の頃に経験したお盆の夜、「夜中にぎやかな声と共に目が覚め、部屋を出ると、暗い廊下の奥の扉が少し開いていて、大人達がまだ宴会をしているのが少し見える」様な感覚になります。


image.jpg

赤色が主体の時
日の出が近いと赤色気味になります。つかの間の灯火ってとこでしょうか。

image.jpg

波が穏やかで干潮の時は海面と波打ち際が綺麗な鏡となり、景色を一段と美しく飾ります。この時間も長くは続かず、次第に辺りは明るくなります。


サーフィンをたくさんしていた頃は、波のない海に用は無いと思った時もありましたが、今は、昔と違った感覚で波の無い海でも楽しむ事が出来ます。
自然が起こす無害な変化が面白く、ゆっくりと起こっていると思ってもパッと終わってしまう手品を見ている様なスピードで、何処か名残惜しく終わってほしく無い、コンサートの最後の曲の様な感じです。

image.jpg

ピンク気味の日


image.jpg

宴会も終わったのかな。青い朝。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2015年8月10日
« 前の記事「ギズボーンで冬の青空サーフィン」へ
»次の記事「冬の冷たい空気と青空、季節の花」 へ
おすすめ記事
    ギズボーン特派員 新着記事
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編4
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編3
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編2
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編1
    映画クジラに乗る少女のロケ地、ファンガラ
    いよいよ夏本番のギズボーン、ニュージーランド
    珍しい外国のちょっとオシャレな野菜達
    南島のネルソンを訪ねてみました。番外編3 ブランフォードパーク

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ギズボーン特派員

      ギズボーン特派員
      高橋 将智
      昔から憧れていた外国生活を夢見て、11年間お世話になった秋田市老舗薬局を退職し、ニュージーランドへ渡航。趣味と仕事が両立できる場所を求めて放浪し、最終的にギズボーンに辿り着く。現在は輸出業企業に務めている。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集