海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ギズボーン特派員ブログ > 燃える様な朝焼けとモクモクと湧き出す雲

ニュージーランド/ギズボーン特派員ブログ 高橋 将智

ニュージーランド・ギズボーン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月14日

燃える様な朝焼けとモクモクと湧き出す雲


メール プリント もっと見る

燃える様な朝焼けとモクモクと湧き出す雲

またギズボーンの空が違う表情を見せてくれました。外がやや明るくなり始めたので、散歩支度を始めて家を出てみるとあたり一面は燃える様な赤に包まれていました。 何かいつもと違う朝、幻想の景色が辺りを包んでいてビーチには私だけでした。

特別な時間を独り占めできた優越感に浸りながら歩いていると、散歩の人たちがポツポツと家から出始めてきました。

image.jpg

空と海面が赤色を映し出している様子

雲は奥の空から黙々とまるで流れ出しているかのように空に広がり、ダイナミックさを一段と飾っています。ついつい太陽の方向にいつも目を奪われがちですが、反対側にも色々な色と形のドラマがあるのだなと思いました。

image.jpg

遠くに見える木の先を中心にまるで雲が湧き出ているように見える。

辺りは次第に赤色を失い始め、代わりにブルーとパープル色が混ざり合う。この見事な色のコントラストをしばらく立って見ていた。 長くは保たない色の変化。

image.jpg

多彩な色がある朝焼けは珍しい。


住んでいる家の近くで誰かが流木を使って秘密基地を建設中。基礎はしっかり出来ていなそうだから、長くは保たなそうだ。だけど、何処かアート的な魅力を感じる。不完全の美なのだろうか?

image.jpg

手前の流木が寄り添っている箇所が好きな箇所です。 ヤシの葉で屋根を作れば、休憩所になりそうな気がする。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2015年9月14日
« 前の記事「パセリとカリフラワーの成長記」へ
»次の記事「青空の下、南からの波が届きました」 へ
おすすめ記事
    ギズボーン特派員 新着記事
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編4
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編3
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編2
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編1
    映画クジラに乗る少女のロケ地、ファンガラ
    いよいよ夏本番のギズボーン、ニュージーランド
    珍しい外国のちょっとオシャレな野菜達
    南島のネルソンを訪ねてみました。番外編3 ブランフォードパーク

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ギズボーン特派員

      ギズボーン特派員
      高橋 将智
      昔から憧れていた外国生活を夢見て、11年間お世話になった秋田市老舗薬局を退職し、ニュージーランドへ渡航。趣味と仕事が両立できる場所を求めて放浪し、最終的にギズボーンに辿り着く。現在は輸出業企業に務めている。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集