海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ギズボーン特派員ブログ > 日本は夏、けどスノーボード、南半球の冬 番外編

ニュージーランド/ギズボーン特派員ブログ 高橋 将智

ニュージーランド・ギズボーン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月27日

日本は夏、けどスノーボード、南半球の冬 番外編


メール プリント もっと見る

日本は夏、けどスノーボード、南半球の冬 番外編

この間仕事がようやく一段落したので、休暇を取りスノーボードに行ってきました。

ニュージーランドは北島と南島の二つの島に分かれており、北島は暖かく南島は寒い、そして8,9月が真冬と日本と真逆でございます。私の住んでいる北島ではスキー場も一つしかなく、雪質も良く無いので、南島のクライストチャーチ市から車で南西に約2時間ほどの所にあるマウントハットスキー場を選びました。

南島は島上部から下部までの中心に山脈走っており、天気が良い日は綺麗なアルプス山脈を眺める事が出来ます。

image.jpg

早朝、クライストチャーチ空港からメスベンへ向かう途中の景色


今回は空港到着後、レンタカーで移動しスキー場近くのメスベンという町に宿を取りました。バスでの移動も出来ますが山の気候は大変変わりやすい為、移動は自由が利くレンタカーをお勧めします。

image.jpg

メスベンからスキー場に向かう途中の看板

今回は濃い霧に悩まされました。スキー場までの道のりも視界は全然良くありません。

image.jpg

車からの様子


山の中腹で霧から脱出。景色がパッと広がりました。

image.jpg

まるで雲を貫通した気分です。


ようやくスキー場に到着。駐車場ではニュージーランドの人懐っこい鳥が車に悪さをしています。

image.jpg

南島山岳地域だけに住む鳥 ケア。 よく人目を盗み物を持ち去ります。要注意


いい視界も長くは続きませんでした。あっという間にまた霧に包まれてしまい、2m先も見えない中でのスノーボード、コブにエッジを引っ掛けて何度も転倒しました。

濃い霧の時は、人は目印に沿って滑ります。私は地図を見て迷子になる恐れがない事を確認し、目印から離れコースの脇側へ進み新雪部分を人に見つかる前に楽しみました。視界は真っ白、地面も真っ白、リフトを目視出来るまでは不安との格闘でした。

しばらくするとまた一瞬霧が晴れて、やや青空が現れました。

image.jpg

自分がどこを滑っていたのかようやく分かりました。左側の壁から下ってました。

地元秋田県に住んでいた時はウインタースポーツはみんなが行う当たり前の事だと思っていましたが、ここニュージーランドに来て日本の雪質は世界でも1,2を争う高品質と知り、もっと楽しんでおけばよかったと思わせられた旅でした。

image.jpg

朝霜の様子

9月お題アクティビティー

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ お題 スポーツ・観戦 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景
2015年9月27日
« 前の記事「青空の下、南からの波が届きました」へ
»次の記事「ニュージーランドのふるさとの朝日 番外編」 へ
おすすめ記事
    ギズボーン特派員 新着記事
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編4
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編3
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編2
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編1
    映画クジラに乗る少女のロケ地、ファンガラ
    いよいよ夏本番のギズボーン、ニュージーランド
    珍しい外国のちょっとオシャレな野菜達
    南島のネルソンを訪ねてみました。番外編3 ブランフォードパーク

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ギズボーン特派員

      ギズボーン特派員
      高橋 将智
      昔から憧れていた外国生活を夢見て、11年間お世話になった秋田市老舗薬局を退職し、ニュージーランドへ渡航。趣味と仕事が両立できる場所を求めて放浪し、最終的にギズボーンに辿り着く。現在は輸出業企業に務めている。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集