海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ギズボーン特派員ブログ > 日差しが強くなってきたギズボーンの朝焼け

ニュージーランド/ギズボーン特派員ブログ 高橋 将智

ニュージーランド・ギズボーン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年10月28日

日差しが強くなってきたギズボーンの朝焼け


メール プリント もっと見る

日差しが強くなってきたギズボーンの朝焼け

ここニュージーランドではだいぶ日差しが強くなってきており、一度太陽が顔を出すと肌を刺す様に刺激します。というのも10,11月のニュージーランド上空には太陽熱を和らげるオゾン層が無い為日差しはとても強く、また乾燥した空気で肌を乾燥させます。
日本の夏は湿度がありますが、それゆえに肌を保湿できる為シワが少なく外人より若く見えるのはこれが一つの要因ではないかと思います。


朝日も夏らしい朝日になってきました。オレンジ色の朝焼けが多くなってきており、たまに海水と外気のギャップで海面上に霧を発生させます。11月中旬以降はこの現象はきっと見られないことでしょう。


image.jpeg


image.jpeg

温度差により海面にうっすらと霧が張っている様子


最近の朝は南からのうねりと満潮が続いており波が浜辺一帯を占領してなかなか歩くことが出来ません。浜辺と敷地の垣根に波がガンガン当たってくるほどで、ただただ太陽を庭から眺めるばかり。プランジャーコーヒーを飲みながら朝日と浴びて本を読んでいる日々が続いています。


image.jpeg

image.jpeg

波が垣根にあたっている様子

ふとギズボーンの商店街を歩き少し買い物をした後、市の中心を流れている川辺を歩いてみました。海とは違い水面は少し波を打った鏡の様に滑らかで静寂の波を刻んでいます。


image.jpeg

ギズボーンマリーナの駐車場からの風景


海もいいけど川のそばに住むのも悪くないなと思ったり、でも洪水とか大丈夫かなと住んでもいないのに心配になったりと最近は生活環境の変化をちょっと考えたりもしています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2015年10月28日
« 前の記事「夏の始まり、夕焼けを見て人生を見つめ直す」へ
»次の記事「南島の町ネルソンを訪ねてみました。番外編1」 へ
おすすめ記事
    ギズボーン特派員 新着記事
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編4
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編3
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編2
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編1
    映画クジラに乗る少女のロケ地、ファンガラ
    いよいよ夏本番のギズボーン、ニュージーランド
    珍しい外国のちょっとオシャレな野菜達
    南島のネルソンを訪ねてみました。番外編3 ブランフォードパーク

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ギズボーン特派員

      ギズボーン特派員
      高橋 将智
      昔から憧れていた外国生活を夢見て、11年間お世話になった秋田市老舗薬局を退職し、ニュージーランドへ渡航。趣味と仕事が両立できる場所を求めて放浪し、最終的にギズボーンに辿り着く。現在は輸出業企業に務めている。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集