海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ギズボーン特派員ブログ > 誕生日に19.4キロのハイキング 番外編1

ニュージーランド/ギズボーン特派員ブログ 高橋 将智

ニュージーランド・ギズボーン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年12月27日

誕生日に19.4キロのハイキング 番外編1


メール プリント もっと見る

誕生日に19.4キロのハイキング 番外編1

ここニュージーランド北島に有名なウォーキングコースとしてトンガリロクロッシングというのがあり、このコースは北島のタウポ地区に位置しております。このタウポ地区は昔に起きた火山活動から形成されており、国内最大の湖タウポ湖、北島最大の山、マウントルアペウがあります。タウポ湖は町のシンボルであり早朝に眺める景色はとても美しく、条件がいい日は湖の向こうにマウントルアぺウを眺める事ができます。


image.jpeg

早朝のタウポ湖、奥にマウントルアペウが見えます。


image.jpeg

今回のバック 30リットルバック


image.jpeg

日本人の登山といえばやはりおにぎり。28年ぶりに山の上で食べます。


今回はこのトンガリロクロッシングを自分の40歳の誕生日に挑戦する計画を立てました。というのも、40という人生の一つの節目として、色々な事を探していた中での結果です。他の案は、オーストラリアに言ってクロコダイルを捕獲、スカイダイビング、国内最大の山マウントクック登頂などでしたが、どうも仕事の関係と現実的な見方から却下しました。

このクロッシングは大体約7?9時間ほどかけ、山々の峰を歩いて行く往復ではないウォーキングで、またエキスパートオンリーなどではない、中堅的な難易度です。それゆえに沢山の海外の旅行客がこのクロッシングに参加します。服装も人によってはいろいろ異なり、ある人はやたら軽装、短パンと半袖、たまに水、ランチも持っていない人、街を歩くような正装の人、やたら重装備な人(私はどちらかというとこちらでした)などなど。しかしながら山の気候は大変変わりやすく、上部は寒いので注意が必要です。


image.jpeg

出発地点付近、バスからの景色


このトンガリロのコースは他の自然なコースとはやや異なり、火山の後の姿をそのまま残し赤土と岩がゴロゴロとしているまるで火星を歩いているかのように思わせます。

image.jpeg

スタート辺りの景色


image.jpeg

途中、綺麗な滝がありました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2015年12月27日
« 前の記事「映画クジラに乗る少女のロケ地、ファンガラ」へ
»次の記事「誕生日に19.4キロのハイキング 番外編2」 へ
おすすめ記事
    ギズボーン特派員 新着記事
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編4
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編3
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編2
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編1
    映画クジラに乗る少女のロケ地、ファンガラ
    いよいよ夏本番のギズボーン、ニュージーランド
    珍しい外国のちょっとオシャレな野菜達
    南島のネルソンを訪ねてみました。番外編3 ブランフォードパーク

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ギズボーン特派員

      ギズボーン特派員
      高橋 将智
      昔から憧れていた外国生活を夢見て、11年間お世話になった秋田市老舗薬局を退職し、ニュージーランドへ渡航。趣味と仕事が両立できる場所を求めて放浪し、最終的にギズボーンに辿り着く。現在は輸出業企業に務めている。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集