海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > パブリックフットパスを歩いてみよう 2

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年1月12日

パブリックフットパスを歩いてみよう 2


メール プリント もっと見る

パブリックフットパスを歩いてみよう 2

羊や牛の放牧されている牧草地にのびるパブリックフットパスを歩いていると、


P1010040cx.jpg


P8200063x.jpg となりの牧草地へ移るのに石塀やその他のフェンスを乗りこえていかなくてもいいように、ゲートがもうけられています。


P4290015x.jpg かけ金をはずしてゲートを通ったら家畜が特定の放牧地から逃げていくことがないようにゲートを閉じ、しっかりとかけ金をかけておくのがマナーです。


P1010026x.jpg ゲートのかけ金にはゲートを閉めると自動的にかけ金のかかってしまうタイプもあれば、かけ金がなく、バネで開閉する仕組みのゲートもあります。


また、中には、閉める必要のないこんなゲートも存在します。


PA290011x.jpg スイングするゲートの片はしが、「く」の字型になった受け口の範囲内で開閉し、ゲートと受け口のあいだに、人ひとりが通れるくらいのすきまができる仕組みになっているのです。頭脳と手をつかってゲートを引くことのできるニンゲン様は通れても、四つ足でやみくもに押すだけの牛や羊たちには通れない。なかなかのアイデアですよね。


ところで、だれが思いついたのか。このゲートには名まえがついています。その名も、「キッシングゲート(Kissing Gate)」、つまり、「キス(Kiss)して(ing)通るゲート(Gate)」

このゲートを通過するときばかりはレディファーストではなくて、男の子がひと足先に通ってしまうのです。そして、向こう側からゲートを押して、手前にいる女の子を通せんぼして言うのです。「キスをしてくれたら通してあげるよ」って……。


というのが、このゲートの名まえの由来にまつわるエピソードらしいのですが、男性、女性にかかわらず意中の人がいる方はイギリスの田舎歩きをしているあいだに、もしこの「キッシングゲート」を見かけるようなことがあったらいち早くこのゲートを通過して、その意中の人にこのゲートの名まえと通過するときのルールを教えてあげてくださいね。


さて、パブリックフットパスがおとなりの牧草地へ入るさかいめには、ゲートのほかにも、スタイル(stile)と呼ばれる仕組みがもうけられている場合があります。こちらも、ニンゲン様は通ることができますが、家畜は通ることができません。


PA290010x.jpg こちら、一般的なスタイル(stile)です。


P1010065x.jpg スタイル(stile)によっては、お供の犬を通せる仕組みをそなえているものもあります。とっ手の部分を上に引っぱり上げると、スタイルの足もとに犬が通れるくらいのすきまができます。(もっとよくごらんになりたい場合は、画像をクリックして拡大してごらんください)


P8200007x.jpg また、スタイルには、牧草地の石塀を乗りこえるはしごのようなタイプや、


P1010059cx.jpg 石塀と一体化しているものも……。


それから、牧草地には、石塀のほかにも、生け垣、粗い網目のワイヤーのフェンスなどもあるのですが、こんなワイヤーフェンスを見かけた場合は、要注意。


PC280030x.jpg PC280029x.jpg
 

いつも電流が流れているとはかぎりませんが、そのことを確かめようとしない方が無難です。


このあとは、パブリックフットパスを歩いていると出くわす動物たちについてご紹介しましょう。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2008年1月12日
« 前の記事「パブリックフットパスを歩いてみよう 1」へ
»次の記事「パブリックフットパスを歩いてみよう 3」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/18更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集