海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > ナローボートで運河をクルージング

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年4月20日

ナローボートで運河をクルージング


メール プリント もっと見る

ナローボートで運河をクルージング

素晴らしい眺めを求めて自分の足で地上を歩くのも爽快ですが、たまには趣向を変え、水の上に身をうかべてゆったりと移りゆく景色を遊覧するのもまた格別です。それも、運河にうかぶ遊覧船を貸しきって自分で操縦するキャナルクルージングのホリデーを、今日は、ご紹介しようと思います。

産業革命のころ、イギリス各地には物資運搬用の運河がはりめぐされたのでしたが、現在、それらの運河は、おもにレジャー目的で使用されています。


P7260078xjpg.jpg


運河にうかんでいるのは、きわだった色で彩色をほどこされているナローボート(narrow boat)と呼ばれる幅の狭いボート。幅は狭くても全長は長いので、ボートの中には、ラウンジ、キッチン、ベッドルームやバストイレなども完備していて宿泊施設もかねています。 ナローボートには個人所有のものもありますが、大半は、週末、あるいは、1週間単位で貸し出されています。ナローボートの操縦にはライセンスが要らないので、レンタルすると、レンタルした人が自分で操縦することになります。操縦は簡単、遊園地のボートのでかいのを操縦している感じ。 ただ、あまりスピードはでないので、レンタルカーや公共交通機関で観光地から観光地を移動するような機動性はありません。


ですが、ナローボートの魅力はその機動性のなさとも言えるのです。つまり、忙しい日常生活を離れて、休みくらいはスローライフをとお考えの方には、もってこいのホリデー(バケーション)なのです。自分ひとり、あるいは、家族や親しい友人たちと自宅でくつろいでいる感覚で旅ができ、行く先は、その日の気の向くまま(まあ、運河沿いという制約はありますが)、宿泊の手配の心配もありません。


船上からきれいな景色がのぞめたらナローボートを降りて散策したり、運河沿いの村や街を観光に出かけたり。運河沿いの緑の芝生が自分を招いていれば、イスを持ち出して本を読んだり、白鳥やアヒルとたわむれたり。 航行中、ナローボートの屋根にのぼってあたりの風景を高みの見物するもよし。夜には、満点の星をながめるのもよし(といっても、夏のあいだは日が長いので、深夜にならないと星は見えないのですけれどね)。空腹を感じれば、キッチンに立って料理の腕をふるうこともできるし、自炊が面倒なら岸辺のパブやレストラン、カフェに出向くも思いのまま。とかく旅にはつきものの時間の制約から解放された旅が楽しめるのがナローボートホリデーの魅力です。


P7260077zx.jpg こちらは、ロック(lock)とよばれる高低差のある場所を安全にボートを通行させるための水門です。


画像でごらんいただけるように、いくつも並んでいる水門と水門のあいだに、水をためたり、ぬいたりながらボートを次の水門へと進めます。 水門に水をためたり、水門から水をぬいたりするのに時間がかかる上、岸にある水門の開閉をする装置は自動のものもありますが、手動で操作するものが多く、水門を開いたり閉じたりするのにも時間がかかります。その操作を水門のひとつひとつについて繰り返していくのです。 そういった手間のかかる作業も運河クルージングならではと興味をもたれた方は、ナローボートホリデーに向いていることまちがいなし!効率的ではないけれど、きっと自分らしい充実した時間を満喫していただけることと思います。


イギリス各地でお楽しみいただけるナローボートやクルーザーによる運河クルージングにトライしてみようと思われる方は、ネット検索をしてみてください。検索のキーワードは、「canal cruising uk」、または、「narrowboat holiday uk」。かぎカッコ内の部分をコピーし、ご利用のサーチエンジンに貼りつけて検索していただくと、イギリス国内の運河クルージングのサイトが表示されます。検索ページの「このページを(和)訳する」の部分をクリックすると完璧な訳にはなっていない場合もありますが、英語のサイトを日本語でごらんになれます。 それぞれのサイトによって多少異なりますが、訪れたい地域、日程や参加人数などの情報を入れると条件にあったクルーズが検索されると思います。


これはというクルーズが見つかりますように。そして、これまでに体験したことのなかったゆったりとしたイギリスの旅をお楽しみいただけますように……。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2008年4月20日
« 前の記事「ちょっと豪華に古いお城に泊まってみるのも」へ
»次の記事「イギリス流アロマセラピー 1」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす

    イギリス ツアー最安値


    2017/12/13更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集