海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > イギリスの夏至の夜空のミステリー

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年6月24日

イギリスの夏至の夜空のミステリー


メール プリント もっと見る

イギリスの夏至の夜空のミステリー

イギリスの夏の日はとても長いのです。もしお手もとに地球儀か世界地図があったら、試しにイギリスの緯度を確認してみていただけませんか。イギリスは、西ヨーロッパ諸国のひとつに分類されていますが、北イングランドやスコットランドは、北欧のデンマーク、それにノルウェーやスウェーデンのあるスカンジナビア半島の南部とほぼ同緯度に位置しています。


なるほど、だから夏の日が長いのもうなずけます。時間だけを考えると、どうしてまたこんな時間にと思ってしまうのですが、何しろ外はまだ昼間の明るさなので、イギリスの住宅地の通りには夜の9時をすぎても小さな子供たちが遊んでいる元気な声がこだましています。それでも、その後、夕闇がせまってきて通りに街灯がともるころになると子供たちの姿も声も消え、ひっそりと静まった通りに夜の帳(とばり)がおりてくるのです。


ですが、その正確な時間についてこれまで確認したことのなかったわたし、ふと思いたち、夏至の日(2008年6月21日)の夜空を観察してみることにしたのでした。ちなみに、夏至の日のロンドンの日の出は4時43分、日没は21時22分でした。ちょうど今、サッカー欧州選手権(ユーロ2008)がオーストリアとスイスで開催中ですが、イギリスの日没時にはまだわが家の外は明るいのですが、テレビ画面に映し出されているサッカースタジアムにはこうこうとライトがともり、ナイター試合となっています。イギリスとヨーロッパ大陸のほとんどの国々との時差は1時間なのですが、その明るさの差はたったの1時間ではないような感じです。


夏至の夜、イギリス時間の夜10時をすぎて西に面するわが家の庭に出てみました。わが家のある北東イングランドの日中の最高気温の予想は13℃。お昼から雨となり、その後終日の雨となってどんよりと暗い1日だったものの、夜の10時では、まだほんのりと空に明るさが残っていました。


P1010705x.jpg 夜の10時の雨雲におおわれた空。プロパティーの撮影時間は、「21:00」になっていますが、カメラの時間設定がサマータイムを採用していないためです。

P1010711x.jpg こちらは、夜の10時半。雨がふっているものの10時の時点では、まだほんのり空に明るさがさしていたのですが、10時半になると霧込んで景色がぼやっとかすんでいます。


P1010716x.jpg そして、夜の11時。10時半でもうこれ以上暗くならないのではと思っていたのですが、11時になるとさらに暗くなりました。


ということは、まあ、11時には、夏至の1日もすっかり暮れおちるのだなとも思われたのでしたが、一方で、厚く空をおおっている雨雲も夜の暮れるのに拍車をかけているにちがいないとも思われるのでした。そこで、スコットランド生まれスコットランド育ちの夫イアンに、夏の空は、いったい何時になったらすっかり闇につつまれるのかと聞いてみたところ、イアンが答えたことには、夏の空がすっかり闇につつまれることはない。空のどこかに太陽の反射のほのあかりが残っているので、夏の空が漆黒(しっこく)の闇に包まれることはないと言うのです。


調べてみると、幸いなことに夏至の日6月21日から6月25日までの日の長さの違いは1分以内なので、夏至の日の翌日にも、もう一度夜の空を観察してみることにしたのでした。


P1010729x.jpg こちら、夜の10時。

P1010740x.jpg 夜の10時半。

P1010746x.jpg そして、夜の11時。


前日の夏至の日と同じくお天気は雨だったものの、雨雲の厚みが薄く、先の画像と比べていただくと同じ時間の空が心持ち明るいのがごらんいただけるかと。


P1010758x.jpg そして、こちらは、夜中の2時半。


残念ながら画像には、ほの明かりも映ってはいませんが、肉眼では、雨にあわくけむる空がぼんやりとかすかな明るみをおびているように見えたのでした。ですが、それがイアンの言うように太陽の反射による明るさなのか。それとも、街灯の明かりのせいなのか。わたしには、判断がつきかねるのでした。そして、さらに、思ったことには、晴れた日の夜ならもっとはっきりとした空の様子を観察できるのではないかということ。そこで、さらに翌日……。


P1010773x.jpg 快晴とはいかないまでも、3度めの正直で夏至からはじめて太陽の顔を拝むことのできた夕べ。午後9時に、太陽の位置はちょうど庭の石塀よりかすかに上のあたり。日没には、まだしばらく時間があります。


P1010782x.jpg 午後10時。雨の日と比べると、やっぱり、ずいぶん明るいです。

P1010799x.jpg 午後10時半。すでに街灯がともってはいるのですが、街灯のあかりは目立ちません。

P1010803x.jpg 午後11時。まだ、しっかりと西の空が青く明るいです。けれども、街灯のあかりが目立ってきました。中天近くに星がひとつ光っているのが確認できました。

P1010813x.jpg 午後11時半。西の空はまだかすかに明るく、肉眼では画像よりさらに明るく見えました。けれども、11時に比べると星の数が増え、空には点々と星がまたたいていました。チカチカと点滅しながら低い空を横切っていくライトは飛行機でした。


P1010815x.jpg 午前12時45分ごろ。前夜の深夜と同じく画像には街灯の光しか写ってはいないのですが、空はまだほんのりとおぼろげな光をふくんでいるのでした。それが、日の光の残光なのか人工のあかりの反映なのかは不明。けれども、これ以上は暗くならない空の東の果てが、もうしばらくするとうっすらと白んでくることになるのは確か……。

以下は、夏至と、その翌日と、さらに翌日の午後10時の中天の空。


P1010707x.jpg 一面雨雲におおわれている夏至の日の午後10時の空。

P1010732x.jpg 雨が降っているものの雲に切れ間のある夏至の翌日の午後10時の空。

P1010788x.jpg 青空に薄雲のただよっている夏至の翌々日の午後10時の空。


それにしても、こうも明るい夜更けの空。イギリスの夏を何回経験しても、どうにも不思議な感じがしてならないのです。そして、そんな異様なまでに明るい夏の空を見あげながら、この明るさを何とかして冬までとっておけないものかなあと思うのです。なぜって、イギリスの冬は、午後の4時にはもうすっかり夜の闇に包まれてしまうんですよね〜。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2008年6月24日
« 前の記事「初夏の森を行けば」へ
»次の記事「好奇心旺盛な牛たち」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/16更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集