海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > ヨークシャーの谷間と丘

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年8月 5日

ヨークシャーの谷間と丘


メール プリント もっと見る

ヨークシャーの谷間と丘

今日は、北イングランドのヨークシャーの西端に位置するヨークシャーデールズ(Yorkshire Dales)にある村マラム(Malham)周辺の散歩をごいっしょできたらと思います。2年前の夏、このマラムの村はずれにある巨大な屏風岩を訪れたのでしたが、そのときはゆっくり歩いている時間がなかったのでした。以来、もう一度マラム(Malham)を訪れたいと思っていたのが、この夏ようやく実現したのでした。と言っても、空はあいにくの雨模様で予定したコースの全長は歩けなかったのですが……。


P1020150x.jpg マラム村の通りには、カフェ、ホテル、B&B(民宿)、ギフトショップが軒をつらねています。


P1020153x.jpg 今年の夏は、とくに雨がちだからなのか。手前のカフェの前には、「泥つきブーツ歓迎」との看板が……。


P1020156x.jpg


P1020157x.jpg


P1020159x.jpg


村の通りをぬけ、まずわたしたち一家がむかったのは、峡谷ゴーデールスカー(Gordale Scar)。
村はずれのキャンプ場の奥に見えてきた丘のすそ野を迂回していくと、


P1020173x.jpg


丘の背後には、まるで虫食い歯のような巨大な空間がぽっかりと口を開いていたのでした。


P1020186x.jpg


ヨークシャーデールズの地盤は石灰岩で洞くつや鍾乳洞も多くライムストーン・カントリーとも呼ばれています。ゴーデールスカーの岩肌もつやつやとした白っぽいライムストーン。その岩肌を水しぶきをあげる滝がどうどうと音をたてて流れ落ちているのでした。


P1020180x.jpg


300万年の歳月をかけて氷河の雪どけ水によってうがたれてできたこの滝、画像では対照物がないので、そのスケールをよくごらんいただけないのですが、高い山のないイングランドでは大きな滝の部類に属します。当初、計画していたウォーキングコースはこの滝のわきの岩場をのぼってイングランドでは1番標高の高い場所にある淡水湖マラムターン(Malham Tarn)に向かうことになっていたのですが、折からの雨で水量が多く、この日は岩場をのぼっていくのは断念しました。そこでウォーキングコースを変更し、このような風景をながめながら2年前の夏に訪れた巨大屏風岩マラムコーブ(Malham Cove)のてっぺんへと向かったのでした。


P1020194x.jpg


こちらがマラムコーブのてっぺん。


P1020192x.jpg 正面奥の丘と手前の丘のあいだにギャップがあるのがごらんいただけるでしょうか。


どんつきまでいって、ギャップから下をのぞきこんでみると……。


P1020206x.jpg 画像にマウスをあてクリックして拡大していただくと、地上の小道に点々と人影があるのがごらんいただけるかと。


眼下のせせらぎは、はるか緑の平原の彼方へと姿をけしていくのでした。


P1020214x.jpg


屏風岩の上では、壁面と同じライムストーンが緑の風景の中に鬼の洗濯岩のような特色のある景観を造りだしています。


P1020220x.jpg この岩の上歩くことができるのですが、雨にぬれているせいでつるつるとすべるのです。


岩場をわたりきると長い石段があってマラムコーブの足もとへおりていけます。2年前に見た巨大屏風岩が目の前に姿をあらわしました。


P1020222x.jpg 直立する岩の上までは、およそ260フィート(80メートル)。


この巨大屏風岩、上から地上を見おろしても目がくらくらだったのですが、見あげてもまたくらくら……。2年前に訪れたときには、この直立する岩にとりついてロッククライミングをしているありんこのようなクライマーの姿があったのですが、この日の壁面は人を寄せつけない固い面持ちでひたすらひっそりとたたずんでいました。


マラムコーブに別れを告げ、村への道を少しくだったところに道しるべがたっていました。


P1020234x.jpg


マラムターンまでは1と4分の3マイルとあったのでしたが、どうやらしとしとと降りつづける雨があがることはない雲ゆき。イングランドで1番の標高を誇る湖を訪れるのはまたの機会にゆずることにして村へと丘の道をくだっていったのでした。その途上、角つき合わせて集(つど)っている牛の群に出くわしました。


P1020230x.jpg もしかしたら、牛たちもこの夏の肌寒くてやるせないお天気の話をしているのかも……。


そして、わたしたち一家、ふもとの村で車に乗り込むと、お天気のいい日にまた来るよと約束してマラムの村に別れを告げたのでした。


今回、ご紹介したマラム(Malham)へのアクセス、詳細については、こちらのサイト でごらんいただけます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2008年8月 5日
« 前の記事「イギリスの田舎歩き、こんなものには要注意!」へ
»次の記事「アルウィントンの丘歩き」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/23更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集