海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > スコットランドの古戦場カローデン

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年9月13日

スコットランドの古戦場カローデン


メール プリント もっと見る

スコットランドの古戦場カローデン

今日は、スコットランドの山岳地帯ハイランド唯一の都市インバネスから東へ8キロの距離にある古戦場カローデン(Culloden)を訪ねて、前々回 、ご紹介した美貌の王子ボニー・プリンス・チャーリーのその後をおとどけします。


CharlesEdwardLouisx.jpg 1688年の名誉革命でイギリスの王位と国を追われたジェームズ2世の孫にあたるローマ生まれのチャールズ・エドワード・ステュアート(Charles Edward Stuart)は、「ボニー・プリンス・チャーリー(うるわしのチャーリー王子 Bonnie Prince Charlie)」との愛称で親しまれ、1745年8月19日、弱冠24歳のときに、祖父ジェームズ2世の嫡男の血すじをイギリスの正式な王として支持するジャコバイト(Jacobite そのほどんどは、スコットランドのハイランドの氏族でした) に迎えられ、イギリス王位収奪をくわだててフランスからスコットランドのグレンフィナンに上陸したのでした。


その後、ボニー・プリンス・チャーリーはジャコバイトの兵士たちを率いてスコットランドを南下し、首都エディンバラ、さらにイングランド内部へと破竹の勢いで攻めのぼっていったのでしたが、じょじょに形成は逆転し、イギリス政府軍が優勢にたつとスコットランドへの敗退を余儀なくされました。


The_Battle_of_Cullodenx.jpg そして、1746年4月16日、イギリス政府軍との雌雄(しゆう)を決するカローデンの戦い(The Battle of Culloden)が火ぶたを切ったのでした。


こちらが、戦場となったカローデンの原野の現在……。


P1020571x.jpg


カローデンの古戦場は、スコットランドの自然史跡保護団体ナショナルトラストによって管理されています。そのビジターセンター内には、カローデンの戦いの資料が展示され、ガイドツアーやサテライトナビゲーションによる古戦場の案内も行われています。


P1020568x.jpg こちら、ビジターセンター。


P1020549x.jpg ビジターセンターで借りたサテライトナビゲーションの装置。


P1020550x.jpg 画面の番号にしたがって歩いていると、それぞれの番号の地点に達するごとに自動的にその場での戦いの状況説明がはじまります。


ボニー・プリンス・チャーリー率いるジャコバイト軍は武器や装備も十分ではなく、総勢5400人。それに対して、カンバーランド公爵(Duke of Cumberland)率いるイギリス政府軍は、強力な大砲を擁する総勢8800人。その中には、ジャコバイト軍の同胞ハイランドの氏族キャンベル一族の兵士たちもふくまれていたのでした。


Cumberland-Reynolds.jpg 武勇でその名を知られていたイギリス政府軍の総大将カンバーランド公爵。この肖像画はいささかお年をめされていますが、カローデンの戦いのときには、ボニー・プリンス・チャーリーが25歳。このカンバーランド公爵は、戦いの前日に誕生日を迎えた27歳でした。


開始から30分で700人ものジャコバイト兵士が政府軍の刃に倒れ、戦いの趨勢(すうせい)は決し、わずか1時間で戦いは終結しました。政府軍の死者は52人でしたが、1200人のジャコバイト兵士が命を落としました。戦いに勝利したカンバーランド公爵は、ジャコバイト軍が降伏してもなお負傷兵の殺戮(さつりく)を続け、カローデンの野はジャコバイトの兵士たちの血で赤くそめられたのでした。


この残虐な殺戮により、その後、カンバーランド公爵は、「ブッチャー(Butcher屠殺屋、肉屋)」の異名をさずけられることになります。また、カローデンの野には、戦死したジャコバイト兵たちの氏族ごとの墓石が建てられました。以下は、その一部です。


P1020554x.jpg P1020555x.jpg P1020558x.jpg P1020557x.jpg


こちらは、ジャコバイト兵の慰霊碑。


P1020559x.jpg


コローデンの戦いの当時からこの地にあって負傷兵が運ばれてきたと言われているコテージ。1912年までこの古戦場を訪れる人のガイドをしていた女性の住居となっていました。


P1020567x.jpg


このように多くのジャコバイト兵たちが命を落としたカローデンの戦いでしたが、ジャコバイト軍を率いたボニー・プリンス・チャーリーは命からがら戦場を逃れ、その後、政府軍の追跡をかわしてハイランドを何か月にもわたって敗走することになるのでした。


flora1a.jpg そのボニー・プリンス・チャーリーに救いの手をさしのべたのが、こちらの女性。のちにジャコバイトのヒロインと呼ばれるフローラ・マクドナルド(Flora MacDonald)。


フローラ・マクドナルドは機転のきく女性であったにちがいありません。見目うるわしいボニー・プリンス・チャーリーに女装させ、自分の侍女をよそおわせて政府軍の追っ手の目をあざむいてスコットランド本島からスカイ島へわたるボートに乗せたのでした。このときのエピソードは、「スカイ・ボート・ソング(Skye Boat Song)」と題する歌に歌われています。


フローラ・マクドナルドのはからいによってスカイ島に逃れたボニー・プリンス・チャーリーはスカイ島からフランスへ救出され、2度とイギリスの地を踏むことはありませんでした。フローラ・マクドナルドはボニー・プリンス・チャーリーの逃亡に手を貸した罪を問われ、2年にわたってロンドン塔に幽閉されることになります。一方、ボニー・プリンス・チャーリーも幸福な後半生には恵まれず、アルコール依存症をわずらうなど不遇な晩年をすごし、ローマで67年の生涯を閉じたのでした。


ボニー・プリンス・チャーリーがイギリス王位につくことはなく、思えばイギリスの地ですごした期間もわずか1年ほどだったのでした。にもかかわらず、今でもスコットランドの地で慕われ続けているのは、高貴な血とたぐいまれな容貌をさずけられた王子のドラマチックなエピソードのゆえなのか。それとも、スコットランドの人々が自国のたどってきた歴史の悲哀を王子の生涯に重ねてみるからなのでしょうか。


古戦場カローデン(Culloden)のサイト

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2008年9月13日
« 前の記事「「ハリー・ポッター」の蒸気機関車の旅」へ
»次の記事「公爵一家の居城のある町インバレリー」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/24更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集