海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > ドールハウスのお屋敷ウォーリントン

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年10月 4日

ドールハウスのお屋敷ウォーリントン


メール プリント もっと見る

ドールハウスのお屋敷ウォーリントン

北イングランドのノーサンバランド州(Northumberland)の州都モーペス(Morpeth)からそう遠くないカントリーサイドに、地元の旧家ブラケット(Blackett)家、および、トレベリアン(Trevelyan)家のお屋敷ウォーリントン(Wallington)があります。


P1040426x.jpg

P1040424x.jpg


完成は、1688年にさかのぼるこの古いお屋敷、外観はいささかいかめしげでいかつい印象を受けるのですが、一歩お屋敷内に足を踏みこむと、女性的であたたかな雰囲気が来訪者を迎えてくれます。それは、もしかすると、古いお屋敷やお城の入り口を入ったあたりには武器や狩猟用の銃などぶっそうなものが壁の高みから来訪者を見おろしていることが多いのに対して、このお屋敷では、陳列棚にならぶ数々の繊細なつくりと色合いの陶磁器たちが出迎えてくれるからなのかもしれません。


P1040400x.jpg


エントランスに続くダイニング、高い天井の凝った石こう細工に目をうばわれる客間、そして、図書室、書斎をぬけると、お屋敷の中央に位置する大広間は最階上の天井までの吹きぬけになっていて回廊と赤い絨毯のしかれたつづら折りの階段、色彩豊かな壁画にかこまれています。


宮殿の大広間のように巨大でも豪華絢爛というわけでもないのですが、石造りにもかかわらず居心地のよい温かな雰囲気につつまれたこの大広間、お屋敷内は撮影禁止で画像でごらんいただけないのが残念です。ですが、何が残念かって、この大広間からキッチンへ向かうローカ沿いにあるドールハウスの部屋を画像でご紹介できないのはもっと残念です。


大きな部屋全体が数々のアンティークドールハウスで埋めつくされているのです。部屋の中央には、タタミ2〜3畳敷きはあろうかという巨大なドールハウスもあって、微にいり細に入り工夫のこらされた手作りのドールハウスの内装や調度をながめていると時間のたつのも忘れてしまうほど。ドールハウスファンの方はもちろんですが、そうではない方も、このコレクションは一見の価値ありです!


2階には、ベッドルームや子供部屋、手のこんだ刺繍(ししゅう)が壁面を飾っている「お針仕事の部屋」と名づけられた部屋があり、その部屋の内部や外の壁にも、花々をあしらったデザインの石こう細工の飾りがほどこされていてたおやかで繊細な雰囲気がただよっています。これらの内装が行われた当時のこのお屋敷の奥方のセンスはなかなかのもので、お屋敷内の随所にその気品あるセンスが反映されているように感じられるのでした。


P1040379x.jpg お屋敷の庭も、また均整や調和のとれた繊細さを感じさせる造りになっています。


P1040362x.jpg 壁にかこまれたウォールドガーデンの中には、年中花々の咲きほこっている温室もあります。


P1040376x.jpg ウォールドガーデンをぬけると、せせら沿いの散歩道がお屋敷の敷地内にのびていて、ウッドランドウォークを楽しむこともできます。やがて小道はが再びお屋敷のそばまでもどってくると、お屋敷の正面の庭やコートヤードで、「カントリーハウス・ウィークエンド(Country House Weekend)」と名づけられたイベントがはじまっていました。


P1040440x.jpg このイベント、1920年代のお屋敷のようすを再現し、当時の生活を体験してみようというもので、開催期間は、9月20日から10月5日の土曜日と日曜日。この日は、屋外の芝の上で楽しまれていたスポーツやゲームが行われていました。


P1040433x.jpg テニスや、日本のゲートボールのもとになったクローケー(Croquet)などの球技。


P1040434x.jpg 「スネイクス&ラダーズ(Snakes & Ladders)」と呼ばれる西洋すごろくの巨大版。


P1040438x.jpg コートヤードでは、魚釣り。画面中央わずかに左手で男の子相手に釣り針の投げ方のレッスンが行われていました。見にくい場合は、画像をクリックしていただくと拡大画像になります。


P1040441x.jpg こちらでは、自転車乗りも……。


去年、クリスマスのイベントのときに訪れたときには、特別に一部の部屋は公開になっていたのですが、お屋敷が公開されているのは春から秋にかけての午後だけです。以下のサイトで詳細をご確認のうえお出かけください。また、去年のクリスマスのイベントのようすは、個人ブログのこちらこちら のページでご紹介しています。よかったら合わせてごらんください。


ウォーリントン(Wallington)のサイト

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 見所・観光・定番スポット
2008年10月 4日
« 前の記事「宝冠をいただく港町オーバン」へ
»次の記事「愉快なハーフマラソン「グレート・ノース・ラン」」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/19更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集