海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > スコットランドの名城スターリング城

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年1月 6日

スコットランドの名城スターリング城


メール プリント もっと見る

スコットランドの名城スターリング城

スコットランドの首都エディンバラとスコットランド最大の都市グラスゴーを結んだまん中よりわずかに北寄りに、スコットランドの都市の中では一番小さい都市スターリング(Stirling)があります。スターリングは都市のサイズとしては小さいものの、背後に山岳地帯ハイランド(Highlands)を擁し、スコットランドとイングランドとの攻防の歴史の中で戦略的に重要な位置を占めてきました。今日は、そのスターリングの小高い丘の上に建つスターリング城(Stirling Castle)の見物をごいっしょできたらと思います。


IMG_1600x.jpg


スターリング城は、エディンバラ城同様切り立った断崖上に建っており、足もとのスターリングの街から遠くはハイランドの山なみまでを眺望できます。お城の前に建っている像は、イングランドからスコットランドの独立を奪回した14世紀初頭のスコットランド王ロバート・ザ・ブルース(Robert the Bruce 在位1306–1329)。


P1050036x.jpg


P1050033x.jpg ちなみに、ロバート・ザ・ブルース、スコットランド王としての名前は、ロバート1世(Robert I)。


実は、この王様、スターリング城を築いた方ではなくて、むしろ、その逆。イングランドからスターリング城を奪還すると、将来、二度とこの城がイングランドによるスコットランド支配の拠点とならないように破壊してしまったのでした。その後、15世紀の後半から16世紀前半にかけて現存するスターリング城を築きなおしたのは、この王様の血を引くスコットランドの王家スチュアート朝のジェームズ4世と5世、メアリー女王、そして、ジェームズ6世だったのでした。


2つの城門をくぐると、城郭の内側に中庭を囲むようにしてスターリング城を構成する建物が建ちならんでいます。まずは、内側の城門をくぐってすぐの壮麗な建物は王宮(Royal Palace)。2011年完成をめどに現在修復中で、残念ながら内部の見学はできません。


P1050096x.jpg


そのとなりにある戦時博物館(Regimental Museum)。近代から現代にかけての戦争にゆかりのある武器、勲章等の品々、文書、写真などが展示されています。


P1050113x.jpg


そのお隣は、スターリング城の築城当初より礼拝の場となってきたと考えられているチャペル・ロイヤル(Chapel Royal)。


P1050116x.jpg  P1050125x.jpg


壁には大きなタペストリーがかけられていて、城の後方に位置するタペストリースタジオでは、実際にタペストリーの織られている現場を見学できます。なんと職工さんは日本の方でした。


チャペル・ロイヤルに続いて建っているのは、盛大な祝宴が催されたグレートホール(Great Hall)。スコットランドで建設された最大の大広間。


IMG_1603x.jpg  IMG_1618x.jpg


P1050141x.jpg  IMG_1629x.jpg


さらに、グレートホールのわきには、祝宴に饗される料理が準備されたグレートキッチン(Great Kitchen)があります。その内部には、当時のキッチン内の様子を伝える興味深い展示がしてあって、数あるスターリング城の展示物の中でも見どころとなっています。


P1050148x.jpg


P1050150x.jpg  P1050151x.jpg
P1050167x.jpg  P1050161x.jpg


庭と屋外のボーリング場に面する展示会場(The Castle Exhibition)には、スターリング城の歴史が詳しく解説されているほか、


P1050044x.jpg 日本語を含む5ヶ国語のオーディオガイド(画像を拡大して看板の日本語表現にご注目)や


P1050088x.jpg ユニークなガイドさんの英語のガイドツアーもあります。


城内を一巡するだけでも、2、3時間は欲しいスターリング城ですが、実は城内以外にも見て回りたい場所があります。それは、高台の城から街へ向かう途中に建っている貴族のお屋敷アーガイルズ・ロッジング(Argyll’s Lodging)。次回は、このアーガイルズ・ロッジング(Argyll’s Lodging)のもようをお伝えします。


2009年1月現在のスターリング城の駐車料金は2ポンド。入場料金は大人8.32ポンド、小人4.16ポンドですが、料金は変更になる場合があるので、随時、以下のスターリング城のサイトでご確認ください。


スターリング城(Stirling Castle)のサイト

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2009年1月 6日
« 前の記事「ケンダルで見つけた湖水地方名物 2」へ
»次の記事「17世紀の貴族のお屋敷アーガイルズ・ロッジング」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    イギリスの田舎をドライブしていると
    パブリックフットパスを歩いてみよう 3
    パブリックフットパスを歩いてみよう 2
    パブリックフットパスを歩いてみよう 1

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/22更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集