海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > 古き良き時代の旅情ただようバー&カフェ

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年4月 9日

古き良き時代の旅情ただようバー&カフェ


メール プリント もっと見る

古き良き時代の旅情ただようバー&カフェ

「中央駅に素敵なカフェがあるの知ってる?」という友人の問いに、長年住み慣れた街の駅に素敵なカフェなんてあったかなと首をひねったわたし。「昔の待合室を使っていて落ち着いたいい雰囲気なのよねえ」しかも、去年のベスト・バーにも選ばれているというので、早速、そのバー&カフェ「センチュリオン(Centurion)」に足を運んでみたのでありました。


P7120080x.jpg


「センチュリオン」があるのは、イングランド最北端の都市ニューキャッスル・アポン・タイン(Newcastle upon Tyne)の玄関口ニューキャッスル中央駅(Newcastle Central Station)。ニューキャッスルは、イングランドとスコットランドの首都を結ぶ主要幹線イーストコースト本線(East Coast Main Line)上に位置し、ロンドンから北へ3時間、エディンバラまでは1時間半の距離にあります。


P7050219x.jpg


ニューキャッスル中央駅は1850年に完成し、開業式はビクトリア女王の臨席を仰いでとり行なわれました。その当時から今も現役でロンドンからの電車を中央駅に運び込んでくるのは、蒸気機関車の父ジョージ・スティーブンソンの息子ロバート・スティーブンソンの設計によるハイレベル・ブリッジ(High Level Bridge)。


P7050129x.jpg


近郊の村出身のジョージ・スティーブンソンは、息子ロバートと共同経営の鉄道会社をニューキャッスルで営み、イギリス国内のみならず、日本を含む海外にも蒸気機関車を輸出していたのでした。


P7050205x.jpg ニューキャッスル中央駅の外に建つジョージ・スティーブンソンの像。


ニューキャッスル中央駅を出た電車は、「ニューキャッスル(Newcastle)」という地名の元になった「ニュー・キャッスル(New Castle)」の天守閣キャッスル・キープ(Castle Keep)のわきをかすめてスコットランドの首都エディンバラへと向かいます。


P7050108z.jpg


さて、駅舎にあるバー&カフェ「センチュリオン」の入り口をくぐってみると、


P1060448x.jpg


ギャラリーか博物館にでも足を踏み入れたかのようなゆったりとした空間が迎え入れてくれました。この奥に駅の構内の雑踏があるのだとは想像できないほどの静けさ。


P1060424x.jpg


片側には、バーカウンター。


P1060441x.jpg


そして、天井の中央の天窓からは柔らかな光がふり注いで……。


P1060429z.jpg


かつては一等車の乗客用のラウンジとして使われていただけあって、内装は細部まで凝った造りになっています。ふんだんに施されたタイル細工には時の流れによって磨きこまれたかのような重厚であたたかな味わいが感じられます。


P1060446x.jpg P1060445x.jpg


P1060442x.jpg P1060444x.jpg


心地よいソファ席に腰を落ちつけ、ティーカップを片手にくつろいでいると、ガランとしていた室内にいつしか旅人たちの姿と話し声が満ちていました。


P1060428x.jpg


ニューキャッスル中央駅には、ロンドンからエディンバラからおのおの30分に1本ずつの割合で電車が発着し、ブリテン島を横断してカーライルに向かう路線をはじめとするローカル線や地下鉄も乗り入れています。


P1060435x.jpg


入ってきたのとは反対側、駅の構内側への「センチュリオン」の出口を出ると、目の前がチケットオフィス。


P1060439x.jpg


さらに、その向こうはプラットホームになっています。


P6140008x.jpg


つまり、改札口はないのです。オープンチケットを持っていれば、途中下車はしたい放題。ロンドン・エディンバラ間のイーストコースト本線でご旅行の際、時間的なゆとりがあれば、ぜひニューキャッスル中央駅の駅舎のバー&カフェ「センチュリオン」に立ち寄ってみてくださいね。古き良き時代の鉄道の旅の雰囲気が味わっていただけることと思います。軽食メニューもあるのでランチもできますよ。


P7120128x.jpg こちらは、記事の最初でご紹介したニューキャッスル中央駅の中央正面の入り口を入ったところ。


実は、ニューキャッスル中央駅の駅舎自体もイギリスの文化財の第一級建造物に指定されているのですが、駅の周辺にも、先にご紹介したキャッスル・キープのほか、聖ニコラス大聖堂や、街まで足を伸ばせば、紅茶の名前でおなじみの地元出身の首相アールグレーのモニュメントなど歩いていける範囲内で見所も数々あります。「センチュリオン」でランチかお茶をしたあと、辺りを見物してみようと思われる場合には、駅の構内には手荷物預かり所もあるので便利です。


P6140009x.jpg


さらに北へスコットランドまで旅を続けられる場合は、ニューキャッスル中央駅を出てしばらくすると、右手の車窓に海辺の景色が広がりはじめます。海岸沿いに建つ古城や、お天気のよい日には青くきらめく北海の海原がごらんになれます。ではでは、イギリスの鉄道の旅がお天気に恵まれた思い出に残る旅になりますように……。


ニューキャッスル中央駅にあるバー&カフェ「センチュリオン(Centurion)のサイト

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2009年4月 9日
« 前の記事「ベルセイ城とベルセイホール&ガーデン」へ
»次の記事「春がほころぶイースター(復活祭)の野原で」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    イギリス流アロマセラピー 1
    ナローボートで運河をクルージング
    ちょっと豪華に古いお城に泊まってみるのも
    田舎のコテージに泊まってみては?

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集