海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > イギリスのファーストフード「フィッシュ&チップス」

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年6月 8日

イギリスのファーストフード「フィッシュ&チップス」


メール プリント もっと見る

イギリスのファーストフード「フィッシュ&チップス」

「地球の歩き方」海外特派員ブログに、月ごとのお題が設けられることになりました。今月6月のお題は「ファーストフード」。イギリスの街にも、世界各地でおなじみのファーストフードの店があります。


P1090155x.jpg


P1090156x.jpg


P1090157x.jpg


でも、やっぱり、イギリスの伝統的なファーストフードと言えば、フィッシュ&チップス(Fish & Chips)。今日は、世界のファーストフードの中でも、おそらく一番歴史が古いイギリス庶民の味フィッシュ&チップスをご紹介します。


P5270011x.jpg


上の画像のお店は両方なのですが、フィッシュ&チップス専門のレストランもあれば、「チッピー(Chippy)」という愛称で親しまれているテイクアェイのお店もあります。レストランでも、テイクアェイのお店でも、パブなどでも、それぞれの店の定休日以外は何曜日だろうと食べたい日に注文できるのですが、キリスト教の教えでは金曜日の肉食は禁じられていたので、伝統的には金曜日がフィッシュ&チップスを食べる日とされていました。


P5270017x.jpg


フィッシュ&チップスのフィッシュの材料は、コッド(cod)やハドック(haddock)と呼ばれるタラ科の魚。手のひら大か、それ以上もボリュームのある肉厚の白身魚にバター(batter)と呼ばれる天ぷら衣をつけ、揚げ油をはった水槽タンクのような天ぷらナベで豪快に揚げたものがフィッシュ。タラのほかにヒラメやカレイの類をおいている店もあります。つまりは、白身魚の巨大天ぷらなのですが、日本の天ぷらと違っているのは、そのサイズだけではありません。揚げ油は、牛脂など動物性の油脂と菜種油の混合。動物性油の方がコクがあって味がいいからなのです。ですが、健康志向の高まってきた近年は、植物油100%で揚げている店もあります。


フィッシュ&チップスのチップスの方は、指くらいの太さのあるボリュームたっぷりのフライドポテト。ちなみに、イギリスでは日本のポテトチップスはクリスプス(Crisps)と呼ばれていて、チップスと言えば、この極太のフライドポテトってことになってます。フィッシュ&チップスは、必ずしもいっしょに注文する必要はなく、フィッシュだけ、チップスだけでも注文できます。また、フィッシュ&チップスのレストランやテイクアェイのメニューには、フィッシュのほかに、ミンチ肉の代わりに魚が入っているコロッケのようなフィッシュケーキ(Fish Cake)、小エビ(または、ロブスターの尾)にパン粉の衣がつけて揚げてあるスカンピ(Scampi)、ソーセージやパイなどもあります。


P5270024x.jpg


画像には添えられていませんが、フィッシュ&チップスには、マロファットピーズ(marrowfat peas)と呼ばれる大粒のグリンピースを煮つぶし、少量の塩、砂糖、ときにはミントも加えて調味したものを添えて食べられることもあります。日本人にとっては、甘みのないゆるいうぐいすあんって感じのこの付け合せ、マッシーピーズ(mushy peas)と呼ばれています。


P5270029x.jpg
フィッシュ&チップスになくてはならない調味料は、麦芽を原料とする穀物酢モルトビネガー(malt vinegar)です。この褐色のお酢をパシャパシャとふりかけた上に、塩をパラパラとふりまいて食べるのです。


街かどを歩いていて、モルトビネガーと揚げ油が絶妙に混じり合った胃袋の底をくすぐられるような何とも言えない匂いがぷ〜んと漂ってきたと思ったら、テイクアェイのお店でフィッシュ&チップスを買い求めた人の姿が……。


P1070300x.jpg


包装はこのようなケースのほか、新聞紙に包んでくれたり、紙の箱の場合も。最近は、プラスティックのフォークをつけてくれる店もあるのですが、テイクアェイのフィッシュ&チップスと言えば、カップアイスについている平たい木のスプーンに1本切れ込みが入って先割れになったものが定番。実は、いささか食べづらいのですが、やっぱり、この先割れスプーンでないとテイクアェイのフィッシュ&チップスを食べているという感じがしないのです。


ところで、フィッシュ&チップス、スコットランドでは、「フィッシュ・サパー(Fish Supper)」と呼ばれています (「サパー」というのは、「チップス添え」という意味) 。イングランドでは、日本の英語の授業で習ったように「サパー(supper)」と言えば、「夜食」って意味なんですけどね。どのくらいのスコットランド人が夜食にフィッシュ・サパーを食べているのかは不明ですが、いやあ、それにしても、フィッシュ&チップスを夜食には、ちょっとヘビーすぎるような気がするんですけどねえ〜。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2009年6月 8日
« 前の記事「古代ローマ遺跡ハドリアヌスの長城」へ
»次の記事「古代ローマ帝国のお風呂チェスターズ」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    イギリスの夏至の夜空のミステリー
    初夏の森を行けば
    初夏の野原を行けば
    今に生きるビクトリア朝の暖炉

    イギリス ツアー最安値


    2017/12/15更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集