海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > リンリスゴー宮殿、イングランドとスコットランドの婚...

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年7月15日

リンリスゴー宮殿、イングランドとスコットランドの婚礼パーティー 3


メール プリント もっと見る

リンリスゴー宮殿、イングランドとスコットランドの婚礼パーティー 3

今は、廃墟となっているリンリスゴー宮殿ですが、要塞として使われたこともある堅固な外観は当時の威容を伝えています。


2-1x.jpg


入り口をくぐると、四方を高い外壁に取り囲まれた広大な中庭に出ます。この中庭を見おろすようにして宮殿内の各部屋がならんでいるのです。


P1080302x.jpg


この中庭をはじめ、宮殿内のあちこちで婚礼パーティーの催し物が見学できるのですが、まずは、中庭をとりまいて築かれている宮殿内をひと回りしてみることにしました。宮殿の四方にある石の螺旋(らせん)階段をぐるぐる回ってのぼっていくうちに方向がよくわからなくなったり、行き止まりに出てしまったり……。行きつ戻りつしながら、階ごとに迷路のようにはりめぐらされている回廊を行くのは、ちょっとした探検気分です。


大広間から何やら軽快でにぎやかな音楽が聞こえてきたと思ったら、お祝いの踊りがはじまっていました。


P1080306x.jpg


階上から踊りを見物したあと、ベッドチェインバーと呼ばれる寝室のならぶ棟に行ってみると、宮廷のエチケット教室が開かれていました。レディーの礼の仕方を習っている女の子。


IMG_0842x.jpg


P1080315x.jpg


今度は、ご馳走のいい匂いがただよってくるなあ〜っと思って、その方向へ向かってみると、宮廷料理を実際に実演調理している大きなキッチンが人でごった返していました。


P1080324x.jpg これら、作り物ではなく本物のお料理。


P1080330x.jpg 先ほどのいい匂いのもとは、こちらのキジのロースト。まな板の上にのっているのは、焼きたてほやほや。


IMG_0849x.jpg こちらでは、パイを製作中。


P1080333x.jpg デザートのお菓子作り。


P1080326x.jpg お菓子の材料は、細工のしやすい粉砂糖やアーモンドの粉を練ったマジパンのもよう。


そろそろ大広間で祝宴がはじまるというので大広間へ駆けつけたところ、王族、貴族の方々が大広間にお出ましになり、祝宴のテーブルにおつきになりました。そこへ運ばれてきたのは、先ほどキッチンで調理されていた料理の数々。


P1080375x.jpg


祝宴のテーブルについていらっしゃるみなさんは、ほんとうにパクパク。まあ、なんていい役回りなんでしょう〜。そのうち、小躍りしたくなるような笛や太鼓の楽曲にのって曲芸師が現われたかと思うと、余興がはじまりました。


IMG_0890x.jpg 曲芸師がコマを空高く投げあげるごとに、周囲の見物客の子供たちからは、「もっと高く〜! もっと高く〜!」と大きな歓声があがるのです。


ご馳走でお腹を満たしたあとは、王族貴族のみなさん方、中庭にお出ましになりました。


P1080339x.jpg


このとき、わたしもまぢかで謁見をたまわることができたもので、これをチャンスとばかりにカメラのシャッターを……。


P1080354x.jpg 凛々しい王様と見目麗(うるわ)しい王妃様ですね〜。


その後も、中庭での催し物や王族貴族の方々と見物客の歓談はつづいたようなのですが、わたしたちは、まだ見ていないワイン貯蔵庫へと向かいました。暗い半地下になったワイン貯蔵庫は空っぽだったのですが、その手前の薄暗い個室には、何やらいかめしい面持ちの小道具の数々がならんでいて老齢の錬金術師の講義が行なわれていたのでした。


IMG_0894x.jpg


講義のあとは、魔法の粉が炎を吹き上げる実験。その瞬間をとらえたのですが、残念ながら炎の方はカメラには写っていませんでした。


P1080391x.jpg


これで宮殿は一応ひと回りし、そろそろ時間も押し詰まってきたのですが、最後に、もうひとつ訪れておかねばならない場所があります。それは、宮殿に隣接して建つ聖マイケル・パーリッシュ教会(St Michael's Parish Church)。


IMG_0895x.jpg


その内部……。


IMG_0899x.jpg


色彩のあでやかさに見物客のみなさん、だれもが立ち止まって見あげ、カメラを向けていらっしゃったのが、こちらのステンドグラス。


IMG_0901x.jpg


こうして何をとっても見ごたえじゅうぶんのイングランドとスコットランドの婚礼パーティーをたっぷりと楽しんでリンリスゴー宮殿をあとにしたわたしたち一家なのでありました。めでたし、めでたし……。


と言いたいところなのですが、最後にちょっとだけ申し添えておくことがあります。このリンリスゴー宮殿のふだんの入場料金は、5.20ポンド(2009年現在)なのですが、今回のイベント当日の入場料金は12ポンドでした。というわけで、観光アトラクションのイベントには別料金が設定されている場合もあるので、要注意! でも、まあ、今回の王家の婚礼パーティーはそれだけの価値はあったのですけれどね。わたしたち一家が訪れたリンリスゴー宮殿の詳細については、以下のサイトをごらんください。


リンリスゴー宮殿(Linlithgow Palace)のサイト

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2009年7月15日
« 前の記事「リンリスゴー宮殿、イングランドとスコットランドの婚礼パーティー 2」へ
»次の記事「スコットランドで1番有名な橋と橋「フォース・ブリッジ」」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    イギリスの田舎歩き、こんなものには要注意!
    街の公園散策ローズガーデンとリス
    現代の暖炉を求めて
    好奇心旺盛な牛たち

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集