海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > スコットランドで1番有名な橋と橋「フォース・ブリッ...

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年7月31日

スコットランドで1番有名な橋と橋「フォース・ブリッジ」


メール プリント もっと見る

スコットランドで1番有名な橋と橋「フォース・ブリッジ」

スコットランドの首都エディンバラの北に横たわるフォース湾(Firth of Forth)に、スコットランドで1番有名な2本の橋がかかっています。どちらの橋も、エディンバラの北西、ノース・クィーンズフェリー(North Queensferry)とサウス・クィーンズフェリー(South Queensferry)の間にかけられていて、エディンバラとゴルフ発祥地として有名なセントアンドリューズ(St. Andrews)やダンディー(Dundee)、パース(Perth)などを最短距離で結んでいます。


IMG_1033x.jpg


2本とも、フォース湾にかかっているので、「フォース・ブリッジィズ(Forth Bridges)」と総称されるのですが、電車を通過させる鉄道橋の方は、「フォース・ブリッジ(Forth Bridge)」または、「フォース・レイル(ウェイ)・ブリッジ(Forth Rail(way) Bridge)」と呼ばれ、車を通す道路橋の方は、「フォース・ロード・ブリッジ(Forth Road Bridge)」と呼ばれています。


まずは、鉄道橋の「フォース・レイル(ウェイ)・ブリッジ」。


IMG_1048x.jpg


1890年に完成。全長2,530m。強風に耐える堅固な構造の特徴的なデザインで知られ、建設当時は、同じ工法の橋の中では世界最長でした。そして、建設後100年以上たった今でも現役。とは言え、もちろん、時には修理も必要なわけですね。


IMG_1044x.jpg


この「フォース・レイル(ウェイ)・ブリッジ」にまつわるお話。その昔、汽車でフォース・ブリッジを通過中にフォース湾にコインを投げ入れると幸運を招くと言われていました。そこでフォース・ブリッジにさしかかると、汽車の旅客たちは窓からこぞってコインを投げたのだそうです。ですが、その旅客たちの多くは気が早すぎたために、コインは湾の手前の家々の庭に落下。そこで、地元の子供たちは喜びいさんで、それらのコインを拾い集めました。車窓から投げられたコインは、地元の子供たちにとって、まさに幸運のコインとなっていたというわけなのですね。


お次は、車や人の通る「フォース・ロード・ブリッジ」。徒歩でも渡れます。


IMG_1047x.jpg


1964年に完成。全長2,512 m。完成当時は、ヨーロッパ最長のつり橋でした。この「フォース・ロード・ブリッジ」には通行料金が課されていたのですが、去年2月11日から無料で通行できるようになりました。スコットランドでは、まるで時代に逆行するかのようなこのような現象が起こることがあるのです。スコットランド本島とスカイ島(Isle of Skye)とのあいだにかかっているスカイ・ブリッジ(Skye Bridge)も、かつては通行料を課されていたのですが、今は、無料になっています。


P1080832x.jpg


人々の暮らしに不可欠なものに料金を課すのはおかしいという意見の盛り上がりから成し遂げられた偉業なのではと思うのですが、それにしては、「フォース・レイル(ウェイ)・ブリッジ」の橋のたもとにあったたった1つきりの無人公衆トイレはコインを投入しないとドアが開かない有料トイレだったのでした。ちなみに、使用料金は、30ペンス(50円ほど)。


P1080870x.jpg


最後に、「フォース・ブリッジ(Forth Bridge)」に関するジョークを一席。「もし、フォース・ブリッジ(Forth Bridge)が落ちたらどうするんだい?」その答えは、「フィフス・ブリッジ(Fifth Bridge)をかける」。う〜ん。日本語にするのは、ちょっと難しかったかも。「フォース・ブリッジ(Forth Bridge)」は、「フォース・ブリッジ(Fourth Bridge 「4番めの橋」)」とかけられているのです。だから、「4番めの橋」が落ちたら、「5番めの橋(Fifth Bridge)」をかけるさ。って、ジョークなのでした。お後がよろしいようで〜。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2009年7月31日
« 前の記事「リンリスゴー宮殿、イングランドとスコットランドの婚礼パーティー 3」へ
»次の記事「イギリスのバカンスの過ごし方」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    イギリスの田舎歩き、こんなものには要注意!
    街の公園散策ローズガーデンとリス
    現代の暖炉を求めて
    好奇心旺盛な牛たち

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/16更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集