海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > 北東イングランドの伝統楽器ノーサンブリアンパイプ

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年9月17日

北東イングランドの伝統楽器ノーサンブリアンパイプ


メール プリント もっと見る

北東イングランドの伝統楽器ノーサンブリアンパイプ

スコットランドと国境を接するイングランド最北端の州は2つあります。西側が、湖水地方のあるカンブリア(Cumbria)州で、東側がノーサンバーランド(Northumberland)州。ノーサンバーランド州に、隣接する南の地域も合わせた北東イングランド(North East England)は、ノーサンブリア(Northumbria)とも呼ばれます。このノーサンブリア地方に伝わる伝統楽器ノーサンブリアンパイプ(Northumbrian Pipe)の奏者の方々の集まりに出かけてきました。そこで、今回はちょっと趣向を変えて、わたしたち一家が暮らす北東イングランドに伝わる伝統楽器ノーサンブリアンパイプをご紹介しようと思います。


ですが、まずは、こちら……。


P7050028x.jpg


この楽器は何でしょう? と聞かれたら、ほとんどのみなさんが、バグパイプと答えられるのではないでしょうか。その通り! これは、スコットランドの伝統楽器バグパイプです。ウィスキーやネッシーと並んでスコットランド名物となっているので、スコットランドを訪れたことのない方も、テレビや雑誌などで見かけられたことがあるのではと思います。実は、バグパイプの他にも、○○パイプと呼ばれる楽器は数々あって、ノーサンブリアンパイプもそのひとつなのです。


こちらが、全部合わせて、ノーサンブリアンパイプ。


IMG_1344x.jpg


演奏するために、ノーサンブリアンパイプを着装したところ。


IMG_1345x.jpg


先のバグパイプと比べると、どことなく似ていて、どことなく違っているのがごらんいただけるかと。ノーサンブリアンパイプは、ノーサンブリアンスモールパイプ(Northumbrian Smallpipe)とも呼ばれますが、その名の通り、バグパイプと比べると小さめなので女性の奏者の方もいらっしゃいます。


IMG_1350x.jpg


上の画像のノーサンブリアンパイプは、胸元のドローンズ(Drones)と呼ばれるパーツが1本の太い筒状になっていて、先の男性奏者の方の細長い筒状の4本のものとは外見上は異なっていますが、機能は同じ。ドローンズは、主旋律のバックグラウンドで常時コードを流して、主旋律に奥行きと深みを添える役割を果たします。演奏中には触れられません。


IMG_1387x.jpg 主旋律を奏でるのはこちらのチャンター(Chanter)。笛を演奏する要領で穴を指で押さえて音程や音の高さを調節します。


そして、バグパイプ同様、片脇に演奏用の空気をためておく空気の入ったエアバッグ(Air Bag)をかかえているのですが、


IMG_1380x.jpg 布に包まれたエアバッグはゴム製。伝統的には皮製。


バグパイプと構造上最も異なっているのは、もう片脇にかかえている送風器のふいごベローズ(Bellows)があること。形は違いますが、アコーディオンの蛇腹型のものと機能は同じ。ノーサンブリアンパイプのものは、片脇を開けたり締めたりして空気を取り込み、取り込んだ空気をエアバッグに送ります。


IMG_1367x.jpg


バグパイプには送風器ベローズはなく、一番最初のバグパイプの画像でごらんいただいたように口から呼気を吹き込んでエアバッグに空気を溜める仕組みになっています。ノーサンブリアンパイプは肺活量を要求されない代わりに、両脇を同時に使う器用さを要求されそうです。


IMG_1383x.jpg


ノーサンブリアンパイプの名手デイブ・ショー氏(Dave Shaw上の画像)によると、楽器の操作に慣れるのに1年ほどかかり、2年もすれば演奏できるようになるとのこと。ノーサンブリアンパイプのお値段を聞いてみたところ、画像のものは、1,500ポンドほど。ですが、中古でまずまずのものは300ポンドくらいで手に入るとのことでした。(現在、1ポンドは151円)


IMG_1400x.jpg


バグパイプは、音が大きくて甲高いので屋外の演奏に適していますが、ノーサンブリアンパイプは室内演奏に適しています。その音色は、柔らかで哀愁を帯び、演奏中にドローンズから流れているバックグラウンドの音は何重にも重なる薄いヴェールを思わせ、主旋律に奥行きと深みを与えています。


IMG_1419x.jpg


ノーサンブリアンパイプについて、もっと詳しいことを知りたいと思われる場合は、連絡先も記されているデイブさんのホームページを訪れてみてください。(http://www.daveshaw.co.uk/index.html )。また、地元北東イングランド出身のロックミュージシャン、スティングとも共演し、世界的な音楽活動を繰り広げているキャスリン・ティッケル(Kathryn Tickell)のサイト(http://www.kathryntickell.com/ )では、ノーサンブリアンパイプの音色を聞くことができます。トップページを開くと演奏がはじまりますが、画面左下に曲のリストが出てきますので、いくつかクリックして聞き比べてみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2009年9月17日
« 前の記事「イギリスの新型インフルエンザ情報」へ
»次の記事「湖水地方の東、エデンの谷の庭「エイコーン・バンク・ガーデン」」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    宝冠をいただく港町オーバン
    公爵一家の居城のある町インバレリー
    スコットランドの古戦場カローデン
    「ハリー・ポッター」の蒸気機関車の旅

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集