海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > 「蛍の光」で、ハッピー・ニューイヤー!

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年1月 1日

「蛍の光」で、ハッピー・ニューイヤー!


メール プリント もっと見る

「蛍の光」で、ハッピー・ニューイヤー!

明けましておめでとうございます。旧年中は、このブログをご愛読いただきありがとうございました。早いもので、去年の末で、グラスゴー特派員としてこのブログを担当させていただいてから丸2年がたち、今回で、3年めを迎えることができました。今年も、スコットランド、北イングランドの旅の情報や現地の生活についてさまざまな話題をお届けしていきたいと思っています。本年度も、どうぞよろしくお願いいたします。


P1120734x.jpg


イギリスは、日本より9時間遅れて、2010年の新年を迎えました。この画像は、そのときの英国国営放送BBCのテレビ画面です。国会議事堂のビッグベンが鐘の音の響かせ、いよいよ新年の瞬間がやってくると、花火がロンドンの空を彩りました。10分ほどで花火の打ち上げが終わると、テムズ川沿いに花火を見に集まった人々が合唱をはじめたのは、「蛍の光」。日本では、卒業式でおなじみの「蛍の光」が、イギリスでは、新年を迎えるときに演奏される曲だというのはご存じでしょうか。


P1120744x.jpg


実は、わたしは、イギリスで暮らすようになってはじめて知りました。しかも、古い年に別れを告げて新年へということで、「蛍の光」の演奏があって、新年へ向けてのカウントダウンという段取りならまだわかる気がするのです。が、カウントダウンが終わって、いよいよ新年を迎えたあとで、新年を祝う景気のよい花火の打ち上げと共に演奏されたり、歌われたりする「蛍の光」。日本人の感覚としては、違和感を感じずにはいられませんでした。


ですが、「蛍の光」に関する意外な事実は、新年に演奏されたり、歌われたりすることだけではないのです。イギリスでは、スコットランドの古語である原題、「オールド・ラング・ザイン(Auld Lang Syne)」と呼ばれる「蛍の光」、曲はスコットランド民謡であり、歌詞はスコットランドの詩人ロバート・バーンズ(Robert Burns 1759-1796)作であるとされています。


P1120749x.jpg


ところが、実は、「蛍の光」の曲は、スコットランド民謡ではなく、北イングランドのニューキャッスルに隣接する町ゲーツヘッド(Gateshead)生まれのイングランド人の作曲家ウィリアム・シールド(William Shield 1748-1829)によって作曲された曲だったのです(そのことを伝える2009年12月15日のBBC地方局のニュースは、こちら )。その上、歌詞の方も、スコットランドの詩人ロバート・バーンズの作ではなく、バーンズが古くからあった詩を書き写したものなのだそうです。そして、そのことは、ロバート・バーンズ自身も認めていたとのこと(BBCで全国放送されているクイズ番組「QI 」で、2009年12月23日に放送されたこの回 で紹介されていました) 。日本でもおなじみの「蛍の光」にまつわるこれらの意外な事実は、地元イギリスでもあまり知られていないようですよ。


2010年が平安に満ちた年になりますように。みなさまのご健勝とご多幸をお祈りいたします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年1月 1日
« 前の記事「北海の冬の日の出」へ
»次の記事「この冬は、「湖水地方」が「氷地方」に」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    バノックバーンの戦い凱歌はスコットランドに
    英雄たちの塔ウォレス・モニュメント
    17世紀の貴族のお屋敷アーガイルズ・ロッジング
    スコットランドの名城スターリング城

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/21更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集