海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > スコットランドの朝食ポリッジ

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年10月21日

スコットランドの朝食ポリッジ


メール プリント もっと見る

スコットランドの朝食ポリッジ

スコットランドで好んで食べられている朝食にポリッジ(porridge)と呼ばれるオーツ麦(oat)のおかゆがあります。オーツ麦は、日本では、オート麦、カラス麦、燕麦とか、オートミールとも呼ばれています。イギリスでは気候が寒冷なために小麦の育成が難しいスコットランドで多く栽培されているのですが、イギリス国内のスーパーや健康食品店で手軽に手に入ります。シリアルやお菓子の材料としても利用されています。


P1150442x.jpg市販品は、調理しやすいように蒸してローラーつぶしてあり、日本でもおなじみの大麦の押し麦のような感じ。


このオーツ麦に関して、イギリス国内では宿敵であるイングランドとスコットランドおたがいを称するこんな逸話が残されています。英語辞典の編集やシェイクスピアの研究で知られるイングランドの文学者サミュエル・ジョンソン(Samuel Johnson)が言ったことには、「イングランドではオーツ麦と言えば馬の飼料にすぎないが、スコットランドではオーツ麦が人を養う糧となっている」。それに抗弁したスコットランド人に関しては諸説あるようですが、一般的に言われているのは、伝記作家として名高かった法律家ジェイムズ・ボズウェル(James Boswel)。「ごもっとも。だから、イングランドでは馬が優秀で、スコットランドでは人が秀でているのです」。


実際、オーツ麦はたんぱく質、カルシウム、鉄分を多く含み、食物繊維にも富んでいるので、現在では、イングランドでも優良な健康食品と見なされています。糖質の吸収を抑制し、肥満、糖尿病の予防、コレステロール値を下げる働きもあるほか、大腸がんの予防にも有効。お通じを良くするのにも絶大な効果を発揮します。実は、コレステロール値が高いわたしの夫も、半年ほど前から、毎朝、オーツ麦のおかゆポリッジを食べています。ポリッジにはミルクを注いで食べるので、乳製品が苦手はわたしは食べませんが、スコットランドびいきだったビクトリア女王の好物でもあったのだそうです。


電子レンジを使えば、朝の忙しい時間にも、ボウルひとつで手間要らすでポリッジを作ることができます。以下、スコットランドの伝統朝食ポリッジの簡単レシピをご紹介します。


P1150718x.jpg


1.電子レンジで使用OKのボウルに、70gのオーツを入れ、、塩少々と1カップ半ほどの水を注ぐ(このときお好みでバターを加えるとコクがでます)。
2.電子レンジで調理しながら、時々取り出してかき混ぜます。調理時間は、わが家の1000Wの電子レンジで3分間(なのでW数が低い電子レンジの場合はもう少し長時間)。オーツ麦がまんべんなく柔らかくなっていたらOK、なっていなかったら、柔らかくなるまで再び電子レンジへ。
3.食べる前に、お好みの量のミルクを注いで召し上がれ。


P1150501x.jpg


ところで、サミュエル・ジョンソンは、イングランドではオーツ麦は馬のエサだと言いましたが、実は、イングランドでも、オーツ麦のおかゆポリッジは食べられています。ただ、スコットランドのポリッジとはちょっとだけ異なる点があります。スコットランドのポリッジは塩味で、ニシンの燻製などといっしょに食べられることもあるのに対し、イングランドのポリッジは甘い味つけになっているのです。わが家では、スコットランド人の夫は塩味のポリッジを、イングランド生まれの息子はもっぱら砂糖やハチミツを加えた甘いポリッジを食べます。さて、あなたはどちらがお好み?


*イギリスの地域別の目次を作ってみました。イギリス国内の特定の地域の記事を見つけたいときに、【イギリス地域別ブログ目次】 をご利用ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2010年10月21日
« 前の記事「スコットランドのおばあちゃんの味・クルーティーダンプリング」へ
»次の記事「イギリスで日本の学生たちが大奮闘。日本文化を地域に伝える「帝京祭」」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    イギリスのハロウィーン事情
    ゲーツヘッドに日英友好記念のジャパニーズガーデンが完成
    リニューアルしたグレイートノース博物館
    ユージェニー王女の大学お入学

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/21更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集