海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > イギリスで日本の学生たちが大奮闘。日本文化を地域に...

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年10月23日

イギリスで日本の学生たちが大奮闘。日本文化を地域に伝える「帝京祭」


メール プリント もっと見る

イギリスで日本の学生たちが大奮闘。日本文化を地域に伝える「帝京祭」

teikyo reception.jpg
受付では学生たちが出迎えてくれました


世界遺産のダラム城と大聖堂を有する歴史ある街ダラム。イングランド北東部ではもっとも人気のあるの観光名所の一つです。そんなダラムには、日本の帝京大学ダラム分校があります。帝京大学ダラム分校では、日本文化を地域の人たちに伝えようと毎年1回「帝京祭」を開催しています。今年が20周年目の帝京祭は10月23日(土)に行われ、私も10ヶ月になるチビを連れてお邪魔してきました。お化け屋敷、書道&折り紙、茶道、ゆかたの着付け、ソーラン節や合気道の披露、食べ物は焼きそばとすいとんが販売されていて、盛りだくさんの内容。イギリスにいて日本を体験できるとあって、イギリス在住の日本人たちをはじめ、ダラム大学の学生や地元の人々でにぎわっていました。

teikyo tea ceremony3.jpg
日本の風情「お茶会」。


teikyo shodairyu.jpg
武道のデモンストレーション。観客も真剣にみつめています。

teikyo yakisoba3.jpg
お祭りには焼きそばがつきもの!

中山登ダラム分校長は「この祭りは、日本の文化を地域に伝える交流の場であると同時に、ダラムのコミュニティに、帝京大の生徒たちがどういう風に何を学んでいるかを伝える機会でもあります。帝京祭は、この大学が20年間地域に受け入れられてきた素地でもあるのです」と話してくれました。同校は日本の学生が英語環境で勉強する機会として1990年に設立されました。ちなみに、帝京祭の売り上げや寄付金は、地域のチャリティーに寄付されるそう。帝京祭は地域貢献にも一役買っているのです。


帝京大学ダラム分校で学ぶのは最長で10ヶ月。毎年、帝京祭の経験者がいない中での祭作りに困難な点も多いのだとか。それでも一からその年の学生たちが自分たちで考えて、作り上げる手作りのお祭りは毎年違って興味深いものになるのです。


学生の一人でサブリーダーの佐々木豪君は「学生としてイギリスに来て、日本の文化を外国人に伝えようとしても、知っていることが狭いということに気づきました。なので、外国人が何に興味があって、どう伝えるのがいいのだろうかという勉強からはじめました。そこから動きに意味のある伝統的な踊りソーラン節の案が出てきたり、日本の代表文化である折り紙や&書道の案が出てきました」と今回のお祭りを振り返ってくれました。


teikyo yukata2.jpg
浴衣は外国人に大人気。


teikyo shodo.jpg
「書道に始めて挑戦しました!」

帝京大学の図書館で15年勤務するデービスみきこさんは「今年は学生の数はこれまでで一番少ないんです。今年の子たちはそんな中でよくがんばった」のだと話してくれました。今年の学生数は40人程度。少ない人手で、一人ひとりの負担も大きかったのか睡眠時間2時間で頑張った学生もいました。会場は日本の四季をテーマにした装飾が施されていて、時間がかかっただろうということをうかがえました。


teikyo autamun.jpg
会場は四季がテーマに。

この日遊びに来ていたダラム大学の学生トムは「ソーラン節が一番楽しかった」と大絶賛。そして、学生に書道で書いてもらった自分の名前を誇らしげに見せてくれました。私は、10ヶ月になるチビとともに楽しんできました。私はお茶会を拝見させてもらい久々に日本文化に触れられたのが一番うれしかったです。チビは縁日のヨーヨーを気に入ったようでした。イギリスで生まれたチビはまだ日本に行ったことが無いけれど、イギリスで学んでいる日本の学生たちが一生懸命に作り上げてくれた「日本のまつり」を楽しんでくれたようです。

学生の若いパワーでどんな風に日本の文化をイギリスの人々に伝え続けてくれるのか今後も楽しみです。

teikyo yoyo2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 通信・携帯・インターネット
2010年10月23日
« 前の記事「スコットランドの朝食ポリッジ」へ
»次の記事「【ローランズ真弓執筆目次】」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    イギリスのハロウィーン事情
    ゲーツヘッドに日英友好記念のジャパニーズガーデンが完成
    リニューアルしたグレイートノース博物館
    ユージェニー王女の大学お入学

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/22更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集