海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > 1万円で泊まれる豪華ホテル in ニューキャッスル

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年5月18日

1万円で泊まれる豪華ホテル in ニューキャッスル


メール プリント もっと見る

1万円で泊まれる豪華ホテル in ニューキャッスル

北イングランドは、ニューキャッスル(正式名称は、ニューキャッスル・アポン・タイン)にご旅行の際に、便利なホテルで1万円で泊まれるホテルをご紹介します。と言っても、何しろニューキャッスル在住なもので、わたし自身はニューキャッスルのホテルには泊まったことがありません。ということで、実体験からのお勧めではないことをあらかじめお断りさせていただきます。


日本円はポンドに対してまたもや高騰していて、1ポンド125円ほど(2012年5月18日現在)。そんなこともあって1万円も出せば、かなり豪華なホテルに泊まれそうです。大きな旅行かばんを携えての旅の場合には、やっぱり、駅に近いロケーションがありがたいですよね。


そこで、ピックアップしてみた一軒めのホテルは、ロンドンのキングズクロス駅から3時間、スコットランドのディンバラまで1時間半の電車が発着するニューキャッスル中央駅のとなりに建つ、その名も「ロイヤル・ステーション・ホテル(Royal Station Hotel)」


P7050207z.jpg
Royal Station Hotel, Neville Street, Newcastle upon Tyne, NE1 5DH
Tel: (44) 0191 232 0781 Fax: (44) 0191 222 0786


右手の端に見えているのが駅なので、徒歩で1分以内。ニューキャッスル中央駅からは地下鉄、バスも出ているので、ニューキャッスルのどこを訪れるにも便利です。内部の様子や施設については、こちらの「ロイヤル・ステーション・ホテル」のサイト でご覧ください(こちら で内部の動画が、こちら で静止画がご覧になれます)。また、宿泊料金は宿泊日や部屋ごとに異なりますので、サイトの右上の予約画面に宿泊日等の情報を入力してご確認ください。


さらに、もう1軒、駅に近く、古い石造りの高級感ただようホテルがあります。駅前の通りを隔てて向かい側に建つ、こちらも駅から徒歩1分以内の「シスル・ホテルズ(Thistle Hotels)」。


P7050210z.jpg
Thistle Hotels, Neville Street, Newcastle, NE1 5DF
Tel: 0871 376 9029 / +44 845 305 8329
Fax: 0871 376 9129 / +44 845 305 8368


上の画像の左手が駅前の通り。そして、下の画像が駅から街の中心へ向かう通りグレンジャーストリート(Grainger Street)。ホテルは、そのふたつの通りに面して建っています。


P7050211z.jpg


ホテル名の「シスル(Thistle)」は「アザミ」。スコットランドの国花です。ニューキャッスルはイングランドなんですけどね。しかも、どうして「シソル・ホテルズ(Thistle Hotels)」と、複数形になっているのかというと、ニューキャッスルとスコットランドで創設されたホテルグループであるからと思われます。というわけで、ホテルの看板は、「シソル・ホテルズ」ですが、特に、このニューキャッスルのホテルを指す場合は、「シスル・ザ・カントリー・ホテル・ニューキャッスル(thistle, The County hotel, Newcastle)ということになるらしいです。


先の「ロイヤル・ステーション・ホテル」同様、こちらのホテルのサイト の中央の画像のほか、その下の小さい画像をクリックしていただくと、内部の様子がご覧になれます。また、宿泊料金については、画面右上の予約画面でご確認ください。


ちなみに、この2軒のホテルのように駅から近いわけではありませんが、2、3年前にヒルトンホテルが開業しました。さすが、ヒルトンホテル、やっぱり、料金は1万円ではちょっと難しそうですが、念のため確認してみようと思われる場合は、こちらのヒルトンホテルのサイト でご確認ください。


現在、円高の上、イギリスはこれから1年で一番日が長く気候のいいシーズンを迎えます。イギリスへの旅行計画にニューキャッスル滞在をお考えの際の参考になれば嬉しいです。


(5月のお題"1万円で泊まれるホテル")


今回の記事は、ギブソンみやこがお届けしました。執筆者別に記事をご覧になりたい場合は、以下のリンクより執筆者別目次のページをご利用ください。ギブソンみやこによる記事の目次はこちら 。ローランズ真弓による記事の目次はこちら
ところで、新しいブログをはじめました。もしよろしかったら、こちら からご覧になってみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2012年5月18日
« 前の記事「あら、不思議! こんなに簡単に開くジャムのふた」へ
»次の記事「幽霊の出るお城のホテル、ラムレー城」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ヨークシャー3ピークスのひとつイングルバラの丘歩き
    カントリーバスを利用してハドリアヌスの長城を歩く

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/16更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集