海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > 幽霊の出るお城のホテル、ラムレー城

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年5月25日

幽霊の出るお城のホテル、ラムレー城


メール プリント もっと見る

幽霊の出るお城のホテル、ラムレー城

前回は、1万円で泊まれる豪華ホテル をご紹介しましたが、今回は、運がよければ(それとも、悪ければ?)、幽霊に会えるお城のホテルをご紹介します。


P7160135a[1]


そのお城ラムレー城(Lumley Castle)は、北イングランドはダラム州にあるチェスター・レ・ストリート(Chester-le-Street)の町の郊外にあります。14世紀の後半、スコットランドとイングランドの戦いを優位にみちびいた貴族サー・ラルフ・ラムレー(Sir Ralph Lumley)の居城だったのですが、その後、ダラム司教の住居となり、オックスフォード、ケンブリッジ大学についで歴史の古いダラム大学の学生寮だったこともあります。ホテルとして開業したのは、1976年のこと。


P7160137a[1]


さて、このお城の城内の一室には、「レディ・リリー・ラムレーの井戸(Lady Lily Lumley's well)」と呼ばれる井戸があります。レディ・リリー・ラムレーは、お城の城主サー・ラルフ・ラムレーの奥方で、地元の僧侶によって殺されて井戸に投げこまれたのだそうです。以来、その奥方の幽霊がこのお城を徘徊するようになったのだとか。


P7160180a[1]


城内は古色蒼然とした雰囲気ですが、このお城で働いているスタッフのみなさんもエリザベス一世時代の古風なコスチュームに身をまとっています。カウンターのむこうで足もと見えませんが、女性は足もとまである長いロングドレス。男性はズボンに、すその長いのベスト姿。


P7160200a[1]


お城のレストランでは、16世紀中ごろから17世紀初頭のエリザベス朝時代の晩餐も楽しめます。当時は、まだフォークやナイフはなく、このエリザベス朝の宴席料理も手づかみで食べるのだそうです。その他にも、ミステリーディナーなど趣向をこらしたイベントディナーが年間を通して企画されています。


P7160201a[1]


運悪く(というか、運よくというか)、ラムレー夫人の幽霊に会えなくても、心臓の強い方にとっては宿泊してみる価値のあるホテルかもしれません。宿泊はちょっとというわたしのような方は、ランチやアフタヌーンティーのみに立ち寄ることもできます。


P7160165a[1]


宿泊料金は滞在日や部屋によってずいぶん異なります。1万円で足の出る場合もありますので、こちらのサイト の右手にあるオンライン予約に情報を入れてご確認ください。(料金の高い日や部屋に宿泊すると、ラムレー夫人に会える可能性が高いとか?って、まさかね)。ちなみに、このお城のホテル日本からの泊り客さんもちらほらあるとのことですよ。レセプショニストをしている上の写真の義姉がそう申しておりました。


ラムレー城ホテル
Lumley Castle Hotel
Chester le Street
County Durham
DH3 4NX
Tel: +44 (0) 191 389 1111
Fax: +44 (0) 191 389 5871
メール: info@lumleycastle.com
サイト: http://www.lumleycastle.com/


(5月のお題"1万円で泊まれるホテル")


今回の記事は、ギブソンみやこがお届けしました。執筆者別に記事をご覧になりたい場合は、以下のリンクより執筆者別目次のページをご利用ください。ギブソンみやこによる記事の目次はこちら 。ローランズ真弓による記事の目次はこちら
ところで、新しいブログをはじめました。もしよろしかったら、こちら からご覧になってみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2012年5月25日
« 前の記事「1万円で泊まれる豪華ホテル in ニューキャッスル」へ
»次の記事「一家で、ロンドンオリンピックの日本男子サッカー観戦へ」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ヨークシャー3ピークスのひとつイングルバラの丘歩き
    カントリーバスを利用してハドリアヌスの長城を歩く

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集