海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > 光のカーテンゆらめくスコットランドウォーク

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年9月27日

光のカーテンゆらめくスコットランドウォーク


メール プリント もっと見る

光のカーテンゆらめくスコットランドウォーク

今日の天気予報はくもり。ところによってはにわか雨になるでしょう、とのことなので、今日も、やっぱり、高い山にのぼるのは断念し、800メートルくらいの山にのぼろうと、峡谷グレンシール(Glenshiel)にむけて出発。すると、お日さまの光が......。


P1070195v.jpg


これはさい先がよいとよろこんだのもつかのま、薄いもやのような雲が空をおおって朝日をおぼろににじませる前方の湖畔に姿をあらわしたのは、スコットランドの名城のひとつエレンドナン城(Eilean Donan Castl)。あわい光をまとった古城のたち姿が何ともはかなげで美しかったのですが、素通り。写真に撮れるほどの明るさではないと判断したのでしたが、今から思うと、やっぱり撮っておけばよかった~。などと、先に立たない後悔をしているまに、わたしたちを乗せた車はグレンシール(Glenshiel)の峡谷へとやってきました。


「さあて、どっちにのぼる?」


夫イアンが指さしたのは、


P1070196z.jpg


こちら(↑)と、こちら(↓)、


P1070198z.jpg


「う~ん。こっちにしよう~」


ええっ。わたしに聞いたのじゃなかったの~(まあ、いつものことだけど)。というわけで、今日は、わたしたち、へザーのお山Sgurr an Airgidにのぼることに。(スコットランドのハイランド地方の地名、スコットランドの古語ゲール語であることが多く、どうにもカタカナ表記できないなんてことも。なもので、カタカナ表記は、ネットの日本語表記をサーチしてもっとも信憑性のあるものを選んで記載しているのですが、Sgurr an Airgidについては日本では知られていないようで見つけられませんでした。というわけで、Sgurr an Airgidの発音を原音で聞いてみたい方は、こちらのサイト のタイトル「Sgurr an Airgid」の右にあるスピーカーのアイコンをクリック)


道路ぎわの駐車場に車を乗りつけると、となりに1台、そして、わたしたちのすぐあとにもう1台やってきました。それだけ。こりゃ、また、このひと山、わたしたち一家で独占だ~。な~んで思って身支度をしていると、となりに乗りつけてきた車から降りてきた50代半ばと見える男性が話しかけてきた。


この陽気なおじさんグラハムさん。何でもイギリスの南端ドーセットから夫婦で休暇でやってきたのだけれど、未経験の山歩きをぜひしてみたいとのこと。奥さんは山登りには興味がないので宿で待っているのだそう。ふ~ん。さぞ、退屈なことだろう。などと思っていると、わが家と足なみそろえて歩きはじめたグラハムさん。なんか、道連れを見つけてラッキ~♪みたいな調子なんですけれど。


というわけで、今日は、この山、わが家プラスあと1人で独占ってことか~。と思っていると、ふだんは追いぬかされても追いつくことなんか滅多にないわが家が3人連れのウォーカーに追いついた。ってことは、この方々が駐車場の先客の車でやってきた人々のはず。


駐車場に車はとまっていても、ほとんど人影を見かけないのが常なのに、まあ、今日はなんてこと~。同じ駐車場に車をとめた全員が顔を合わせるなんて。それに、あれこれ話をはずませることに。その話から、3人連れの1人は、この近くのB&B(民宿)のオーナーで、20代のカップルはリトアニアからやってきた泊り客であると判明。


さてさて、こうしてしばらく大きな編隊をくんでだべりながら歩いていたわたしたちでしたが、そのうちあまりお言葉が達者ではないリトアニアのご夫婦とガイドのB&Bのご主人が遅れをとりはじめ、そのうち姿が見えなくなって、もしかしたら下山されたのかなあ~。というのも、霧のような細かな雨がほほをぬらしはじめ、空にはどこをさがしても青空の切れはしさえ見あたらないしまつ。


ですが、まあ、わが家にとっては、ここでひき返すほどの雨ではないもので、そのまま先に足を進めていたところ、あたりが妙に明るくなったなと思ったら......。


P1070236z.jpg


光のカーテンが舞いおりてきて、地上の谷間を照らしはじめたのでした。


P1070243z.jpg


そのあわい日ざしにけむる緑の風景の美しいことと言ったら。


その後も、てっぺん近くまで、小雨はやんだかと思うと、またふりはじめるという移り気な空もよう。薄日もさしり、くもったり。なもので、ときに幻想的な風景が目の前にたちあらわれてくることも......。


P1070265z.jpg


ほんとうに目の前にある風景なのかななんて思えてくることも......。


P1070267z.jpg


ですが、このあたりから間断のな暴風雨に。


P1070268z.jpg


でも、そんな荒涼とした景色の岩かげには、ひっそりと咲いているこんな可憐な花の姿もありました。


P1070293z.jpg


ついに、てっぺんに登頂。


P1070298z.jpg


あたりは、まっ白......。晴れた日にここからどんな景色がのぞめるのかは不明。それに晴れていたらここでお昼にしたいところなのですが、凍えるような寒さと風と雨とでそどころではありません。


風雨がもう少しましなところまで下山して岩かげに身をよせ、寒さに震えながらおにぎりを食べていると、


P1070304z.jpg


なんと、B&Bのオーナーとリトアニアのカップルの姿が......。


下山しちゃったわけじゃなかったんだ。でも、それにしては時間かかってるよねえ。などと言いながら、手をふるわたしたち。てっぺんを目ざしてのぼっていく3人を見送ると下山支度にとりかかりました。


くだりものぼり同様、雨がやんだりふったりの空もよう。イアンは、そのたびに防水ジャケットを着込んだり脱いだりするもので、「なんで脱ぐとふってくるんだ~」と嘆くのです。じゃ、脱がずに着てればいいじゃん。と思っていると、行く手の厚い雲に割れめができて......。


P1070316z.jpg


その割れめがみるみる大きくなって、


P1070327z.jpg


地上の景色を輝やかせはじめたのでした。


P1070334z.jpg


このさらに左手へも、あふれるばかりの光がふりそそいで......。


P1070338z.jpg


スコットランドの大自然が書くシナリオには、その劇的な変化に目をみはらされることがしばしば。


山の斜面のヘザーの赤紫色も明るみをまし、


P1070341z.jpg


下山するわたしたち一行のお出迎えをしてくれる姿も......。


P1070351z.jpg


もう地上はすぐそこ。


でも、やっぱり、向かいの山のてっぺんには、ミストがかかってるなあ~。


P1070359z.jpg


と思って、駐車場までくだりきり、下山してきた山のてっぺんを見あげると、


P1070362z.jpg


青空を背景にはしているものの中央わずかに右手のてっぺんのさきっぽも白い綿帽子をかぶっています。B&Bのオーナーさんとリトアニアのご夫婦は、今どのあたりを歩いているのかなあ~。


それから、わたしたち、ドーセットのグラハムさんとも別れを告げて家路についたのでありました。


最後にもうひとつ、同じ日の夕刻に目をみはる風景に出会いました。それは、夕食後、カイルオブロハルシュのコープへ切れたミルクの買い出しに出かけたときのこと。


スカイブリッジをのぞむ西の空

P1070402z.jpg


夕焼けではないけれど、明日のお天気をうらなうかのような光景だとわたしには思えたのでありました。


今回の記事は、ギブソンみやこがお届けしました。執筆者別に記事をご覧になりたい場合は、以下のリンクより執筆者別目次のページをご利用ください。ギブソンみやこによる記事の目次はこちら 。ローランズ真弓による記事の目次はこちら 。ところで、新しいブログをはじめました。もしよろしかったら、こちら からご覧になってみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2012年9月27日
« 前の記事「スカイ島は、今日も雨」へ
»次の記事「スコットランドの小悪魔たちの来襲にもめげず」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    湖水地方、ビアトリクス・ポターゆかりの地を訪ねて その1
    スラガンの海辺のひたすらのどかなウォーク

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/21更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集