海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > アンディさん、そのリュックの中身のぞかせて

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年2月18日

アンディさん、そのリュックの中身のぞかせて


メール プリント もっと見る

アンディさん、そのリュックの中身のぞかせて

前回は、スコットランドはハイランド地方のグレンコーの冬山登山 をご紹介しましたが、本格的な冬山登山をする人たちがどんな装備をしているのか、ちょっと気になったわたし。


アンディさん


今回は、冬山登山のガイドさんをお願いしたアンディさんに、登山へ出かけるときのリュックの中身をのぞかせてもらいました。


でも、まずは、登山靴から。
写真-1


Boots, these are now 10 years old and have been re-soled twice but they are still waterproof and very comfortable. Made to measure they can take 3-6 weeks from first fitting to walking out of the shop. Made in Richmond by AltBerg http://www.altberg.co.uk/ These are the McKinley style and didn't cost much more than off-the-shelf boots. Well worth the wait I will be going back for another pair shortly.


登山靴。10年前のもので2度靴底を張り替えているが、いまだに防水は完全で快適。サイズを測ってから出来上がるのに3から6週間かかる。リッチモンドの町のアルトバーグ店 製。マッキンリースタイルで、価格は既製品と比べてもそう高くない。作るのに時間がかかってもその価値がある。そろそろ新しいのを作ろうと思っている。


ナビゲーションに使用する品々
写真-2


For navigation I rely on a map and compass. The Compass is by Silva, and it is worth using a sighting compass (the mirror is not for vanity) as you can look forward to where you need to go while keeping the compass level. The maps by Ordnance Survey are good and show a lot of detail and I have them on Memory Map http://www.memory-map.co.uk/ which allows me to print an A4 sheet I can laminate these to keep them waterproof and scribble notes and route points. Since my last trip to Glencoe I now prefer the Harveys maps http://www.harveymaps.co.uk they are clear and show the essential detail better than the OS maps. They are also waterproof which is quite handy for Scotland and the lake district.


ナビゲーションは地図とコンパスで。コンパスはシルバ製。サイティシングコンパスは使う価値あり。ただし、鏡は化粧直し用にあらず。コンパスの高さを保っていれば進むべき方向がわかる。オードナンスサーベイ(地図の会社名)の地図は詳細に至るまでよく作られている。メモリーマップ も持っており、A4 用紙に印刷も可能。それらの地図を防水にし、メモやルートの書き込み可能なラミネート加工ができる。前回のグレンコー登山からは、ハーベイズの地図 が気に入っている。ハーベイズの地図はオードナンスサーベイの地図より鮮明で、必要な詳細が記されている。さらに防水なのでスコットランドや湖水地方(どちらの地方も悪天候)ではとても役に立つ。


In case I do get lost or need to get an accurate position I use a GPS. The Garmin Etrex Summit is fairly basic but also connects to my computer and Memory Map so when I plan a route I can upload it into the GPS. A nice feature is the in-built barometer which has automatic altitude correction so I can check the weather for changes even while climbing.


道に迷ったり、正確な位置を知るにはGPSを使用。Garmin Etrex Summit(商品名)はきわめてベーシックだが、パソコンやメモリーマップとも接続しているので、ルートの計画を立て、それをGPSにアップロードできる。機能的なのはビルトイン気圧計。自動的に高度補正をするので登山中でも天候の変化をチェックできる。


In Scotland during the winter the days are very short so it is essential to take a torch. I use the Petzl Tika XP it has a good combination of range brightness and isn't so heavy I need to think about it. It uses an LED so the battery lasts for ages. It is however essential to take plenty of spare batteries for GPS, camera and torch and to keep them dry I use Clingfilm or Ziploc bags.


1日がきわめて短い冬のスコットランドでは、懐中電灯は必需品。愛用しているのは、the Petzl Tika XP(商品名)。光の明るさや届く範囲などが選べ、比較的軽量。発行ダイオードを使用しているので電池が長持ちする。とはいえ、GPS、カメラ、懐中電灯用に予備の電池の携帯は欠かせない。電池を濡らさないためには、料理用のラップやジップロック袋を使用。


その他の登山用品
写真-3


Goggles, Ice Axe, Crampons and rope. Essential equipment for winter climbing. I use clear safety goggles rather than the tinted ski goggles not only because you may need them in the dark but they are much cheaper from industrial suppliers rather than fancy ski shops. Wind blowing snow into your face can be uncomfortable and there is always the temptation to change course. My favourite Ice axe was a present from my father in law who used it since he was young it must be at least 40 years old made by Stubai of Austria a wooden shaft is light and warm to the touch. It has a long shaft so can be used for balance and makes a firm anchor in deep snow. The other is a light weight Grivel Mont Blanc axe for days when it is unlikely to be needed as it is no burden to carry but the extra safety in case it is needed. Crampons are also by Grivel. These are 10 point with a flexible shaft and can be used on either rigid or flexible boots. Finally a rope, 25 metres of 9mm climbing rope can get you and a friend out of most difficulties.


ゴーグル、ピッケル、アイゼン、ロープ。ゴーグルは色つきのスカイゴーグルではなく、透明な安全ゴーグルを使用。というのは、暗い中でかける必要があるためばかりではなく、おしゃれなスカイショップからより工業用品店からずっと安価で入手できるから。顔に吹雪が吹きつけてくるのはいかにも心地が悪く、いつもコースを変えたくなる。愛用のピッケルは義父からのプレゼント。義父が若いときから使っていたものなので、少なく見積もっても40年もの。オーストリアのStubai製で木の柄は軽く手触りが暖かい。柄が長いためにバランスをとったり、深い雪の中のサポートともなる。もうひとつのピッケルはグリベルモンブラン社のもの。軽量なので、ピッケルが必要になるとは思われない日にも万が一のことを考えて携帯できる。アイゼンもグリベル社のもの。融通のきく軸に10本の爪がついており、どんな硬さの登山靴にも装着可能。最後に登場するロープは、9ミリで25メートル。本人ともう1人の同行者をほとんどの困難から救出できる。


常備している救急用品
写真-4


Emergency equipment First aid box, space blanket, heat pads and survival bag.


救急箱、エマージェンシーブランケット、使い捨てカイロ、サバイバルバッグ。


These just stay in my rucksack but thankfully have never been needed. The first aid kit needs a wide range of bandages and plasters as in the mountains it could be several hours before a rescue can be organised. Bandages to stop any bleeding space blanket and survival bag to keep warm. The heat pads to help fingers and toes stay warm.


リュックサックに常備しているが、幸い未使用。山ではレスキューの到着に長時間を要する可能性があるため、救急用品は各種の包帯、バンドエイドが必要となる。包帯は止血、エマージェンシーブランケットとサバイバルバッグは防寒用。使い捨てカイロは手や足の指を温める。


携帯食
写真-


Food. The best thing to take on the hills in my opinion are Jelly Babies. For a long day out on the hills I can expect to use 2000-3000 calories so 2-3 bags of Jelly babies will keep me going and you don't need to stop just take one every km or so. Quite often it's too cold, wet or windy to stop for a picnic so these are great to keep in your pocket and just pop one in while you walk. There is no point in trying to stick to a balanced diet while climbing your body needs mostly fuel and these are just nice tasting fuel.


食べ物。山に携帯するのに一番だと思われるのは、「ジェリーベイビーズ」(グミキャンディーの商品名)。終日の山歩きには2,000から3,000カロリーを消費すると思われるが、2、3袋の「ジェリーベイビーズ」があれば大丈夫。食べるためにわざわざ立ち止まる必要もない。ピクニックをするには寒すぎたり、風雨が強すぎたりすることが多いので、ポケットに忍ばせ、歩きながら食べたいときに食べられるので重宝。登山にはバランスのとれた食事など意味がない。登山中の体が必要とするのはほぼ燃料であり、「ジェリーベイビーズ」は美味しい燃料なのである。


なるほど。やっぱり、美しい風景を肉眼で見、その景色の中を歩くためには、しっかりとした装備とじゅうぶんな知識が必要なのですね。アンディさん、ていねいな説明をありがとうございました~!


今回の記事は、ギブソンみやこがお届けしました。執筆者別に記事をご覧になりたい場合は、以下のリンクより執筆者別目次のページをご利用ください。ギブソンみやこによる記事の目次はこちら 。ローランズ真弓による記事の目次はこちら 。ところで、新しいブログをはじめました。もしよろしかったら、こちら からご覧になってみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦
2013年2月18日
« 前の記事「スコットランド、グレンコーの冬山登山」へ
»次の記事「NEJWA設立5周年記念 ファミリーデイのお知らせ」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    英国スコットランド銘菓「ショートブレッド」レシピ
    本場イギリスからお届けする「スコーン」レシピ

    イギリス ツアー最安値


    2017/10/21更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集