海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > スコットランド魅惑の名城アイリーンドナン城

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年10月23日

スコットランド魅惑の名城アイリーンドナン城


メール プリント もっと見る

スコットランド魅惑の名城アイリーンドナン城

スコットランド本島とスカイ島を結ぶ橋スカイブリッジから約13kmほど手前のA87沿いに建つエレンドナン城(Eilean Donan Casile)。


P1130175z.jpg


深い緑の峡谷グレンシール(Glen Shiel)の底を蛇行する道の視界が開けると、奥深い入り江の広がりにひっそりと浮かんでいる。その姿は、まさに、「フェアリーテールキャッスル(おとぎ話のお城)」の形容さながら、つい足をとめたくなります。数あるスコットランドのお城の中で最も多く写真に撮られている城とも言われ、エディンバラ城、スターリング城についでスコットランドでは3番めに観光客を集めています(2009年グラスゴーカレドニアン大学の調査)。


P1130154z.jpg


「ハイランダー」や「007」などの映画やテレビドラマのロケ地となったり、数々のスコットランド名物のパッケージでもおなじみ。なのに、日本ではそれほど知る人がいないのはどうしたわけなのでしょう。同じハイランド地方のお城でも、ネス湖畔に建つアーカート城やシェイクスピアの「マクベス」ゆかりのコーダー城などはよく知れているし、スカイ島を訪れる日本人観光客の多くはダンヴェガン城を訪れてはいるようなのですが......。


IMG_3275z.jpg


というわたしたち一家も、これまでスカイ島やルイス&ハリス島を訪れた折にたち寄って、思わずカメラのシャッターを切るなんてことは何度もあったのですが、今回、はじめて城内を見物してみることにしました。山に登れない雨の日に訪れたので、あいにくのお天気であることご了承ください。


P1130248z.jpg


ギフトショップやカフェのある受付でチケットを購入し、石橋をわたってエレンドナン城の建つエレンドナン島へ。


P1130255z.jpg


入り口を入ると、


P1130258z.jpg


まずは、お城の歴史の紹介。


P1130259z.jpg


13世紀初頭、スコットランド王アレキサンダー2世によって築城がはじまったお城は、その後、スコットランド氏族マッケンジーとその同盟氏族マクレーの牙城となり、イギリス政府に対するスコットランド勢力ジャコバイト蜂起の拠点となったために18世紀に政府軍によって破壊されたのでした。廃墟と化していたお城の再建がはじまったのは1919年のこと。1955年より一般公開。


P1130302z.jpg


一旦、中庭に出て、左手奥の天守閣へと向かいます。


P1130271z.jpg


さすがハイランド地方では一番人気のお城。観光客の方々の話し声が聞こえてくると、アメリカ英語にフランス語、ドイツ語などなど、見物をする人々の国際色も豊かです。


P1130279z.jpg


居館となっていた天守閣のカメラやビデオ撮影は禁止。居室、寝室、ダイニングルーム、キッチンなどは特にきわだった内装ではなかったものの、美貌の王子ボニー・プリンス・チャーリーの巻き毛が展示されていたのが印象に残りました。


P1130300z.jpg


ところで、このお城の名前「Eilean Donan Casile」に関して、ずっと疑問に思っていることがあるのです。日本語のガイドブックやサイトなどでは、「アイリーンドナン城」と表記されているのです。そのほか、「イーレンドナン城」となっている場合も。なもので、ブログ記事のタイトルでは、「アイリーンドナン城」としてみたんですが、どうしてもわたしの耳には、「エレンドナン」と聞こえてしまうんですよねえ。スコットランド産の夫イアンの発音。そこで、ネットサーチしてみたところ、「Eilean Donan Casile」を紹介しているYouTubeの動画を見つけました。



もしかしたら地元の方ではないのかもしれないですが、投稿者の姓名のどちらもスコットランド名、それにおしゃべりもこてこてのスコットランド訛り。その投稿者の紹介に耳を傾けてみても、わたしの耳には、「エレンドナン」。どうしても「アイリーンドナン」や「イーレンドナン」とは聞こえないのです。いかがなものでしょう? あなたの耳には、どのように聞こえるのでしょうか?


IMG_3270z.jpg


今回の記事は、ギブソンみやこがお届けしました。執筆者別に記事をご覧になりたい場合は、以下のリンクより執筆者別目次のページをご利用ください。ギブソンみやこによる記事の目次はこちら 。ローランズ真弓による記事の目次はこちら 。ところで、新しいブログをはじめました。もしよろしかったら、こちら からご覧になってみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2013年10月23日
« 前の記事「スカイ島・妖精の住む谷フェアリーグレン」へ
»次の記事「パメラさんの元祖スコティッシュスコーン」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    スカイ島ドライブとオールドマンオブストア
    スコットランドの小悪魔たちの来襲にもめげず

    イギリス ツアー最安値


    2017/12/17更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集