海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > 今年は登れたザ・サドル

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年11月26日

今年は登れたザ・サドル


メール プリント もっと見る

今年は登れたザ・サドル

スコットランドの山岳地帯ハイランド地方に足を踏み込むと、天をつ山々が行く手をはばむかのように立ちはだかっています。その最高峰は海抜1300メートルほど。というと、それほどの高さでもないのですが、氷河によって削られたU字谷の底を走る道から見あげる千メートル級の峰々は道の両側に切り立つ緑の屏風岩さながら。樹木のとぼしい山肌は緑の草をまとっているだけ。頂付近は岩を露出している山々も。


P1120866z.jpg


そんなダイナミックな景観をもつ山々の姿に魅せられて、毎年、夏にはハイランド地方を訪れるわたしたち一家。


P1120904z.jpg


去年は、典型的なU字谷を形成するグレンシール(Glen Shiel)の山に登りたかったのですが、残念ながら千メートルを越す山に登れる好天には恵まれませんでした。登ることができたのは、800メートルほどの山(そのもようは、こちら から)。そのてっぺんから、「来年は、あの山に登ろう!」とイアンが指さす彼方に見わたすことができたのは、ミストの帽子をかぶったザ・サドル(The Saddle)。標高1010m。山頂付近は、文字通り馬の鞍か、腰かけのような形をしています。実際には、その山がちょっとした腰かけ程度のレベルではないことを知らないわたし、「登ろう、登ろう~」と、うきうきしながら同意し、今年のグレンシール再訪時にも、「まずは、サドルだっ!」と、イアンが息まくのに、「うん、うん」と、やっぱり、うきうきと同意して、えっちらおっちら、ウォーキングスティックを山道につきたてながら登りはじめたのでした。


P1120896z.jpg


グレンシールの谷底から見あげる山の稜線まで登りつめた地点が標高にするとちょうど半分。


P1120900z.jpg


まだまだ行けるぞってな感じで新たにあらわれた次なる山の高みをめざして登ります。


P1120908z.jpg


ところで、ザ・サドルはムンロー(Munro)のひとつです。ムンローとはヒュー・トーマス・ムンロー卿
(Sir Hugh Thomas Munro)が1891年からリスト作りをはじめた3,000フィート(914.4m)を越すスコットランドの山の峰々のこと。現在、ムンローは最高峰ベンネビス(Ben Nevis)をはじめとして283峰を数えます。


P1120909z.jpg


ちなみに、わが家が制覇したムンローは唯一ベンネビス なのですが、何しろ、あなた、ベンネビスはイギリス一の山。サドルなんて軽いもんでしょう。なんて思っていたら、おっとどっこい~。


P1120910z.jpg


ここで、あえなく挫折。


P1120980z.jpg


ここが、サドルへの一番の難所フォーカンリッジ(Forcan Ridge)のはじまり。湖水地方のヘルベリン(Helvellyn)山のストライディングエッジ(Striding Edge) のようにはまいりません。後で知ったことなのですが、このフォーカンリッジを経てのサドル登山はスコットランド登山の中では一番困難な部類。スコットランドのウォーキングのサイトの評定によると最難関の難易度5。イギリス最高峰とは言え、登山道の整っているコースを登るベンネビス登山の難易度は3なのに~。ここから先は頂上までずっと露出した岩場つづき。しかもいったん登りはじめると、後退はほぼ無理、先に進むしかないのです。何しろ岩場は下りの方が登りよりずっと大変なのですから。ということは、よじ登れないような岩が出てきたらアウト。レスキューを頼むしかないってことです。


P1120979z.jpg


レスキューを呼ぶまでは行きませんでしたが、一度、湖水地方の岩場で足もと一寸踏みはずしたら奈落の底へまっ逆さまなんて場所を下らねばならない状況に遭遇したとき、わたし自分の限界を悟りました。


P1120989z.jpg


この岩山の尾根はわたしのレベルじゃない。身のほどをわきまえた直観がここまでと警鐘を鳴らしています。勇気ある撤退などからは程遠いまるっきり勇気のない撤退ではありますが、しかも、フォーカンリッジを行きたいイアンとユインには申し訳ないけれど、ごめん。あきらめて。わたしには無理。絶対、無理。だからって、岩場の尾根フォーカンリッジの足もとをうかいしてサドルの頂上をめざすことにしてくれたのはよかったのだけれど、


P1120912z.jpg


草地に大きな岩がごろごろ突き出す急斜面を四つん這いになって何とかあと目と鼻の先で頂上ってところまで登ったところで、「あ、まちがえた。頂上はもっと先だった」だなんて~。イアンちゃ~ん。四つん這いでのぼった斜面は後ろ向きの四つん這いで降りるしかないんですよ~。


P1120986z.jpg


「ちょっと先見てくるから、ここでおまえたちは待ってろ」って......? 「いいよ。いいよ。イアンちゃ~ん。ここからの眺めもじゅうぶんに絶景だし、お昼もだいぶん過ぎていることだから、ここでおにぎり食べてもうおりようよ~」ユインはもろ手をあげて同意しているのに、何を言っているんだ、おまえ。ここまで来て頂上をきわめないだなんてことがあってなるものか。みたいな背なかを見せて姿を消したイアンが、「行くぞ~っ!」と、大声をはりあげてもどってくるので仕方ありません。急斜面にしがみつきながらさらに数十メートル進み、今度こそサドルの頂上へとまた四つん這いになってよじ登っていくわたしたちなのでありました。ところが、サドルの頂上へ登りつめてみると、そこは切り立った岩場ではなかったのです。


P1120929z.jpg (山頂からのながめ1)


P1120930z.jpg (山頂からのながめ2)


P1120949z.jpg (山頂からのながめ3)


なんだか気が抜けたといいうか、ほっとする広がりをもつ場所なもんで、「これがほんとうの頂上なのかなあ~」なんて、また、イアンが首をかしげる始末。「でも、ほら、そこにトレックポイントがあるんだからまちがいないでしょ~」トレックポイントは辺りで一番高い位置の目じるしになるコンクリートのでっぱり。


P1120934z.jpg


「そうだよなあ。じゃあ、ここら辺でランチにしよう」「そうしよう、そうしよう~。もう3時なんだからね~」と、えっちらおっちら背負ってきたおにぎりお弁当を広げていると、どこからともなく飛来したカラスが1羽、わたしたちの足もとへヨタヨタと......。


P1120924z.jpg


イアンがおにぎりの破片を投げてやると、それはそれは美味しそうについばむので、


P1120941z.jpg


イアンはさらに分け前を投げてやらずにはいられません。なんてことをしていると、


P1120927z.jpg


はるかなフォーカンリッジの岩場に、


P1120948z.jpg


動く小さな人影がひとつ、ふたつ。その姿はいつかひと組のカップルになって......。


P1120945z.jpg


わたしたちのそばまでやってくると、頂上のしるしトレックポイントの向こうに立って記念写真がはじまるもよう。「撮りましょうか?」と声をかけるイアン。「じゃあ、スカイ島を背景に」と言って笑顔を見せるカップルをイアンがカメラにおさめると、カップルの男性いわく、「実は、これが最後のムンローなんですよ」えっ、ええ~っ! まだ30代の半ばと見えるのに、これでムンロー283全峰を制覇したんですか~。「おめでとう~!」と、カメラを返すイアンにづついて、「おめでとう~!」わたしも思わずお祝いの言葉をかけずにはいられませんでした。人ごとながらムンロー制覇の偉業成就の瞬間に立ち会うことができるなんて。ムンロー制覇はどうやらカップルの男性の方だけのようなのですが、フォーカンリッジを踏破してきた女性にも心の中で拍手喝采を送りながら2人に別れを告げてわたしたちは下山の途に着いたのでした。


P1120976z.jpg


と言っても、案の定、 


P1120981z.jpg


半分も下らないうちにくだんのムンローカップルに追いつかれてしまったのでしたが......。


P1130002z.jpg


さすが健脚。


P1120988z.jpg


わたしたちはわたしたちのペースで。


P1120999z.jpg


午前10時前に登りはじめ、下山したのは午後6時半を回ったころ。


P1130003z.jpg


翌日、わたしたち一家3人、これまでに経験したことがないひどい筋肉痛に見舞われることをまだそのときにはつゆ知らず、


P1130005z.jpg


暮れなずむ夕刻の空のもと、ザ・サドル登頂の達成感に酔いしれながら空き腹をかかえてグレンシールを後にしたのでした。


今回の記事は、ギブソンみやこがお届けしました。執筆者別に記事をご覧になりたい場合は、以下のリンクより執筆者別目次のページをご利用ください。ギブソンみやこによる記事の目次はこちら 。ローランズ真弓による記事の目次はこちら 。ところで、新しいブログをはじめました。もしよろしかったら、こちら からご覧になってみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2013年11月26日
« 前の記事「簡単!ぱっくり腹われスコーンの焼き方」へ
»次の記事「グラスゴーのパブに警察ヘリ墜落事故」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    エリサベスさんとの再会とテムズ川の夜景
    帝国戦争博物館とベルリンの壁

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集