海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ギルフォード特派員ブログ > 新1ポンド硬貨とは?そして旧5ポンド札は今月5月5...

イギリス/ギルフォード特派員ブログ 吉村 星那

イギリス・ギルフォード特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月 2日

新1ポンド硬貨とは?そして旧5ポンド札は今月5月5日で引退


メール プリント もっと見る

新1ポンド硬貨とは?そして旧5ポンド札は今月5月5日で引退

こんにちは、ギルフォード特派員の吉村です。
今日スーパーに行ったら、お釣りで新・1ポンドコインが手に入りました!

DSCN9418.JPG


12角形という新しいデザインで話題にもなったイギリスの新コイン。7角形なら50pコインと20pコインはそうだったのですが、12だともっと丸く見えるものですね。そんな1ポンドコイン、市場に導入されたのが今年の3月28日のことだったというので、私が手にしたのは少し遅めなのかもしれません。(?


◆従来のものとの、違いは?◆

12角形であるという点はすでに述べた通りですが、細かい部分はどうなっているのでしょうか?
さっそく従来のものと比べてみます!


王立造幣局のホームページ(https://www.thenewpoundcoin.com/ )によると、
「従来のものより薄い」
「従来のものより軽い」
「直径は従来のものより微妙に大きい(12角形の直径が一番大きくなるところと比較)」
とのこと。どのくらい違うのかなと思って並べてみました!
......気持ち薄めでしょうか? 左が新1ポンドです。


DSCN9413.JPG


従来のコインのデータのページを見て比べてみると、
厚みは0.35mm、重さは0.75g、直径は0.93mm違うそうです。だいたい同じみたいですね!
http://www.royalmint.com/discover/uk-coins/coin-design-and-specifications/one-pound-coin



ちなみに1ポンドコインは日本の100円玉とだいたい直径が同じなのですが、
(100円玉:直径22.6mm、旧1ポンド:直径22.5mm、新1ポンド:直径23.43mm)
厚さは全然違います。

DSCN9409.JPG


最初に1ポンドを持ったときは、すごくぼってりしてる! と思ったものですが、最近は日本の硬貨を持つと、チョコみたいにぱきって折れてしまうのではないかと......。
重さも、100円玉が4.8g、旧1ポンドが9.5g、新1ポンドが8.75なので、もともと2倍ほども違ったのですね!


◆コインの「偽造防止」◆

と、今日1日新コインを手に入れて大はしゃぎな感じでしたが、そもそもこの12角形というコイン導入のには「偽造防止」の意図があるといいます。しかし偽造コインなんてあるのでしょうか?
と思ったら。


「流通している1ポンドコインのうち30枚に1枚は偽造品」


と王立造幣局のホームページに。
30枚に1枚。それだけの確率だと私も手にしたことがありそうですね......いままでなにも考えずに使っていました。

「裏のデザインが表記載の発行年と違う」「側面のデザインが表記載の発行年が違う」「古いはずなのに新しく見える」「裏表のデザインの上下の位置が違う(ななめっている)」など、偽1ポンドを見つけるガイダンスが王立造幣局のページに載っています。
http://www.royalmint.com/discover/uk-coins/counterfeit-one-pound-coins


ついでに、従来の丸い1ポンドコインが使えるのは今年2017年の10月15日まで。それ以降は銀行での交換になるそうです。発行年によって色んな柄のある従来の1ポンドコインが流通から姿を消してしまうのは、ちょっと寂しい気もします。


◆旧5ポンド札は今月5日まで!◆

それから、ここで5ポンド札。
5ポンドの新札は去年2016年9月13日から市場に導入され、こちらもその斬新さで注目されたものでした。
ポリマー使用の紙幣。「水に濡らしても大丈夫」「寿命が少なくとも紙の2.5倍」「寿命が長いぶん印刷量が少なくて済み環境に優しい」とのこと。初めて手にしたときはわざわざ水に濡らしもしました。
http://www.thenewfiver.co.uk/ 


DSCN9410_sample.jpg


そんな新5ポンド札に取って変わられ、いまでは殆ど目にすることのなくなった5ポンドの旧札ですが、その使用は、今月の5日までとなっているそうです。......もうあと数日ですね! それ以降は銀行で交換できるようです。

以上、イギリスの1ポンド硬貨と5ポンド紙幣でした!
新しい10ポンド札の導入が今年の9月、20ポンド札が2020年までに控えていたりと、これからもまだ通貨デザインは変わっていくようです。どんな風になるのか楽しみです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替
2017年5月 2日
« 前の記事「【ヘルシンキ観光】イギリスからフィンランド旅行記4/4」へ
»次の記事「5月の第一日曜は「夜明けの鳥の囀りを聴く日」!ギルフォードの鳥紹介」 へ
おすすめ記事
    ギルフォード特派員 新着記事
    歴史的町並み・エディンバラに行ってみよう!
    飛行機の乗り換え! ヒースロー空港から、パリ空港経由で日本に帰国
    世界陸上2017のマラソンコースで歩くロンドン
    ギルフォード、ハイ・ストリートを歩こう
    【イギリス】スーパーで買うお土産お菓子②
    ギルフォード、ローカルバス旅を楽しもう!
    ギルフォードに来たらここ!小さな町を一望する、ギルフォード城
    堂々たる佇まい、ウェリントン・アーチ/イングリッシュ・ヘリテッジを巡る③

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ギルフォード特派員

      ギルフォード特派員
      吉村 星那
      イギリスに憧れて、日本の高校卒業後の2015年9月よりイギリスの大学に進学。それ以前は留学経験など一切なく、慣れない英語と格闘しながら日々の生活を送っているところです。興味のあることは観光で、大学でもHospitality & Tourismを専攻。そのためこちらのブログでは、イギリスでの観光情報や日々の生活を中心に、新しい発見や気づきも含めてお伝えしていきたいなと思っています!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集