海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ハンブルク特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

ドイツ/ハンブルク特派員ブログ 中村 ふみな

ドイツ・ハンブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

ハンブルグは気温はプラスとゼロの間を行き来する寒い日が続いていますが、本日の日没は17時30分と、夕方でも少しずつ明るくなってきました。あともう少しで春ですね。

この時期になると、冬の食べ収めとして我が家の食卓に登場するのがGrünkohl (グリューンコール)です。

”“

(市場で買ってきた新鮮なGrünkohl グリューンコール。)

Grünkohl グリューンコールは、最初の霜が降りてから収穫され、冬の間(10月または11月から3月頃まで)、北ドイツで主に旬メニューとして食べられます。

Grünkohl グリューンコールには、ビタミンA、ビタミンC、ミネラル(鉄やカリウム等)が豊富に含まれており、美味しく栄養が採れる冬のお薦めの一品です。

レシピや野菜の名前も街によって異なるそうで、ハンブルグではGrünkohl(グリューンコール)ですが、 ブレーメンやヒルデスハイムでは、Braunkohl(ブラウンコール)と呼ばれるそうです。

料理方法も異なりますので、色々なGrünkohl(グリューンコール)を試してみるのも良いですね。
”“

ハンブルグでは、Grünkohl(グリューンコール)と一緒に提供されるものとして、BratwurstやKohlwurstというソーセージか、Kasselerという軽く塩漬けした豚の燻製が、Bratkartoffelnというジャガイモの炒め物と一緒に提供されるそうです。

”“

このように、ジャガイモも一緒に調理されたタイプもあります。

全部ごっちゃまぜに調理されて見た目は悪いですが、、、美味しいですよ。

お皿にいっぱいの緑に、あっさりとした味と思われる方も多いかと思いますが、調理に油が使われているので、食べ過ぎると胃がもたれます。少しさっぱり感を出したい方は、マスターっとで調整をしてみてください。

上記内容は、以下HPを元に作成しています。

http://www.ndr.de/ratgeber/kochen/warenkunde/Gruenkohl-Tipps-fuer-Einkauf-und-Zubereitung,gruenkohl548.html

https://de.wikipedia.org/wiki/Gr%C3%BCnkohl


2017年2月13日

先月2017年1月11日にオープンをしたエルプ・フィルハーモニー。完成まで10年もかかったり、ハンブルグの新しいランドマークにと期待されたりで、予定されているコンサートは完売しています。

でも、せっかくハンブルグにいるのですから、外から眺めるだけではもったいない。コンサート以外にも入館できる方法がありますよ。

入館方法① ガイド付き館内案内
エルプ・フィルハーモニー建物のガイド付きツアー。ただ、これもチケットが5月まで完売してしまっています。。6月以降のツアーはこれからHPでアップされていきますので、夏以降にハンブルグへお越しの方は是非予約を試してみてください。

言語:ドイツ語、英語
料金:13€
所要時間:1時間
予約:以下HPより。12週間先のツアーの予約が可能。
(本日の時点で6月10日までの予約がアップされています。)

https://www.elbphilharmonie.de/en/tours

*8歳以下のお子様にはお薦めしないそうです。またバリアフリーのツアーではありません。

入館方法② Der Plazaのみの入館

コンサートも、ガイド付きツアーも予約が出来なかった場合でも、まだ入館する手はありますよ。Der Plaza(デア プラザ)と称されたエリアには無料で入場ができるんです(9時から24時まで)。混雑すると制限されますので、絶対入館したいという方は、有料(2ユーロ)で予約をお薦めします。

予約は以下ページからできます。
https://shop.elbphilharmonie.de/en/plaza-ticket/

今回は、天気の悪い冬の平日という事もあり、予約なしで行ってきました。その時の様子を写真でご案内しますね。

””

建物の付近へいくと、人の流れが出来ていますので、それに沿って歩くと、

””

入場ゲートがありました。写真左のチケットカウンターに並んでチケットを入手しようとしたら、私の前の方が「コンサートチケットもないけど入館したいの」と説明をしていたので、自分の番が来た時「私も」だけで通じてしまいました。””

こんなチケットを渡されました。言葉に自信がない方は、受付で「Plaza Ticket Bitte(プラザ チケット ビテ)」と言えば分かってもらえると思います。

””

入館して最初に目にするのは長さ82mある、不思議な曲線のエスカレーター。