海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > 春のごちそう、白アスパラガス

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年5月27日

春のごちそう、白アスパラガス


メール プリント もっと見る

春のごちそう、白アスパラガス

はじめまして。北ドイツのハノーファーに住む、田口理穂と申します。
どうぞ、末永くお見知りおきを・・・・。


ロンドンより緯度の高いハノーファーは、夏至が近づくにつれ一段と日が長くなり、
とても気持ちのいい季節です。そしてこの時期欠かせないのが、白アスパラガス。
ドイツ人のこだわりをご紹介します。


DSC_7950.JPG

朝市で山積となっているアスパラガス

アスパラガスというと、ドイツでは白を指します。太くてぽってりとし、真っ白なのが一番人気。
切り口を押し、水分が出てくれば新鮮な証拠です。ドイツ人は白アスパラガスが大好き。
この時期しか食べられないとあって、こぞって買い求めます。
最近は緑のアスパラガスもちらほら見かけるようになりましたが、
まだまだ影が薄く、白にはまったくかないません。


白アスパラガスは、土壌をビニールで覆い、光にさらさないよう育てます。
日に当たると赤紫に変色し、味は変わらないけれど、値段が落ちます。
地中で育つため、収穫には腰をかがめて一本一本丁寧に掘り起こさなければなりません。
手間がかかる重労働なので、外国からの出稼ぎ労働者がかり出されるほどです。


食べ方はいたって簡単。皮が厚いのでしっかりむき、塩と多めの砂糖を入れてゆでます。
ジャガイモを添え、オランダ風ソースか溶かしバターをかけていただくのが定番。
肉やハム、または魚をつけることもありますが、あくまでメインは白アスパラガス。
しゃきしゃき、かつとろけそうな感触を楽しむのが、ごちそうです。
ピュレ状にしてスープにしたり、冷やしてサラダにすることもあります。
繊維質が多く味が淡白なので、さっぱりしています。


DSC_7913.JPG

ジャガイモとサーモンを添えて


デパートでは白アスパラガス専用のゆで鍋やザルが売られています。
普通の大きな鍋で十分では素人は思いますが、通にはアスパラがすっぽりおさまる縦長の鍋がいいらしい。
根元の固いところから時間差でゆでることができ、折れる心配もありません。
専用ザルは縦長で、網目が荒いためすばやく水切りできる。
ゆであがってから水分でふやけてしまわないよう底部が二重構造になっている大皿や、
アスパラガスの量が一目でわかるガラス製容器、専用ソースパンも用意されています。
アスパラガスをモチーフにした紙ナプキンやテーブルクロスもあり、にぎやかです。


土曜日に朝市で知り合いのドイツ人に会ったら、夫婦二人で週末用にと5キロ購入していました。
うーん、二人で5キロか。飽きないのだろうか。私は一食500gで十分です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2011年5月27日
»次の記事「生野菜が食べられない!」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集