海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > ドイツの児童文学

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年9月25日

ドイツの児童文学


メール プリント もっと見る

ドイツの児童文学

今、日本語でドイツの児童文学について書いた本を読んでいます。
やはり日本語はわかりやすい。ドイツに住んでいてもどんな本がよいのか知っているようで知らないもので、新しい発見がたくさんありました。そこで何冊か、図書館で借りてきました。


これは「少年の魔法の角笛」(写真左)と「もじゃもじゃペーター」(写真右)の表紙

DSC_1986a.jpg


ブレンターノとアルニムによる「少年の魔法の角笛(Der Kinder Wunderhorn)」は、口承で伝えられてきた民謡を集めたもので、詩のような短い物語が韻を踏んでいます。1806年に発刊されました。「せむしの小人」の話は愉快です。せむしの小人がいつのまにかいて、食べようと思ったジャムをすでに半分なめていたり、たきぎを取りに行こうとしたらすでに半分盗んでいました。

DSC_1995a.jpg


ホフマンの「もじゃもじゃペーター(Der Struwwelpeter)」は辛辣な絵と内容で知られています。19世紀の中ごろ、精神科のお医者さんが3才になる息子のために本を贈ろうとしましたが、よいのがなかったので自分で描きました。火遊びした女の子が焼け死んだり、指しゃぶりをしたために親指を切り落とされる男の子が出てきます。内容が残酷だと論争を呼びましたが、今は古典的な一冊として認められています。

DSC_1991a.jpg


その20年後に、ヴィルヘルム・ブッシュの「マックスのモリッツ」が出版されました。ふたりの男の子が大人に対して痛快ないたずらをするもので、ハノーファーにはその作者の作品を集めたヴィルヘルム・ブッシュ・ミュージアムがあります。


少し年が上になってくると、ジェイムス・クリュスの「ひいおじいさんとぼく(Mein Urgrossvater und ich )」(写真左)、パウル・マールの「一週間が土曜の日ばかり(Eine Woche voller Samstage)」(写真右)が楽しそうです。

DSC_2001a.jpg


「ひいおじいさんとぼく」は84歳のひいおじいさんと10歳の男の子の話。妹たちがはしかにかかったので「ぼく」は、ひいおじいさんのうちに預けられます。2人が1週間の間に語った話が、約270ページの本書にまとめられています。遊び心があり、哲学的でもある。まだ読み始めたばかりですが、船旅に出るなら宝物として持っていきたくなるような本です。


「一週間が土曜の日ばかり」はドイツで映画にもなっています。本の表紙を見てはじめて気づきました。豚の鼻を持った子どものような生き物が主役のはちゃめちゃな話です。
この本を公園でぱらぱらめくっていたら、小学校3年生の男の子が話しかけてきました。担任の先生が毎日少しずつ本を読んでくれるのだけれど、今ちょうどこの本を読んでいるとか。すごく面白くて、毎日みんな楽しみにしているそうです。


個人的には、エーリッヒ・ケストナーの「ふたりのロッテ(Das doppelte Lottchen)」が大好き。小さいころに両親の離婚により引き離された双子の姉妹、ルイーゼとロッテが夏に子どもキャンプで初めて互いの存在を知り、入れ替わってそれぞれ親のもとに行きます。このお話、日本でも読んでいましたが、こっちにきて初めてドイツ語で読んだときは本当にうれしかった。特にお母さんが娘がロッテではなく、小さいころに別れたきりのルイーザと気づいたときの場面は感動的。昨年は劇も見に行きました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2011年9月25日
« 前の記事「緑の党躍進。ニーダーザクセン州で地方選挙」へ
»次の記事「学校生物センターで「環境フォーラム」」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集