海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > 学校生物センターで「環境フォーラム」

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年9月26日

学校生物センターで「環境フォーラム」


メール プリント もっと見る

学校生物センターで「環境フォーラム」

先日、ドイツ最大の環境教育施設・ハノーファー市学校生物センターで、年に一度のお祭り「環境フォーラム」がありました。親子で楽しめるイベントで、自然保護団体や環境NGO、学校など約50のグループがスタンドを構え、全国から大勢の人が訪れました。


触りながらネズミについて授業を受けたり、土壌の虫を顕微鏡で観察したり、ここのハチが集めた蜂蜜パンを味わうなど、盛りだくさんのプログラム。森での遊び方や自然エネルギーの解説もあり、ソーラークッカーで焼いた目玉焼きは格別な味がしました。生クリームを試験管に入れてよく振ってバターを作ったり、石釜でパンを焼くのも人気でした。羊毛からフェルトの人形を作るのは根気がいりますが、みな集中して取り組んでいました。

DSC_1628a.jpg DSC_1636a.jpg


同センターは1883年、ハノーファー市により設立されたドイツで一番古い環境教育施設です。日ごろは周辺市町村の小・中・高80校の生徒がクラス単位でやってきて、約7ヘクタールの敷地内で授業を受けます。森をはじめ家庭菜園、温室、薬草ガーデン、池、飼育小屋があり、五感を使っての体験授業を重視。センター内の植物はすべて触ることができ、ハムスターやウサギなど動物も手にとることができます。教材として学校へ動植物の貸し出しも行っています。
教師用には、動植物各種について300種類の冊子があり、教材としてどのように授業で使えるか詳細に記されています。

DSC_1694a.jpg DSC_1670a.jpg


このほか週末に大人や子どもを対象に講座を開催し、リスになって森を歩いたり、木の実や枝で人形を作るなど、さまざまな角度から自然や環境にアプローチ。ボランティアも多く関わっており、市民生活に溶け込んだ施設として親しまれています。


参考:学校生物センター(Schulbiologiezentrum Hannover)
http://www.schulbiologiezentrum.info/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2011年9月26日
« 前の記事「ドイツの児童文学」へ
»次の記事「ドイツ発 「原子力に反対する100個の十分な理由」」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集