海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > ちょうちん行列

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年11月 9日

ちょうちん行列


メール プリント もっと見る

ちょうちん行列

10月30日にサマータイムが終わり、冬至に向かってどんどん日が短くなり始める今日このごろ。
11月に入ると、暗くなってからあちこちで子どもたちのちょうちん行列が見られます。
11月11日に亡くなったといわれる聖マーティンにちなんだものです。


DSC_2950b.jpg


ローマ帝国で兵士をしていたマーティンは、後に修道士となりました。貧しい人に、自分の持っているものを分け与えました。
自分のマントを半分切って、乞食にあげた逸話は有名です。


昔は11月11日より、クリスマスまで40日間断食をしました。今は春の復活祭前の40日の断食がかろうじて残っている程度で、クリスマス前の断食の習慣はほとんど残っていません。断食前の最後の晩餐にお祭り騒ぎをするのが、ケルンなどのカーニバルにつながっています。


中世のころは11月11日が年の変わり目でした。農作業は一段落し、新しい1年が始まるとされ、仕事や賃貸契約、借金などの期限とされました。今でも土地の賃貸はこの日を境に行う風習が残っている地域があります。


私も今年、幼稚園や消防署主催のものなど、すでに3度ちょうちん行列に参加しました。暗がりの中を、子どもたちはお手製のちょうちんを下げて歌いながら歩きます。管楽器と太鼓の音が響き、色とりどりの灯りがゆらゆらゆれて、なんともロマンチック。当時のマーティンを再現して、マントを羽織った人が馬に乗って付き添うこともあります。


DSC_3081b.jpg
教会の中は、ちょうちんの中のようでもある

5日に行われたハノーファー市街地での行列には3000人が参加し、マルクト教会でミサもとりおこなわれました。
外では火がたかれ、ぱちぱち火花が空へ散ります。
農作業を終え、厳しい冬を前にした昔の人々は、こうして1年を振り返っていたんだろうなあ、と思いました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2011年11月 9日
« 前の記事「2011年11月11日に結婚したら幸せになれない?」へ
»次の記事「ドイツの休日 シュトルベルク」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集