海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > クリスマスは24日から26日まで

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年12月27日

クリスマスは24日から26日まで


メール プリント もっと見る

クリスマスは24日から26日まで

ドイツでは、クリスマスは24日の午後から始まり、26日まで続きます。クリスマスイブにあたる24日午後から街は店を閉め、路面電車やバスの本数ががくっと減ります。クリスマス本番の25日、26日は街中が静まりかえり、レストランもほとんどが閉じています。クリスマスは、日本でいうお正月のようなもので、家族と過ごす大切な時間。ハノーファー市内のクリスマスマーケットも大半は、22日で最終日を迎えました。売り子の人たちも家族と過ごすためです。


DSC_4153a.jpg  DSC_4048a.jpg


24日の夕方、近くの教会で「キリスト降誕劇(Krippenspiel)」を見ました。イエス・キリストの生まれたときの様子を描いたもので、マリアや羊飼い、天使が出てきます。子どもたちによる劇で、教会は小さい子どもからお年寄りまでいて満席。歌を歌ったり、短いお祈りもあり、クリスマス気分を満喫しました。


IMG_0417a.jpg


25日、26日は家族や親戚を訪ねたり、親しいお友達を招待したり、ゆったりと過ごします。クリスマス前に焼いておいた何種類ものクッキーでおもてなし。夕食には七面鳥やチキンを食べたり、ステーキを焼いたり、家庭によっていろいろ。私は25日、友達のうちで牛肉薄切り巻き(Rindroulade)を作りました。肉の中にピクルスやセロリ、ニンジンを入れて巻き、赤ワインで煮込みます。マスタードが隠し味。ジャガイモと小麦粉の団子と、赤キャベツを添えるのが定番です。初めて作りましたが思ったより簡単で、腹持ちもよく美味でした。


DSC_4141a.jpgIMG_0459a.jpg


日本だと24日のイブがメインで、クリスマスはすぐに終わってしまうけれど、ドイツでは25、26日も祝日なのでゆっくり味わえます。いつもはにぎわう街中もしーんとしていて、不思議な感じ。24日の夜は近所の教会で10時からミサがあり、鐘の音が力強く鳴っていました。私はすでに布団に入っていたのですが、この鐘を聞いて人々は教会に集まり、クリスマスを祝うのだなあと思うと、少し神聖な気持ちになりました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2011年12月27日
« 前の記事「100才のピアノ」へ
»次の記事「ゲットーに送られたユダヤ人」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集