海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > さようなら、クリスマスツリー

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年1月10日

さようなら、クリスマスツリー


メール プリント もっと見る

さようなら、クリスマスツリー

クリスマスが終わり、年も明け、いよいよクリスマスツリーの出番も終わりです。


プロテスタントの多い北ドイツでは、クリスマスイブに飾り付けをし、1月6日にツリーを片付けるのが一般的です。1月6日は東方の3人の賢者が生まれたばかりのイエス・キリストを訪問したとされています。


ドイツではツリーはプラスチックよりも本物が好まれ、毎年クリスマス前には、ホームセンターや公園の横などでツリーの販売場所が設けられています。ツリーを用意する時期はさまざまで、4週間前に買う人もいれば、イブの数日前に買いに走る人もいます。高さによって値段が違いますが、うちでは高さ1メートル50センチほどのを20ユーロで買いました。別途、ツリー立てが必要です。そう、一ヶ月もの間、ツリーは水なしで部屋に置かれておくのです。よく考えるとかわいそう。今回のクリスマス、ハノーファー(人口52万人)では、17万本のツリーが家庭の居間を飾ったといいます。


今月9日から20日までごみ収集社がツリーを無料で回収してくれるので、それぞれ近所のツリー置き場に捨てに行きます。飾りはすべて取り、2メートル以下の長さにしておくこと、など決まりがあります。これまで部屋の真ん中でみんなを楽しませてくれたツリーが、ごみとして無残に集められているのは、なんだか悲しい。ツリーは動物園で再利用されたり、春の復活祭の火祭りで燃やしたりするそうです。


DSC_4483a.jpg


本物のツリーをうちで飾ったのは今年が、初めてでした。立てたばかりのころは、みずみずしい木の香りに生き返る思いがしました。部屋の中に木があるというのは、なんと素敵なことだろう、と。そのツリーも今ではずいぶんしょんぼりして、枝が少し垂れてきました。そろそろ飾りをとって、お別れする時期です。


ツリーが2メートルに育つには8年から12年かかるといいます。だからプラスチックのツリーを買って、毎年使う方がエコだとも。しかし本物の木の魅力を知ってしまうと、プラスチックはなんとも味気ない気がします。この次はどうしようか・・・、今から思案しています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2012年1月10日
« 前の記事「ゲットーに送られたユダヤ人」へ
»次の記事「寒い冬はしょうがで」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集