海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > メッセ期間中でも、スト決行

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年3月 9日

メッセ期間中でも、スト決行


メール プリント もっと見る

メッセ期間中でも、スト決行

8日の木曜日、ハノーファーでストがありました。教育や医療、芸術、メディア、電話、交通、廃棄物関連の職業につく社員や公務員、フリーランスが所属しているヴェルディとう労働組合が計画したもの。賃上げを目指して、5000人が街へデモに繰り出し、多くの人が仕事を拒否しました。そのため役所や図書館、プール、幼稚園をはじめ、近距離交通会社のウーストラがバスや路面電車の運行を停止しました。6日の火曜日から10日土曜日までコンピュータメッセ・セビットをやっているのに、木曜日は丸一日路面電車が停止とは。職場へ向かう40万人、メッセへ向かう4万人の足がないといわれ、どうなることかと思っていました。


DSC_3724a.jpg


セビットには世界各国から出展者、訪問者が訪れ、街は混雑します。そんなときにストで交通手段がなくなれば、街の印象が悪くなる。ウーストラ社はストをやめさせようと労働裁判所に判断をあおぎましたが、労働者はストをする権利があるとの判断でした。


Sバーンという近距離用列車は通常どおりメッセまで運行し、シャトルバスもハノーファー駅裏のバスターミナルからメッセを往復します。しかしそれでもまだまだ足りません。そこでメッセは市や銀行などと協力して「赤い点」キャンペーンを展開しました。大きく赤い丸が描かれたA4の紙を10万枚印刷。地元紙ハノーファーアルゲマイネでも赤い丸にの真ん中に「セビット」と書かれた厚紙を新聞にはさみました。メッセに行きたい人はこのように赤い大きな丸が書かれた紙を持って路上に立ち、メッセに向かう車に相乗りさせてもらおうというものです。


さてスト当日、路面電車や地下鉄の乗り場は閑散としていますが、地上ではあちこちで渋滞しています。普段何度も見かけるバスや路面電車がいっさい走っていないというのはなんだか変な感じでした。翌日の新聞には、特に大きな混乱もなく一日は過ぎた、と載っていました。メッセでも他の日よりも訪問者は少なかったけれど、1万人が「赤い点」により会場に到着したといいます。見知らぬ人、しかも海外の人を車に乗せるのは勇気がいるもの。市民の協力により混乱なく一日が過ぎたことを、みな誇りに思っています。


ちなみにハノーファーでは1969年、すでに「赤い点」運動がありました。ウーストラ社の料金値上げに反対したもので、激しいデモが起こり、警察も多数動員されました。当時相乗りOKの人は、手のひら大の赤い丸を車の窓に貼り付け、路面電車を拒否する人たちを乗せました。今回のセビットとは状況が違いますが、ハノーファーでは「赤い点」というと相乗り意味するらしい。面白いなあと思いました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2012年3月 9日
« 前の記事「ヴルフ大統領辞任について」へ
»次の記事「サッカーファン」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集