海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > 復活祭はディスコ禁止

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年4月 8日

復活祭はディスコ禁止


メール プリント もっと見る

復活祭はディスコ禁止

ドイツでは復活祭は、クリスマスと同じくらい大切なキリスト教の行事です。今年は4月6日の金聖金曜日から月曜日の4月9日の月曜日まで4連休。4月5日は聖木曜日と呼ばれ、イエス・キリストが弟子たちと最後の晩餐を食べた日になります。6日の聖金曜日に十字架に磔にされました。ですから聖金曜日は、キリストを想って静かに過ごす日となっています。


DSC_6371a.jpg


ハノーファーの位置するニーダーザクセン州では、聖木曜日の朝5時から24時まで、土曜日の0時から24時までダンスの催し、すなわちディスコを法律で禁止しています。さらに聖金曜日は厳しく「酒類や食べ物を提供すること以上のこと」は一切禁止となっています。厳密にはダンスだけでなく、スポーツの催しもだめということ。ただし芸術や学術、大衆教育に属するものは許されています。オペラハウスではちょうど、バレエやダンス、オペラが上演されていますが、これは法に触れません。


市内には60ほどのディスコや躍れるバーがありますが、対応はさまざま。踊るスペースにテーブルを並べて歓談できるようにしたり、「ゲームの日」と称してみんなでボードゲームする店も。中には閉めてしまったディスコもあります。警察もきちんと守られているかどうか目を光らせており、住民が「信仰を邪魔された」と感じたら警察に届けることもできます。


州の法律により、復活祭の祝日をどのくらい静かに過ごすか決められているので、州によって対応が違います。カトリック教の強い南ドイツのバイエルン州やバーデンビュッテンブルグ州では聖金曜日、レストランや飲み屋での音楽の催しは一切禁じられているとか。ベルリンではディスコは朝4時から夜9時までは禁止ですが、木曜日や土曜日は許されています。「時代にそぐわない」との声もありますが、ある神父によると「復活祭は静かに自分を振り返る時間」ということですから、これでいいのかもしれません。


磔にされた後、キリストは墓に埋葬されます。しかし日曜日に墓の中から姿を消し、月曜日に復活します。ヒナが卵から生まれるのがイエス復活の象徴となっており、復活祭にはウサギ、ニワトリ、卵のモチーフにした置物やお菓子をよく見かけます。ドイツではリュックサックをしょったウサギがやってきて卵を隠すといわれており、子どもたちは月曜日に庭で卵を探します。殻に色をつけたゆで卵や、卵型のチョコレートが主流です。



ちなみに、聖金曜日にベトナム料理屋で春巻きと麺を食べていたら、隣のテーブルのドイツ人のおばさんに「それ、肉が入っているのでは?」といわれました。「私は魚にしたのよ」とも。そう、ドイツでは通常でも金曜日は肉でなく魚を食べることになっています。それなのに、聖金曜日に肉を食べるなんて。うっかりしていましたが、まあキリスト教徒じゃないし、と思って最後まで食べました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2012年4月 8日
« 前の記事「南京錠は愛の印」へ
»次の記事「演劇する若者」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集