海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > 演劇する若者

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年4月15日

演劇する若者


メール プリント もっと見る

演劇する若者

昨日、オペラハウスの上の小さな劇場でミュージカル「ただ笑え! Lacht Nur!」を見ました。16歳から24歳の男女15人からなる「若者クラブXL」によるもので、全寮制学校での恋愛や裏切りを描いたもの。もともとイタリアの劇作家ルッジェーロ・レオンカヴァッロが1901年に書いたソープオペラ「バヤッソ」大きくアレンジしたものです。


舞台をぐるりと三方取り囲むようにした客席からは、俳優たちの表情がよく見えます。監督のマーティン・ベルガーによると、応募してきた全員を審査なしで採用したとのこと。だからまったく演劇の初心者の子がおり、歌の上手な子、踊りが下手な子などさまざまです。けれどそれでいいのです。昨年9月から毎週練習を重ね、今回の上演にこぎつけました。「若者はいろんな可能性を持っている。練習をしているうちに、それが思わぬ方向に発展していった」と、自らも若い監督は楽しそうにいいます。


7213a.jpg


ピアノとドラムの生演奏の中で進む、人間模様。ある状況を、それぞれの視点で語っており、登場人物によって捉え方が違うことがわかります。実際に見て印象的だったのは、俳優たちの熱意。熟練したプロとは違う熱気があり、迫力がありました。けれど同時に少しばかり、はにかみもある。彼らはこの劇を通していろいろなものを得たのでしょう。そして、未来はまだまだ大きく広がっている。ベルガーはハノーファーオペラハウスのアシスタント監督でもあるので、若い俳優たちは演劇のプロからみっちり指導を受けることができたのです。


ハノーファーには、「若者クラブXM」と「若者クラブXS」もあり、XSは8歳から12歳の子どもが出演しています。XMは、LとSの中間で10代の若者たち。XSの指導者はミハエラといい、12年前にルーマニアからドイツにきました。偶然劇場で会ったのですが、彼女とはハノーファー大学に在籍中、社会学のゼミで何度か一緒なったことがありました。現在は演劇指導や演出をしながら、演劇教育について博士論文を書いているとか。7,8年ぶりの再会でしたが、彼女の活躍ぶりに大いに励まされました。


DSC_7215a.jpg


「ただ笑え!」は4月14日と15日の二日のみ。チケットは6ユーロ50セント(650円)。
ハノーファーのオペラ、演劇のプログラムは下記のとおり (ドイツ語)
http://www.staatstheater-hannover.de/oper/index.php?f=01_spielplan&aktuellermonat=1

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2012年4月15日
« 前の記事「復活祭はディスコ禁止」へ
»次の記事「フェミニストという生き方」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!

    ドイツ ツアー最安値


    2017/12/16更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集